脱 杓子定規^^

先日の「建仁寺」の続きです。
建仁寺を後にして向かったのは、芦屋にある社寺現場・・・大きな料亭旅館のような屋根が改修中でした。
b0168041_18501878.jpg
b0168041_18503218.jpg
主屋根は三州産のいぶし瓦・・・面白いのは一文字軒瓦が面取りに仕上げられています。
b0168041_18581292.jpg
ヘラで仕上げられた跡が見てとれて、なんだか工業製品であっても人間臭さにココロがゆるみます。

打ち合わせに訪れたのはこちらの門・・・。
b0168041_1972476.jpg
家紋を正式なものにすべて統一したいとのことで、軒巴、隅巴、掛巴、拝み巴、甍巴のすべてを新調します。
b0168041_19104749.jpg
紋の角度のご指定です。また準備出来ればお届けしたいと思います。

瓦屋根って、杓子定規なところがなくて面白いでしょ。
それを杓子定規にしか捉えられない、あるいは提案、採用できなくしてしまったら魅力が半減です。
瓦の魅力を楽しめる人が増えればイイな~(*^_^*)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-12 19:18 | 瓦人
<< はじめの一歩・・・^^ 土の魅力≒瓦の魅力 >>