猛烈充実の土曜日でした~^^

まずは火入れ式・・・瓦哲さんのご案内のもと、はるばる香川県の西端からお越しのご夫婦です。
b0168041_1002923.jpg
厳粛ななかにも和やかな雰囲気でした^^
b0168041_101273.jpg
瓦のパウダーを墨で溶き、このたびの家造りに込める想いを書にしていただきます。
立派な家には、素晴らしい瓦がよく似合う」・・・改めて身が引き締まります。
一生の買い物・・・かける想い、込める想いには相当なものがあるはずです。
この本気のやりとりが、物語のあるいい建築へと続きます。
b0168041_105437.jpg
粘土状の瓦にも、記念に名入れしていただき、無事火入れとなりました。
ホントにほのぼのとした人間味の滲み出るお人柄に、こちらまでココロ落ち着きました。
やはり人生を達観された人のオーラには、まだまだ学ぶべきことが多く・・・、素晴らしいご縁を導いてくれたすべての人に感謝です。

あとは、その込める想いと共に瓦を焼かせていただき、現場までお届けしたいと思います。
やっぱイイね、火入れ式☆ ありがとうございました~(*^_^*)

そんな土曜日・・・夕方からは夢舞台まで走り、芝生広場に3m四方の瓦パティオの設営に^^
久住親方もまたまた面白い土壁を作っていましたよ。
暗闇になっても投光器のもと左官仕事を頑張り、なんとか23時には戻りました(~o~)
その模様はまた後日ということで・・・。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-25 10:54 | 瓦人
<< 瓦の存在感・存在価値・存在意義 今こそ、価値を売る時・・・ >>