棕櫚縄?

b0168041_226386.jpg
今朝6時半からの仕事は、昨日預かってきた古鬼の漆喰と土落としです(^^ゞ
瓦自体の程度も良好・・・80年前のものとしては、しっかりと作られてます。
b0168041_2274095.jpg
鬼を繋いでいたのは・・・姿を現したのは棕櫚(シュロ)縄?まったくもって、しっかりとした状態でした。
自然の力と先人の知恵は素晴らしいですね。
また新しくいぶし銀を纏って神社の屋根を守ってくれる土の力・・・いい響きです^^

さてさて、ただいま22時を過ぎましたが・・・ギャラリー土坐で人気の‘島音坐’を仕込み中です。
島音坐shimaotoza- 空・海・雲・光・風・大地・・・島に響く宝物のような音をカタチにしました。
b0168041_22131455.jpg
結局、すぐに完売してしまう人気者です。
終日の工場仕事を終えたカラダには堪えますが、この時間が物事に没頭できる限られた時間だったりします。
出来る時に、出来るだけのストックを・・・頑張ります(*^_^*)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-10-12 22:21 | 瓦人 | Comments(2)
Commented by kuni709 at 2011-10-14 07:59 x
お早うございます。オーーー長年、ヤネ屋をしていますが鬼瓦をシュロで緊結したのは、余り見た事が有りません~~~。何処の地域ですか海沿いで銅線が塩害で遣られているのは見た事が有りますが、凄い知恵ですね・・・。私も仕事の途中に来年の龍のペーパーウェイトを一生懸命制作中です。クタクタですが貴方と一緒で没頭して遣ってます。
Commented by 瓦人 at 2011-10-14 12:11 x
kuni709さん
お疲れ様です~。
そうですよね、珍しいですよね。現場は香川県の丸亀市です。
最初からこうなのか、途中で結えなおしたのかは分かりませんが、
なんだか自然の力を感じました。
やっぱイイですよね、長く続いているモノとコトは^^
<< 右肩上がりということで(^^ゞ ホッとするひと時でした^^ >>