火入れ式のその後・・・

讃岐の風景に違和感なくとけ込む建築の姿がありました・・・。
b0168041_18584882.jpg
先日、火入れ式をさせていただいた物件にお邪魔しました^^
讃岐らしい反りの効いた一つ屋根は、桟瓦で4,000枚近くも葺かれる大きなものです。
b0168041_1904073.jpg
もちろん竹小舞に土壁が塗られます。
風土・気候に最も適した素材が、景観も含めすべての価値を続かしめる根拠となります。
晴れやかに輝くかわら美人の肌は、晴れた日には空の青を映し、曇りの日には白く塗られ、夕陽はそれを黄金色に染め、雨の日にはしっとりと音もなく水を受け流す・・・。
やはり和瓦の生み出す風情は最高ですね^^
鬼瓦が立てられ、棟が積まれれば建築の輪郭がしっかりとしてきます・・・完成が楽しみですね。

昨日の夕景はまるで冬の様相・・・ただ、紅く染まる空がせめて色づく秋を例えていました。
b0168041_19115075.jpg
b0168041_19113569.jpg
こんなソライロの時は、風景にある瓦屋根を見上げてみてください・・・ほんのり薄紅色に染まるいぶし瓦の姿があるはずです^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-10-17 19:14 | 瓦人
<< 素材としての瓦・・・好評だそう... Reuse ⇒ 循環型社会 >>