家創りを相愉しむ・・・

b0168041_17511450.jpg
土佐の家・・・エイジングを演出して焼いた瓦屋根の建築が完成しました。
b0168041_17523956.jpg
冬空に、光沢の落ち着いた古色瓦がとけ込みます。
b0168041_1833560.jpg
b0168041_1835262.jpg
b0168041_184476.jpg
b0168041_1855853.jpg
手作りの鬼瓦たち(一部黒いぶし仕上げ)も堂々と暮らしを守ります。
すべて施主さまとの打合せ段階からオーダーメイド・・・家創りを相愉しみました。
b0168041_1881869.jpg
b0168041_1883039.jpg
玄関前には面白い仕掛けがいっぱい^^ 小鬼ちゃんもウェルカムな姿勢で訪れる人を愉しませます。
b0168041_188429.jpg
その前に、土佐らしく壁の水切り瓦が施工されています。左官仕上げの白漆喰も見事なものです。
b0168041_18113044.jpg
土間には窯変敷き瓦・・・
円坐もレギュラーとは違って、炎により演出された多様な表情のものを施主様がチョイスされました。
b0168041_18141230.jpg
焼き物らしい風合い・色合いの連続に、やはりあたたかさを感じました。
一階と二階のそれぞれ化粧室には、土坐でもお馴染みの瓦の手洗いが採用されています。
b0168041_18185992.jpg
b0168041_18191337.jpg
背面には、同じく窯変敷き瓦のパネルが施工されています。
すべて標準キットとして準備されていたように違和感なく仕上がっていますが、ほぼすべてが大工さんと相談しながらの家創り。
木と土のポテンシャルは素晴らしいものですね。
外構にも瓦を工夫して使用されています・・・まさしく愉しまれて^^
b0168041_1824513.jpg
b0168041_1825589.jpg
まさしく瓦というものを余すことなく愉しまれた様子がひしひしと伝わり、微笑ましかったです。
b0168041_18263280.jpg
家創りを相愉しむ・・・施主様も含め、携わるすべての人が心底愉しめる建築こそ、これからは必要だと思います。その地域性にまったく配慮しない画一的な建築を積極的に縮小し、建築におけるローカルな文化や意匠を継承し、かつ愉しみ、新たにその地域や景観に対し本質的な意味での‘個性’を主張していくことが、またその連鎖が、目に見えるカタチとしての景観の秩序を生み、目に見えない地域の繋がりをさらに生み、やがては成熟した豊かなコミュニティー創造へと繋がるように思います。
作り手として、素晴らしい家創りに参加できたことを、この場をお借りして感謝申し上げますm(__)m
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-12-16 18:48 | 瓦人 | Comments(4)
Commented by kuni709 at 2011-12-17 10:06 x
ご無沙汰です。長い道のりでしたね^^^。又、立派な作品が出来上がった事、おめでとうございます。土・木がふんだんに使用されて環境にも宜しいかと思います。こんなお家の考えて建てる又、神戸でも出来ることを私も努力します。見るだけでなく施工させていただく側に頑張ります。
Commented by 瓦人 at 2011-12-17 17:33 x
kuni709さん
そうそう、一軒一軒こうして大切に建築していきたいですよね。
提案するに、はばかることなく・・・それぞれの道のプロが遠慮したらもう終わりですよね。
イイものはイイとして・・・地道に粘り強く伝えていきましょう。
火入れ式を神戸で是非(*^_^*)
Commented by 山平 at 2011-12-20 11:10 x
こういうのっていいですよね!
やっぱり僕らも施主様と話しをして家づくりに参加出来たら幸せですよね!
Commented by 瓦人 at 2011-12-22 06:14 x
山平さん
ホント・・・理想ですよね。
瓦屋こそ、もっと提案の土俵を!!
設計士も含めオールアルチザンで、いい家創りをしないといけませんね☆
<< キレイな風景+キレイな笑顔いっ... 円坐施工例のご紹介^^ >>