波の連続=文化の継承

早朝からの三都物語・・・久しぶりに神戸→大阪→京都と400キロの強行出張でした(^^ゞ
道中では、気になる現場確認もこなしましたよ~。

まずは先日の火入れ式から、淀川区三国本町の家・・・本日から瓦葺き着工です。
b0168041_2053743.jpg
市街地のど真ん中に威風堂々と佇む古建築・・・その和瓦の波の連続を途切れさせないかようにそれは建てられていました。
b0168041_20552376.jpg
和瓦特有のデザインとしての波の連続は、家並みの連続や秩序へと繋がり、それはまた和景観の連続、継承へと繋がります。都会では忘れられた、または失われたこの‘連続’や‘秩序’・・・取り戻すことで景観はもちろん、大切な人の繋がり、地域の繋がりも取り戻せることを知るべきです。

こちらは有名なお初天神さん・・・明日で瓦葺き完工だそうです^^
b0168041_2131293.jpg
b0168041_2132142.jpg
ビル群とのコントラストが面白いですが、多様な価値観が共存共迷?する今の日本らしさを象徴していて面白い画です。

暑さ寒さも彼岸まで・・・まさしく言葉通りの気候になってきました。
明日もどこかで波の連続が描かれることを願って、高い高い秋の空でも見上げましょうか^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2012-09-20 21:10 | 瓦人 | Comments(0)
<< 竜巻のある風景・・・ 時々思い出し、時々優しくなれた... >>