瓦の町巡りツアークリエイトな一日^^

岐阜県から瓦施工組合青年部の皆さんが、ここ淡路島にある瓦の町へとお越しでした。
達磨窯 → 鬼瓦工房 → 80枚判窯元 → 弊社工場(GALLERY 土坐 -tsuchiza-)
どこにもない、ここにしかない価値満点の、充分充実コンテンツが揃っています^^
埋め立ての大きな工場地帯でもなく、小さな小さな町で人々の営みと瓦作りが共存する、
よくここで全国的な瓦産地として成立しているものだといつも感じる、我ながら面白い町です。
こんな町、全国でもそうそうあるものではありません。
魅せる仕事、人、町・・・全部合わせて文化としての瓦の価値だと思います。
皆さん、楽しんでいただけたでしょうか?
b0168041_1711298.jpg
b0168041_1712230.jpg
b0168041_1713967.jpg
b0168041_1715024.jpg
b0168041_172456.jpg
b0168041_172132.jpg
この後はお約束の「かわらや」さんでの瓦尽くしの食事タイム!!^^
そこには、もはやとても魅力的なツアーが完成していました☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-02-05 17:03 | 瓦人 | Comments(2)
Commented by お洒落な屋根 at 2013-02-05 20:19 x
私達、埼玉県の深谷地区屋根工事組合が、見学させていただいた淡路島。。
つい、この間のように、思い出されます。
皆んな、わかっているのです。。
ただ、タイムラグが生じます
だんだん、今、淡路の肌、淡路の役物の良さ。。
例えば、「井筒」等、(笑)
徐々にブームです。。これも、本物だからこそ。。です

チャンスがあれば、使ってみたい。。
こ~んな気持ち、とても大事だと思います。
単なる、営業じゃ、感動は得られませんものね♪
もう少し、お待ち下さい。。
我が組合員からも、爆発的な、注文が入るかもしれません!!(爆)
Commented by 瓦人 at 2013-02-05 22:53 x
お洒落な屋根さん
懐かしいですね!!テレビの取材も入りましたもんね^^
みんな若い世代は、何か考えていかないといけないと本気で思い出しています!そんな思いが必然的に引き寄せられ、同じような想いを共有できているのを感じます。
今日も、もっともっと魅せたいところがあったのですが、お時間の関係で次回機会があれば持ち越しです!
皆さん、淡路の特に役瓦の白地の仕上がりの綺麗さに感動されてました!こんなに丁寧な仕事は、きっと現場でも活きてくるって^^
これからは製工一体となって取り組むべき課題はいっぱいありますね!
和瓦の復権目指して、さらなる精進です!
とりあえず埼玉で・・・イブシ瓦の爆発ヒット、期待しております〜(^_−)−☆
<< hommage ・・・ 和瓦への敬意 古のデザインの復刻・・・瓦坐 >>