はんなり京都 しまだい塾 at SHIMADAI GALLAERY

b0168041_164925100.jpg
b0168041_16493564.jpg
創業400年 国の登録文化財 伝統的町家空間 嶋臺(しまだい)ギャラリー
この京都の伝統的町家空間において、京都大学地球環境学堂・学舎の支援組織「三才学林」が中心となり主催する嶋臺塾・・・今月22日(金)に開催されるその第26回目に、演者として瓦についてお話させていただく機会をいただきました。

-嶋臺塾の趣旨-
嶋臺塾は、先端の地球環境学の成果を<京ことば>のような地域の生活のことばで練り直すことで、世界環境都市にふさわしい、あらたな力のある美意識や生活作法をさぐり、地域にひろめることをめざすものです。学堂・学舎の支援組織である三才学林が中心となり企画し、大学、環境活動グループ、市中町内から講師を出し合い、鼎談方式で、四季折々に開いてゆこうとしています。これまで、「水」「土」「緑」「景」「空」などのテーマで開催されました。

この素晴らしい取り組みに、光栄にもお声掛けいただきました^^
もう一人の演者は、元京都大学名誉教授で、立命館大学グローバルイノベーション機構 鈴木祥之教授です。
鈴木教授は、伝統構法を現代建築に活かされることにご尽力されており、「伝統構法を活かす木造耐震設計マニュアル」をまとめられ、実物大建築の振動実験等においても中心となられた方です。
それぞれの話のあと、参加者全員で瓦・土壁・景観・・・などについて自由に議論する予定です。
会場は、「嶋臺」の看板で有名な町屋です。糸屋格子と白壁の美しい京町家で、ここでは京都ゆかりの文人が三百年にわたってさまざまな縁を楽しんできました。いろんな繋がりに感謝し、またいろんな展開も期待し、瓦・・・おもいっきり‘いいところ’を伝えたいと思います。
b0168041_17183272.jpg
ご興味のある方は、ぜひお申込みいただき、せっかくなら味方となって一緒に場を盛り上げていただければ幸いです^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-03-07 17:28 | 瓦人
<< LA CASA VECCHIA... 景観形成助成金があればな~^^ >>