幾星霜・・・

今日、出張ついでに讃岐の山寺へと現場調査に・・・。
b0168041_18382742.jpg
b0168041_18383656.jpg
100年を悠に越す、幾星霜を経て草臥れた本堂の姿がありました。
朽ち落ちた箕甲、垂れさがる向拝・・・もう立っているのが限界の状態です。
b0168041_18444398.jpg
b0168041_18445748.jpg
水板(棟の飾り瓦の一種で、波と鯉の立体細工部分)を再焼成・再使用できるかどうかの調査が訪問の目的。
既存の古瓦は意味深い鎬(しのぎ)の左桟瓦・・・ストーリーがいっぱいです^^
b0168041_1848422.jpg
本堂以外の庫裡へと続く建物も含めて、すべて解体を前提としての新築工事の見積りです。
いろんなことに敬意を込めて、積算に臨みたいと思います^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-15 18:51 | 瓦人
<< 続 火入れ式・・・^^ detail of a sce... >>