徳島城址 徳島中央公園 -鷲の門-

徳島城址 徳島中央公園 鷲の門瓦修復工事の進捗です。
b0168041_16202617.jpg
b0168041_16203520.jpg
破損した刻み袖の角を、オリジナルの剣柄である唐草模様も含めて、手作り対応にて復元した白地(乾燥素地)が出来上がり、本日無事に焼成も完了しました。
b0168041_1624220.jpg
b0168041_16241080.jpg
b0168041_16241961.jpg
成型は、焼成による収縮率も計算して作られます。
いろんな技術のおかげで、文化財はじめ文化的価値ある建築を将来に向けてこうして維持することができます。
こちらの門も、これでまた徳島のシンボルとしていつまでも存続することができますね。
瓦とは、謙虚で、主張せず、憚らず、頑なに、直向きに、歴史と実績にもとづくポテンシャルをもって、価値あるものを陰で支える、欠くことのできない要素である。
そう考えると、瓦をはじめ、本物とはとても美しいものですね。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-10-01 16:37 | 瓦人 | Comments(0)
<< いにしえの美学 -淡路国 波状文様- 鬼の品格^^ >>