この島の‘音’に耳を澄ませば・・・「島音坐」

「島音坐-shimaotoza-」~あわじconscios~
b0168041_12361013.jpg
b0168041_12362068.jpg
b0168041_1236329.jpg
島音坐-流水-のご依頼です^^
島のホテルには、島の音が聞こえてくるmonokawaraがあります。
b0168041_12451658.jpg
b0168041_12452778.jpg
b0168041_12453752.jpg
b0168041_12454680.jpg
b0168041_12455596.jpg
b0168041_1246330.jpg
b0168041_124614100.jpg
b0168041_12464328.jpg
ゆったりと流れるここ淡路島の時間・・・その心地よさにいざなわれて、生まれ育った地元を歩いてみる。何気なくただ視界を横切る風景にふと耳を傾ければ、そこにある逞しくも包み込むように優しい大自然の‘音’が聞こえるはず。一見狭くて不便そうな、けれども人々の生活に密着した小道、騒音がないからこそ聞こえる稲穂を揺らす風の音、味わい深く砂利がむき出し風化したテトラポット、角が取れて丸くなった瓦たちで埋め尽くされた浜・・・そのすべてが懐かしく、また誇らしく。

聞こえますか・・・?
島音坐を手作りしながら、今日もこの島の音に耳を澄ませてみます。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2014-01-13 12:49 | 瓦人 | Comments(0)
<< careful nursing ^^ 100年後に実感してください^^ >>