-秩序-

徳島県吉野川市山川町-明王院- 新築現場
b0168041_17345371.jpg
社寺境内は日本景観の縮図・・・本堂はじめ太師堂、納骨堂、庫裡から便所にいたるまで、すべての建築の屋根が瓦で揃い、秩序ある一つの景観を完成させている場合が多いです。
秩序があるからこそ美しさを纏い、安らぎがあり、長く親しまれ、また保たれ・・・。
そのエイジングも味わい深く、時の経過とともにその地の風景に同化し、人々の暮らしにまつわる物語を共有しながら共存していきます。
b0168041_17501973.jpg
b0168041_17502985.jpg
とくに建築において無秩序な景をさらして久しい現代において、かつての江戸の町並みのように美しき秩序を取り戻す日がくることを強く願います。
よく引き合いに出す、見晴らす限りテラコッタ(素焼き)の瓦で覆われたヨーロッパの町並みのように、文化度の高さを示す一つの指標として景観を見直していきたいな~^^
b0168041_17541443.jpg
b0168041_175422100.jpg
そんな景を取り戻すための瓦師としての「コト作り」・・・明日も火入れ式です^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2014-02-21 17:58 | 瓦人 | Comments(0)
<< 瓦の「コト作り」・・・火入れ式... 続 火入れ式^^ >>