瓦の町の小学校にある風景^^

以前から先生方と相談していた、愛校作業で草刈りが大変だった大きな法面の改修プロジェクト!!
b0168041_16211080.jpg
昨年、学校まで配達していた瓦たちが、児童たちのいろんな視野と視点が発見した校区にある宝物たちが描かれたアートな作品として学校の日常を彩ります^^
b0168041_16243394.jpg
いろんな感性が、いろんな表現を・・・みんな町の魅力を存分に理解しているようです^^
b0168041_16262721.jpg
b0168041_16263517.jpg
b0168041_16264534.jpg
b0168041_16265547.jpg
b0168041_1627546.jpg
一部を紹介しましたが、全校生徒の作品は、また車を降りて歩いてみてください^^
夕景に描かれる、刻一刻と変化する海の青の絶妙なグラデーションなんか最高の感性!!
b0168041_16283439.jpg
世界遺産候補「鳴門の渦潮」も大人気です!!(≧▽≦)
b0168041_16313883.jpg
地域再生の秘訣は、単純に地域が好きかどうかってこと・・・子供たちのこの素直な表現に、この地域の未来への希望がありました^^
法面に花の咲く季節が楽しみですね☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2014-03-04 16:37 | 瓦人 | Comments(2)
Commented by お洒落な屋根 at 2014-03-05 18:15 x
とても良い取り組みですねぇ!感動いたします。
ここで・・・キャンパス一杯に描いた作品。。
瓦。。って、雨仕舞の為の、重なりって奴がある事に、
先生始め、生徒さん達も、気付いてくれちゃったかな??(笑)
あっ!私の絵が?僕の文字が?・・・・・一番重要な重なりに、隠れちゃった。。。
ここからです。。1400年の歴史の、瓦のメカニズムを講釈出来るのは・・・
この学校の先生始め、生徒さん達は、間違いなく、瓦フアンになって
くれる事でしょう。。
うまく、説明してやって下さいね♪(^-^)ニコッ

Commented by 瓦人 at 2014-03-05 20:37 x
お洒落な屋根さん
そうなんです〜!!実は最初に先生に説明したんですけどね〜!
一般の方が理解するには、一筋縄ではいかなかったようです^^;
江戸時代に発明された簡略和瓦・・・必然の切込みと絶妙の重なりが生む瓦本来の働きっぷりを理解するイイ機会ですね〜^^
雨仕舞いのメカニズム・・・知ると和瓦ファンになること間違いなし!!
これが毎年の新入生たちごとに、キャンパスの使い方が上手くなってくるんでしょうね〜!
啓蒙活動は、まずなによりも足元から・・・地元の子供達からですね(^o^)
<< 透きとおる冬の陽射しが土壁をキ... 時を越えた先人との対話^^ >>