Australia project -The Japanese House-

-ORNAMENT- eburioni & sumioni 「牡丹飾り柄振鬼瓦 & 牡丹飾り隅鬼瓦」
120年の風雪を耐え抜いた風格ある古鬼瓦の一部は、破損個所を修復後、再焼成し、再び屋根へと戻ります。
b0168041_8202815.jpg
b0168041_8204039.jpg
一期工事の上屋根では、柄振鬼一体と隅鬼二体を、既存鬼瓦をモデルに忠実に復元製作します。
b0168041_82148.jpg
b0168041_8221832.jpg
b0168041_822282.jpg
・尺五寸牡丹飾り柄振鬼
・九寸牡丹飾り隅鬼
制作:「鬼忠」-鬼板師 川崎忠之-
b0168041_8253119.jpg
日本人の技術と精神が、他国の歴史と物語の継承に貢献します。
Australia project -The Japanese House-の詳細は⇒
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2014-09-27 08:34 | 瓦人 | Comments(0)
<< 技術立国 日本! 二次元対決!!^^ >>