続:火入れ式

火入れ式「和」から続く物語創り・・・
讃岐の風景を晴れやかに・・・一面に穏やかな銀波連なるキレイな甍が出来つつあります^^
b0168041_16534140.jpg
周囲の注目を集めた矩(カネ)勾配のトンガリ屋根には、海椿瓦(葺き足100mmピッチ)が軽快に纏われていきます。
b0168041_16565825.jpg
b0168041_16571673.jpg
もちろん立つことが出来ない屋根勾配なので、一枚一枚丁寧に仕上げられていきます。
b0168041_1659334.jpg
雁足(瓦施工の縦横寸法が揃うことで生まれる一直線に通る斜線)のキレイなラインが苦労を物語ってます^^
b0168041_1733662.jpg
こちらは四方の棟にも、オリジナリティー溢れる瓦を使用する予定です。
すべては、設計者のイメージを限りなく実現するために・・・。
design重視・・・例えばそんな建築の仕事は、関わるすべての職人にシンプルに遣り甲斐をもたらします。
完成が楽しみですね^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-04-16 17:10 | 瓦人
<< 続:火入れ式 -aging- 土と炎の魔法 >>