モノを大切にするということ・・・

和歌山の社寺葺き替え工事・・・粋な紋様があしらわれた九寸唐草の再焼成です。
地域性とその土地の歴史やストーリーの込められた瓦・・・まだ使えるものは焼き直して再使用したいんです。
改めてしっかり火を入れ、強くキレイないぶし銀となって、また幾時代を越えて建物と風景を守ります。
『Reduce、Reuse、Recycle』土は絶対普遍・・・建築における究極のエコがそこにあります。
目先の予算を減らすためなどといった次元の仕事ではありません。
モノを大切にする・・・本来、日本人の精神性に適うごく自然な真理です^^
b0168041_15335918.jpg
b0168041_15354977.jpg
b0168041_15355842.jpg
b0168041_1536938.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-08 15:38 | 瓦人
<< 円坐-maruza-で描く物語・・・ 大人女子会!! >>