「大庭佐知子 写真展」淡路島"breeze of the no plan party"

一年前の夏、日陰のまったくないギャラリーまでの坂道を、自転車を押しながらのぼった。
流れる汗を感じながら、初めて訪れた樂久登窯。
庭に鎮座する大きなモチの木が、気持ち良さそうな木陰をつくって待っていてくれました。
なんとも、心地よい風が吹きぬけるこの場所で「ノープランパーティー」は催されます。
夏の終わりの一夜、大人達が大真面目に遊ぶ、島の小さなお祭り。
そこに集う、土地の恵を慈しむ人びととの出会いは、
命を賭けて海に出る、おひさまの機嫌に奔走する、私達の生活を豊かにしてくれている、大切な人達の笑顔に繋がった。
手に技をもつ大人達が、精一杯の「ありがとう」を伝えてくれる夜、楽しむ我われも、目一杯の「いただきます」を伝えたい。
小さな出来事も、時を累ねることで大切な記憶となる。

Last summer, I remember pushing my bicycle up the shadowless hill, making my way to a gallery.
Feeling my sweat falling down, it was my first visit to the Rakutogama gallery's garden.
In the garden, a huge Nepal holly tree was waiting quietly with a nice shady spot.
With a breeze of delight, an event, « No Plan Party » will be held at this place.
One late summer evening, people will gather to cherish the grace of land.
Those who will be there are the local farmers and the fisher men.
The famers’s work often depends on unpredictable climate.
The fishermen risk their lives to bring food to our table.
Their lives support our lives with richness and joy.
During this evening, experienced chefs will be cooking the harvest with their sincere gratitude.
We return our thankfulness by accepting and enjoying the meals.

I believe such small actions will become a profound memories in time.

大庭佐知子 Sachiko OBA
b0168041_7553589.jpg
【大庭佐知子 写真展】
淡路島"breeze of the no plan party"
◆場所:樂久登窯 rakutogama+gallery+cafe+book
    淡路島 五色町鳥飼浦2667-2 0799-34-1137
◆後半期間:8月22日(土)~9月28日(月)
◆時間:10:00~17:00
※定休日:火・水曜日(8月31日 close)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-08-21 08:07 | 瓦人 | Comments(0)
<< Moomin's Day!! 彡Happy Happy We... >>