火入れ式『順-なお-』

桜咲く晴れの淡路島・・・厳かに、和やかに、火入れ式でした^^
この度は初めて一般住宅ではなく介護施設建築の火入れ式。
運営される社会福祉法人から理事長はじめ職員の皆さん、そして自治会の方々と工事関係者皆で立ち会うことができました。
建築に込める想いとしてしたためられた書は「順」・・・これで「なお」と読み、入居者である高齢者から連綿と続く世代の繋がりを表現する順番・順序という意味の一文字。
想いとともに、いろいろなモノとコトが未来に継承されていくと素敵ですね。
記念瓦にも、日付とともにそれぞれの想いを刻まれ、手を合わせ無事火入れとなりました。
大いなる大地の恵み、先人の叡智、人の繋がり、地域との繋がり・・・諸々すべてに感謝するとても素晴らしい時間を、今回も立ち会う皆で共有できました。
改めて、ありがとうございました(#^.^#)
瓦葺き:株式会社ツナイ洋瓦 様
b0168041_14401051.jpg

b0168041_14401195.jpg

b0168041_14401123.jpg

b0168041_14432963.jpg
b0168041_14401101.jpg

b0168041_14401184.jpg

b0168041_14401281.jpg

b0168041_14401252.jpg

b0168041_14401288.jpg

b0168041_14401384.jpg
b0168041_14442253.jpg
b0168041_14401324.jpg


b0168041_14444927.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2016-04-05 14:37 | 瓦人
<< あやうく“さすらえずのトラック... 「そこに山(現場)があるからで... >>