瓦屋根というものの価値・・・

重要伝統的建造物群保存地区・・・奈良県橿原市今井町
江戸の風情を今に残す見事な家並みが続きます。
大きな古民家改修工事現場にお邪魔して、瓦の具合い等、職人さんに色々とご指導を仰いできました。
土壁と瓦屋根を継承することがさも当たり前のように、自然と風景にとけ込むように、工事関係者も道行く人々も誰も違和感なく受け入れ見流し、町ごと普段いつも流れる空気のような感じでその工事の模様を包み込んでいるかのように感じられたのが心地よかったです。
町を歩くと、おばあちゃん達が道端で談笑し、買い物の自転車が行き交い、家々の中から子供たちの元気な笑い声がそこかしこから聞こえ・・・まったくもって日常の暮らしの風景が描かれています。
守られ、飾られるだけの町並み保存地区ではなく、現役で営みが展開されているこの姿が理想です。
素晴らしい町ですね・・・そんな風景を、一つの瓦屋根をもって未来に繋げることができて光栄です。
b0168041_1643386.jpg
b0168041_16431537.jpg
b0168041_16432892.jpg
b0168041_16433944.jpg
b0168041_16435363.jpg
b0168041_164482.jpg
b0168041_164421100.jpg
b0168041_16443539.jpg
b0168041_16445987.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2016-06-24 16:47 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎 レッツ... サンタが瓦工場にやってきた☆ >>