さすらいのトラック野郎 屋根はやっぱり風景を創ってます^^

やっと晴れましたね~☆ 晴れないと現場が動きません・・・(~_~)
ということで久々にさすらってきた現場は、以前一部下屋根の葺き替えでお邪魔してたお宅でした!
引きのアングルで一考・・・見晴らす山々のシルエットと屋根がシンクロします△△△
自然はつねに合理的で、無理無駄のないあるべき姿へ極まろうとする。
山の姿、水の流れ、樹枝の形・・・大自然と向かい合うと、改めてそんな原点的で本質的な美に気付かせてくれる。
日本の風景に多く見られる大小様々な三角の山々が連なる美。
不揃いなれど、秩序を感じさせるこのシルエットの連続美を、家づくりからはじまる景観づくりにおいて、日本民族は古来より無意識のうちに反映させていたのかもしれません。
永く続くデザインや素材とは、シンプルにそんな根拠に基づいている気がします^^
だからカタチとして『日本の家』はシルエットが美しい・・・今の勾配のない箱のような建築や片流れの屋根は薄っぺらくて、物語もなくて、好きになれないな~。
朝からの猛暑に、そんなとてつもなく深い思考をめぐらせながら・・・いつのまにやら任務完了(笑)
あ、ここは地震の影響かどうかは分かりませんが、棟には平板のいぶし三角棟だけが施工されます(^^;
地方独特の特徴ある風景・・・カタチを変えても本質は変えず、未来に繋げていってほしいな~^^
まぁ、とにかく今日も一軒いぶし瓦の屋根が出来そうですね・・・ありがとうございました~♪
b0168041_12433278.jpg
b0168041_12434746.jpg
b0168041_1244918.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2016-07-02 12:46 | 瓦人 | Comments(0)
<< 絶対に倒れない!! monokawara ~はじめ... >>