さすらいのトラック野郎 瓦屋根ってそんな浅はかなもんじゃない<`ヘ´>

さ~!ウソのように爽やかに秋めいてきました・・・数日前までのあの息の詰まるような暑さからするとホントにウソみたい(+o+)
爽やかになったら仕事もしやすい♪ということで、門の葺き替え現場にレッツゴー~!!
ありゃりゃ~、せっかくの本葺きの門もかな~り傷んでますね~。
袖に続く下屋根も棟がイタタッ・・・(^^;
門はしっかりと葺き替え、そして下屋根は棟だけの積み替え工事・・・しっかりとスッキリと新しい棟の完成です!!
災害があるたび広まる風評被害とその心理的影響で、よく棟はもう丸の一本伏せでイイやって工事がどうしても多くなりますが・・・そればっかりが能じゃないんですよね~。
しっかりとした仕様で棟積みすれば、こうしてその土地らしい建築景観を未来に繋げることができます。
歴史ある日本瓦・・・作り手も葺き手もしっかりと価値と意義を伝えないと、美しく誇らしき文化がなくなっちゃいますよ!
イタリア アマトリーチェでの地震・・・おそらく、いやほぼ間違いなくあの美しい建築景観を復旧するはずです。
ヨーロッパの国々では、ほぼそんな価値観が浸透しているように思います。
日本では、残念ながら・・・ね(^^;
瓦屋根ってそんな浅はかなもんじゃない!!って、ココロで叫び、表情は笑顔で、今回も任務完了です('◇')ゞ
おかげさまで今日も一軒いぶし瓦の屋根が出来そうです・・・ありがとうございました~♪
b0168041_12472239.jpg
b0168041_12472219.jpg
b0168041_12472201.jpg
b0168041_12472261.jpg




[PR]
by miraikoubou-gajin | 2016-08-31 12:48 | 瓦人
<< さすらいのトラック野郎 素朴で... 第4回俺たち屋根屋やねん! i... >>