さすらいのトラック野郎 いぶしの町並み取り戻したいな~^^

月曜日・・・今朝は見事にタイミングよく大雨の合間を縫って現場到着~(汗)
こちらは昨年立派な旧家改修工事の際、下屋根に「かわら美人」を使っていただいた神戸市内の現場です。
今回は、そのとても広い敷地内に建つ息子さんの自宅を新築されたということで、喜び勇んでやってまいりました^^
っっっっっと、それがいきなり出鼻をくじかれるような門が待ち構えてましたが、シート台を倒しナント隙間数cmという間一髪で進入成功~(+o+)
これが入るのと入らないのとでは、マジで天国と地獄です(焦)
ということで、ハッとして~♪ホッとして~♪最高の降ろし場にて難なく任務完了♪
今日も一軒いぶし瓦の屋根が出来そうですね・・・ありがとうございました~!!
神戸といえば一般的に近代都市風景のイメージがありますが、実はほんの数十年前までは見晴らす限りいぶし瓦の見事な街並みだったんですよ~。
以前訪れた神戸市立博物館にあった街並み模型を見て感動しましたからね!
その名残として例えば異人館の屋根ではいぶし瓦が活躍してますよね~。(⇐だから日本中・世界中から観光客が訪れる・・・ここ重要!)
どうしてこの美しい風景を手放してしまったんでしょうね~。
日本の都市風景は、ホント世界に比べてなんの特徴もなく、雑多で個性なく秩序もなく・・・都市だからって何かあきらめてませんか?
田舎はもちろん都市部においても、この模型のようにいぶし瓦で揃う秩序ある美しい風景を取り戻したいな~^^
さぁ~、そんなことを想いながら・・・とにかく一枚一枚の瓦をつくり続けるのみですね!!
b0168041_15441205.jpg
b0168041_15441294.jpg
b0168041_15441291.jpg
b0168041_15441201.jpg
b0168041_15441215.jpg





[PR]
by miraikoubou-gajin | 2016-09-13 15:44 | 瓦人
<< Happy 1st Birth... D.I.Y-表札sign >>