残し、また再び屋根で見守ってほしいから・・・

先日、葺き替え現場から預かってきた巴たち・・・
欠損している部分を復元製作し、6本の焼き直しとともに今朝窯出しでした^^
痛々しく折れた羽根とクチバシも、波の先っぽも無事にピッタシカンカン!!
あとは巧く接合し、継ぎ目を処置し、再び現場へとお届けします。
鯉と亀の巴も再びキレイないぶし銀に・・・
上部に飛び出させた亀の足も、見えないお洒落に気を遣った先人職人の粋な計らいですね^^
施主さまがどうしても再使用したいとの意向でした・・・歴史と物語ある瓦だからこその誇らしい仕事です^^
b0168041_10225503.jpg
b0168041_10225512.jpg
b0168041_10225519.jpg
b0168041_10225654.jpg
b0168041_10225600.jpg
b0168041_10225693.jpg
b0168041_10225729.jpg
b0168041_10225788.jpg
b0168041_10225409.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2016-12-10 10:26 | 瓦人
<< 世界遺産 富岡製糸場 a letter of tha... >>