<   2009年 07月 ( 48 )   > この月の画像一覧

‘ものを言う’勇気・・・。

b0168041_1615597.jpg
今朝は久しぶりにトラックで鳴門へと・・・。入母屋の新築現場を施工中のこちらのお得意さん、さすらいのトラック野郎も先日瓦を搬入済みなんですが体調を崩し気味だったため数日分リポートをサボってます(笑)箕甲の仕様が決まり、尺二寸の剣高掛瓦などの役瓦が必要になり、近く平板瓦の現場も出来ているそうなので2パレットを積ませてもらい店入れです。また一軒いぶし瓦の屋根が出来てるみたいですね・・・ありがとうございます~。

さてさて、こちらは東京から届きました日本屋根経済新聞さん発行「ROOF & ROOFING」夏号です。
b0168041_1624490.jpg
その中の寄稿コーナーにて、2ページにわたり瓦人の主張が掲載されています。
b0168041_16254758.jpg
b0168041_16361170.jpg
400年祭や火入れ式にも言及し、瓦という世界への未来提言を、まだまだ若輩者ながら綴らせていただいております。業界外の方でご覧になりたければどうぞ事務所まで・・・。

若くとも、偉くなくとも、確かな想いさえあれば声に出し、文章にし、主張することが大事です。

黙して語らぬ職人気質も、このいわゆる伝統産業界では確かに一つの美徳ではありますが、その大切な文化的価値を後世に伝えるための‘言葉’を残すのも大事な仕事です。なかなか人を諭すほどは徳を積めるものではありませんが、瓦師も瓦葺き師も素晴らしい職人さんたちには是非大いに語ってほしいものです。業界が失いかけている大切な何かを身をもって知るのならば・・・。
‘もの言う’職人さんが増えればいいですね。

↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-31 16:57 | 瓦人 | Comments(6)

さすらいのトラック野郎   よ~く見てね!

さて本日は、昨日に引き続き讃岐の葺き替え現場に参上してきました。
先ずは現場の進行状況から~
b0168041_16555679.jpg
まだ少しだけですが、ビシッと綺麗に葺かれていました。
築80年のこの現場、さすがに百戦錬磨の親方でも野地の悪さ&屋根寸法&「瓦寸法」で頭を悩まされてるみたいです。
ちなみに瓦寸法に関しましては、ウチのミスです(汗)迷惑かけてすみませ~ん(反省)。

昨日、この現場は「四国地方では珍しい仕様の屋根になる!」とお伝えしましたが、一体何が珍しいのかと言うと~
b0168041_17111916.jpg
桟瓦が「切落」で、軒瓦が「石持(ベタ)万十軒」という仕様だったんです。
どうです?ベタ万十軒はそう珍しくないかも知れませんが、切落桟は四国では珍しいでしょ!
やっぱ切落桟は、この重厚感がイイですよね~♪

さてと、今日も昨日に引き続き屋根上げ任務だったので~
b0168041_17313564.jpg
先に掛瓦などの役瓦を降ろし、残りの桟瓦を一気に上げていきましたよ~。(今日は休憩なしで!)
では先ず、ビフォー写真からどうぞ~
b0168041_17343741.jpg
そしてこちらが↓任務終了後のアフター写真です・・・
b0168041_17351852.jpg
今日は昨日に比べれば枚数も少なく楽チンでしたよ♪ってホントは言いたかったのですが・・・けっこうキテました(汗)
あとは親方、ビシッと仕上げてやって下さいね~♪え?言われなくてもヤルって~?すみませ~ん(笑)。


今日のおまけ・・・
b0168041_1750681.jpg
ここでいきなりですが問題です!この写真の中に、セミは一体何匹いるでしょう?
一匹のように見えますが~実は!?・・・。
つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-31 16:52 | さすらいのトラック野郎 | Comments(3)

blue×blue 青のキレイな日☆

田んぼにも漸く届きました、青の夏色・・・。
b0168041_18311489.jpg
やはり夏は夏らしく・・・、今日はたくさんのキレイな‘青’と出会いました。
b0168041_18321254.jpg
それは、道端の小さな溝にまでちゃんと届いていました。
午後・・・徳島と香川の県境、海へと面した丘の上にあるギャラリー・カフェ「風待ちの丘 ルン」へと・・・。
b0168041_18354638.jpg
シンボルマークを掲げた高いオブジェが印象的です。瀬戸内海を見晴らす絶景を独り占め・・・もちろんこんなキレイな青の空が広がる日には、オープンデッキにて一人カフェタイムです。
b0168041_18394765.jpg
b0168041_18395934.jpg
ここはキレイな夏色、‘青’でいっぱいです☆
b0168041_18405894.jpg
b0168041_18411176.jpg
こんなキレイな青に包まれる日だから・・・・・・・・、一度携帯電話を置いてみましょう。
ほんの30分、心に休息を与えてみました・・・☆ グラスにまで‘青’の粋なはからいが・・・。
b0168041_18455089.jpg
b0168041_18471090.jpg
夕方帰ってきた淡路島から海を望むと、澄んだ秋のような風と共にすがすがしい光が降りそそいでいました。
b0168041_1850758.jpg
b0168041_18502522.jpg
梅雨明けも間近かな・・・?明ければもっとたくさんの‘青’に出会えそうですね☆
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-30 19:00 | 瓦人 | Comments(6)

さすらいのトラック野郎ブログ☆(笑)

さて本日は、讃岐の葺き替え現場に参上してきました。
今日は久しぶりに晴れでしたね♪やっぱ夏は、太陽がギラギラしてないとね~!って、まだ梅雨明けしてなかったっけ?(笑)

今回は現場へ行く前に、事務所へ焼き直しのブツを先に届けてきました~
b0168041_1883451.jpg
荷台の上でボコっている物体が焼き直しのブツです。
ではその焼き直しのブツをご覧ください・・・
ど~ん!
b0168041_1811457.jpg
この鯱と唐獅子です。綺麗に復活したでしょ!
ちなみにこの鯱&唐獅子は、お寺で使われるそうですよ!また何十年何百年と屋根の上で活躍してくれよ~!

このあと鯱君と唐獅子君に別れを告げ、現場へ向かうことに~。
で、走ること約1時間・・・現場到着~
b0168041_1819987.jpg
ご覧のように山裾にあったので、遠くからでも一発で発見できましたよ!結構大きな屋根ですね~♪
この現場、山裾に建っていたので入り口が・・・
b0168041_1831050.jpg
こんな急な坂道の上にありました(汗)両サイドの塀を見てもらえれば、その急角度加減がお分かりになるかと・・・。
しかもこの現場、立派なお庭がグルリと建物を囲うようにあったので~
b0168041_1844348.jpg
トラックは途中までしか入れませんでした(泣)でもご安心を!!屋根屋さんが用意してくれた足場板を~
b0168041_18455189.jpg
こんな感じに架けることにより、だいぶ楽になります。たかが足場板・・・されど足場板なんです。

さてと、今日も仕事仕事!!今回は降ろし場が全くなかったので屋根上げ任務でした。(久しぶり)
というわけで、屋根の上が親方含め3人・・・下が僕と職人さん2人の総勢5人での屋根上げ任務が開始されました。

このあと休憩を挟みながらも順調に屋根上げ任務が進み、無事任務が終了しましたよ~。
先ずはビフォー写真からどうぞ・・・
b0168041_1902567.jpg
そしてアフター~
b0168041_1904396.jpg
僕の気合が足りなかったので、少し瓦が足りませんね!残りの瓦は明日積んで来ますので、お許しを~!(笑)
ま、今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えそうですね♪ありがとうございました。

この現場は、四国地方では珍しい仕様の屋根になる予定です。どんな仕様だと思います?それは・・・。
あ、やっぱ詳細は明日にしときます。お楽しみに~♪
つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-30 18:13 | さすらいのトラック野郎 | Comments(2)

Please change the world.

b0168041_2084533.jpg
鮮やかな緑の絨毯は、続く生憎の空模様でもココロに元気を与えてくれます。
阿波では、早や黄金色に色付こうとする稲穂も・・・
b0168041_2011157.jpg
今年も実り多き一年を迎えることができるでしょうか・・・?
どうしてもこの‘疑問符’を取り去ることのできない瓦人です。
国政においても、良くも悪くもある種歴史の転換を目の当たりにするかもしれませんね。
最近特に目立つ道端の‘はためき’・・・
b0168041_2014267.jpg
b0168041_20141585.jpg
確かに、この閉塞を思いっきり打破するような変化が起きてほしい・・・。
ただそれは停止や退化といった消極的変化ではなく、-evolution-進化という積極的変化でなければなりません。
積極的変化へと先導するのは、当然積極的・進歩的リーダーであるべきであり、老若はこの際問いませんが、保守的・消極的リーダーはもう必要ないでしょう。もちろん深い歴史認識にもとづく大局観は必要であり、その意味では若手では役不足な感も否めません。ただ、若手とは・・・・・・若いからこそ野心旺盛で、若いからこそ体力・知力も充実し、若いからこそ色気もあり、若いからこそ繊細・敏感で、若いからこそ・・・・・・ただそんな若手の台頭があるだけでいい意味で世の中は活性化します。政治も経済も、行政も企業も・・・そろそろ深く広い意味において世代交代の時期にあるかもしれません。変化は悪ではありません。そんな‘チェンジ’に期待したいですね☆
b0168041_2031589.jpg
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-29 20:34 | 瓦人 | Comments(3)

地に足つけて・・・‘坐’

-野に降る星-
b0168041_1937406.jpg
-CANON EFS18-200mm F3.5-5.6 IS- Av / F29 / -2EV / WB太陽光 / Picture style CLEAR / スポット測光

道々の草むらで、可憐にその白い小さな花を咲かせる白蝶草・・・まるで星が散りばめられたような繊細な美をもって心を和ませてくれます。雨の続く淡路島・・・薄暗い日中にあって、この羽を広げた蝶のような白い花は一際その美しさを増します。
b0168041_19473943.jpg
-CANON EFS18-200mm F3.5-5.6 IS- Av / F5.6 / -2EV / WB太陽光 / Picture style 風景 / スポット測光

またまたお馴染み「けひの海」さんでのウェディングに瓦が活躍です☆
b0168041_19515026.jpg
先ほど夕方納品してきましたこちら結婚証明書・・・もうレギュラーの逸品になりつつありますね。二人の一生の思い出に、まさしく一生褪せることのない誓いの証しとして残ります。幸せのお手伝い・・・また瓦で出来ました☆

さてさて・・・こちらも本日出来上がりましたが、さて何でしょう?
b0168041_19561769.jpg
って、分かりやす過ぎますね(笑)そのまんま、瓦煎餅で~す!!-坐-の焼印入りオリジナルの「煎餅坐-senbeiza-」・・・今年のお中元の品なんです♪ 老舗の超有名なメーカーに依頼して作りました。いつもお世話になっている方々への感謝の印・・・毎年何か趣向を凝らしてって思うのですが、なかなか難しいこの贈り物・・・。ま、素朴で懐かしい味わいを楽しみながら、-坐-を噛み地に足付けていただければ・・・(え、付いてるって?笑)
b0168041_206390.jpg
同じく-坐-の刻印入り紙袋に入れてお届けします。
ま、届いた方は皆さんで食べてくださいね♪届かない方はぜひ事務所まで・・・(笑)
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-28 20:16 | 瓦人 | Comments(6)

西日が魅せる工場の色気・・・☆

-夕空-
b0168041_18133569.jpg
18時・・・工場前に広がる夕景です。いまだこの先の天気予報にはお日様マークの連続は見えてこないですね。いつも感じているのですが、工場が終業した夕方、今日のように西日が差し込みだすと途端に工場内がエモーショナルな空間になります。乾燥を待つ瓦、また止まった機械たちが照らされて、特にその逆光で魅せるシルエットと雰囲気がどことなくカッコよく・・・。
b0168041_1822576.jpg
余った端切れの粘土で作る創作のコースターも、その人気を象徴してか西日でよりお洒落に見えます。
b0168041_18251260.jpg
b0168041_18263565.jpg
本物の藁で、-坐-のコンセプトイメージであるラインクロスを描いてみました。迫力あるでしょう?仕事の合間でサラッと作るmonokawara・・・そのさり気なさと気楽さが滲み出て、使い手にも伝わるのか手にしても飽きないですよ。

こちらは事務所用の花器受皿・・・花器の水抜きからこぼれる水を適度に吸収してくれるのは瓦ならではです。
b0168041_18333589.jpg
ホント西日は自然のスポットライト・・・いい表情を照らしだしてくれます☆
今日も暑い中、稼働お疲れさまでした。
b0168041_18345375.jpg
b0168041_18353022.jpg
b0168041_18354352.jpg
多くの人にとってはまず身近ではない瓦工場・・・一歩足を踏み入れると西日が照らしだすエモーショナルな空間が広がります。和瓦の工場ってこうして設備の近代化が進めども、やはり日本人の五感に響く何かを持っています。それが実は大切なことなんですけどね。失って気付く価値・・・日本の文化を先々へと繋ぐため必死で稼動する多くの瓦工場にとって、せめてそんな事態だけは避けたいですね(笑)

↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-27 18:50 | 瓦人 | Comments(4)

さすらいのトラック野郎   スケールが違います。

さて本日は、阿波の新築現場♪へ参上してきました。と、ホントは言いたかったのですが・・・実際には行けませんでした。
いや、行きたくても行けない理由があったんです。その理由というのは~
b0168041_1774571.jpg
この地図の右下の方にある小さい島(矢印の所)が今回の現場だったのです。
ちなみにこの島は、伊島といって四国最東端の島なんですよ!皆さん知ってます?僕は知りませんでした(恥)

では、どうやってこの伊島に瓦を運んだのか?その一部始終をご覧ください。
先ずは早朝OO時・・・ガラ空きの徳島市内をひた走り目的地を目指します・・・
b0168041_17324238.jpg
またまた雨です(泣)
で、走ること約1時間・・・目的地到着です~
b0168041_17354747.jpg
ここは伊島へと船が出る船着場です。伊島へは就航船が出ていますが、人しか乗れません。
よって今回は何と!?貨物船をチャーターして瓦・材木・その他新築工事に必要な材料・道具を一気に運ぶんです。凄いでしょう?

さてと、今日も仕事仕事!!今回は僕にとって初の貨物船積み込みになりました。
とは言いましても、巨大クレーンで吊って降ろすだけですが(笑)

次第に強くなる雨の中、貨物船積み込み任務が開始されました~
b0168041_1802230.jpg
b0168041_1804861.jpg
b0168041_1805689.jpg
b0168041_181283.jpg
どうです?以上が貨物船積み込みの模様でした。上手く伝わったかな?雨が降ってなかったら、もっと写真を撮れたのにな~(悔)。
ま、今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が阿波の離島で増えそうですね♪ありがとうございました。
って、まだ建ってもいないのでしばらく先になりそうですが(笑)

ちなみに、島に着いたらどうやってこの材料を降ろすのか?って思うでしょう?(決して人力ではありません!)
ではどうやって?実は・・・
b0168041_182532100.jpg
この巨大レッカーも一緒に貨物船で島に運ぶそうです・・・。スケールが違いますね(汗)。
離島に家を建つって・・・ホント大変だな~。あらためてそう思いました。
つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-27 18:47 | さすらいのトラック野郎 | Comments(2)

夏の夜の夢・・・☆

b0168041_2194138.jpg
昨夕の慶野松原海岸・・・その日幾度か見せた恐ろしさを感じるほどの豪雨が嘘のように、やさしく空色を映す透明感のある海面に戻っていました。さて・・・・・・・・花火大会です☆
b0168041_21145386.jpg
b0168041_2115794.jpg
b0168041_2115213.jpg
日本の夏ならではのこの光景・・・風流ですね~。
b0168041_2116109.jpg
b0168041_21164137.jpg
みんな子供のような表情に・・・。
b0168041_21181137.jpg


-夏の夜の夢-
b0168041_21185544.jpg
それはいつまでも残る大切な記憶・・・☆
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-26 21:22 | 瓦人 | Comments(3)

土のダイナミズム☆

b0168041_1652912.jpg
昨日お伝えした瓦の大器・・・なんとかイメージ通りのカタチになりました☆横幅約50センチ、奥行約35センチ・・・ダイナミックなその器には、土のまさしくダイナミズムを盛り込んでみました。
b0168041_16542977.jpg
瓦って土から出来ているんだという、その‘らしい’風貌をこうして皺のように残すのが好きです。
b0168041_16563997.jpg
こんな素材感にこそ人は惹きつけられるんですよね。
b0168041_16572247.jpg
b0168041_16573468.jpg
b0168041_16574599.jpg
レストラン・コンセプト「潮音-shione-」・・・ダイナミックに鯛を盛るらしいこの器の外観は鳴門海峡の荒々しさを手指で表現し、また潮の流れ・・・その奔放で豊かな音色「潮音」をイメージし、のびのびと櫛で走らせてみました。
b0168041_1772726.jpg
b0168041_1773971.jpg
b0168041_1775028.jpg
b0168041_178899.jpg
ね、楽しそうに奏でてるでしょ♪ な~んてイッチョマエなこと言ってますが、全然子供の粘土細工レベルです(笑)こうして瓦人が楽しむように多くの人に瓦に触れ親しんでほしいです。またレストランにてこの存在に一人でも多くの人が気づき、またささやかながらも感動していただければ幸いですね。瓦って・・・・・こうして日本人にとって身近な存在なんです☆さてさて、なんとか造形は出来ました。あとは乾燥・焼成・・・無事に完成となるでしょうか?って、もう失敗したらやり直す時間はありませんけどね~(笑)またまたその後をお楽しみに・・・。
↓ はぁ~・・・・なんとか♪  カチッと。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-07-25 17:20 | 瓦人 | Comments(8)