<   2009年 09月 ( 42 )   > この月の画像一覧

雨の日に際立つ大自然の宝物たち・・・☆

早朝の雨田にひときわ際立つ‘白一点’・・・
b0168041_19235667.jpg
終日降り続いた秋雨・・・、太陽とは無縁のそんな日は、直感的に脳に入ってくる印象的なイメージを、あえて露出アンダー撮影にて、こうして背景への意識を薄めることでリアルに表現したり・・・。

そんな今日、積もり積もった小用事と集金で阿波へと・・・、ホント久しぶりの外回りです。ということで、こんなグラスに入れられたお冷と、洒落たランチと、ホッとひと息つけるコーヒーと向き合えた昼時です。慌ただしい日常からかけ離れたこんな束の間の時間も久しぶりに持てました☆
b0168041_19355863.jpg
b0168041_193698.jpg
b0168041_19361750.jpg
こちらも行く先々で広がる印象的な光景・・・見事な蓮の花を咲かせたあとの、お疲れさん的‘有終の美’です。雨に打たれるおかげで余計に情緒深く瓦人の目に映ります。
b0168041_1939481.jpg
露出アンダー撮影は、そんなどこか物悲しくも映る蓮田にある宝物をまた際立たせます。
b0168041_19421390.jpg
b0168041_19422443.jpg
まさしく瑞々しいまでの煌めきを魅せる宝石のごとき空の涙です☆
b0168041_19435363.jpg
b0168041_1944747.jpg
自然はただただ美しい・・・そんな日常ある当たり前の事象に美を見い出すココロ・・・持ってますか?
こちらもまた大自然の恵み・・・阿波の特産‘スダチ’です☆
b0168041_19471780.jpg
集金へとめぐる先々にて、一袋、二袋・・・と増えていきます。ほんとありがとうございま~す☆

さてさて、そんな今日の夕方事務所へ帰ると届いていたのは・・・
b0168041_1949258.jpg
南海荘特製‘なると金時ぷりん’で~す☆☆☆まさしく自然のチカラが凝縮された濃厚な甘みに、‘仙豆-senzu-’的パワーをいただきました~(笑)じゅんべーさん、お~きに~です♪

さてさて、明日はどんな自然の輝きに出逢えるでしょうか~?楽しみです☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-30 19:59 | 瓦人

土と木の織りなす家こそ・・・

本日-火入れ式-
b0168041_17441479.jpg
凛とした空気漂う工場内・・・また一つの物語の始まりです。今日高鶴専務のご案内によりお越しいただいたのは、徳島県産材とともに生きる6企業が共同で運営する那賀川すぎ共販協同組合さまです。このたびリンク先のサイトにあるコンセプトのもと、木と瓦のモデルハウスを建築されます。事務所にて・・・杉の良さを知り尽くすプロたちの熱い想いを家というカタチにすべく取り組まれているその言葉の数々に、瓦をもって原点的な魅力を追求しようとする瓦人も同じような価値観を共有出来ていることを実感し、やはり次代のモノ創り(家創り)に大切なものは何かということについての自信が改めて確信へとステップアップします。
b0168041_18193566.jpg
達筆にて認めた書は・・・、ここ日本においてこの木と土の家が末永くあり続け、またそんな日本建築の連綿たる伝統・文化が永久に途切れることのないよう、さらにこうした‘縁’もさらに永く続くようにと、「永」の文字にすべての想いを込められ窯へと・・・。
b0168041_18242349.jpg
モデルハウスオープン時にディスプレイされる予定の記念瓦には、ご持参いただいた焼きゴテのようなもので刻印を押されます。
b0168041_18282597.jpg
b0168041_18285070.jpg
シリーズ化されるこの住宅・・・そのテーマの一つに「火入れ式」を並べていただくことに感謝いたします。五感に響く家づくり・・・まさしく木と土と石と紙と瓦と・・・・・・心地良いとはそんな家を言います。これからこの家を選んでいただく施主様には、火入れ式にて少しばかりの「第六感」も刺激させていただきます(笑)
b0168041_18345686.jpg
大地の恵みを頂くことの有難み・・・その恵み(瓦)の前で皆感じるものがあるはずです・・・。
ありがとうございました・・・・・。

さてさて、ここからおまけ☆
b0168041_18403188.jpg
いつも以上にエモーショナルな雰囲気漂う事務所・・・ここにも熱い物語がありました。
b0168041_18415351.jpg
昨日お伝えしたように、淡路島で活躍する身近な仲間たちが一同に集まるスーパーバーベキュー!!昨夜の工場・・・その熱すぎる語らいは日の変わる時間まで繰り広げられました。家族同伴も含め総勢20数名!!
b0168041_1842423.jpg
いろんな繋がりで、初めての人達が毎回どんどん増えていきます。みんないろんなジャンルで活躍される方々ばかり・・・この縁が大きな力となり、また新たな可能性の芽生えを予感させます。
b0168041_18442974.jpg
筋の通ったモノたちばかりの語らいは、この炎よりも熱く・・・。みんな大やけどだったようです(笑)
b0168041_18452082.jpg
楽しいが一番・・・少年の心を取り戻してくれるこんな集まり・・・これからも続き、また人の輪もますます膨らんでいけばいいですね。それが「淡路ブランド」の発展に繋がりますから☆皆さ~ん、ほんとお疲れさまでした。そしてありがとうございました☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-29 18:50 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  これぞ関東の屋根!!その①

今日は、この前の関東旅行?いや・・・仕事で訪れた時に(笑)案内して頂いた、素晴らしい屋根の数々をご紹介したいと思います。
第一回は、これぞ関東の屋根!!その①と題しまして、埼玉県深谷市のM様邸の屋根からご紹介します。
ではご覧下さい・・・
ど~ん!!
b0168041_18151265.jpg
昨年葺き替えられたというこちらのお宅、その迫力につい見惚れてしまいました。(凄ぇ~)
b0168041_18253733.jpg
この玄関鬼、豪華でしょう?ちなみに名前は「二重淵?鶴亀菊水?玄関鬢付鬼」だそうです。名前も凄いでしょ!(笑)
軒先だって、3寸5分玉の軒瓦(京花)を使うという拘りです。
また、玄関の妻下には~
b0168041_8273421.jpg
何気に入れられた連菊が、その存在感を十二分にアピールしていました。
次は棟にご注目!!
b0168041_18373690.jpg
棟に紐丸のような瓦が取り付けられてるのが分かるかな?
これは半紐丸瓦(抱き丸)という瓦なんです。僕は初めて見ましたが、おもしろいですよね~!

というわけで、これぞ関東の屋根!!その①はどうでした?
僕がこの屋根を見て感じたこと、それは・・・コッテリ系なのにスッキリしている!でした。
これは全体のバランスが凄くイイからそう見えたのだと思います。
皆さんはこの屋根を見て、どう感じました?
つづく・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-29 09:00 | さすらいのトラック野郎

very very busy☆

さてさて、月曜日の今日も早朝から瓦作りに勤しんでいます。工場のラインに入っているとホント何も出来ません。が、今日明日は予定が目白押し・・・ということで、昼休みの投稿です。
b0168041_12264958.jpg
先日土曜日、緊急要請により瓦坐の配達にお邪魔したのは・・・淡路島ってリゾートアイランドだったんだって思わせるこちらにあるホテル「エクシブ」さんです。和食レストランでの瓦坐が好評のようで、やはり実際に使用されている古代鬼面ばかりの追加オーダーです。
b0168041_12293692.jpg
ショップにて、ひと際威風堂々と居並ぶ瓦たち・・・誰かの手にわたり全国へと飛び立っていってネ☆さてさて、そんな土曜日に合間を見て作ったのは、こちらもお馴染み‘箸瓦’です。
b0168041_12313115.jpg
この勢いはまだ止まりません。常に在庫薄・・・そんな瓦に誰がした?って瓦人が手びねりで遊んだ単なる粘土の塊ですが(笑)このカタチが究極の用の美を達成しているようで需要が絶えません。
b0168041_12343372.jpg
その意味で、同じく究極の用の美に達しているはずの和瓦の需要は・・・(汗)‘在庫薄’・・・そんな言葉が本来似合うはずなんですが・・・。

さてさて、そんな将来の‘在庫薄’への希望の光・・・またまた明日も「火入れ式」のご予約をいただいております☆
b0168041_1237381.jpg
今回は阿波の新築現場・・・。以前ご紹介したギャラリー「かふら」のオーナーである高鶴瓦センターさまが、「七夕展」以来、熱心にお勧めして下さったおかげでこの度初の火入れ式となりました。なんともありがたく・・・そんなこれからの「瓦ファン」づくりというものに同じような想いを抱かれる工事店さまがますます増えることを期待しています。その模様はまた明日詳しくお伝えしますね~。

ではでは、これからまた午後の部で工場任務です。あ、それから今日は夕方から淡路島で活躍されるクリエイター達の集まり「十色」のメンバーを中心に、他にも縁ある仲間(同士)たちナント約30人がウチの工場でスーパーBBQ大会です☆その模様もまた明日のお楽しみ・・・。バイタリティー溢れるメンバーたちでのBBQ・・・まさしく血沸き肉踊るお祭り騒ぎとなるかもです~。ということで、色々と予定が大渋滞。

とりあえず・・・頑張ります☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-28 12:53 | 瓦人

瓦・瓦・瓦・・・飛び交う「瓦」という言葉☆

淡路島のスーパーエモーショナルな夕景はこちら → 「as usual~日本色~

秋、実る・・・
b0168041_19433163.jpg
昨日お伝えしたように、本日は瓦sistaさんの応援で香川県デザイン協会主催のデザイナーズ・フリーマーケットに参加です。なかなか個性的な出店が多く、来場者もお洒落な人が多かったです。
b0168041_19444535.jpg
b0168041_19445519.jpg
そんななか、いぶし色の爽やかな風が漂う瓦のブースです。
b0168041_19461159.jpg
b0168041_19472788.jpg
b0168041_19483270.jpg
ちんまり瓦は、フリマっぽく掬い取りです(笑)
b0168041_19484370.jpg
オープン直後から想像以上の人出で、片時も席を外すなんてこと出来ませんでした。なかでも一番人気・・・Vasara Baには、まさしく客足が途切れることがありませんでした~。皆この‘土色の煌めき’に興味津々です☆
b0168041_1953394.jpg
b0168041_19531523.jpg
b0168041_19532626.jpg
これだけ「瓦」っていうキーワードが飛び交うのも気持ちのいいものです。瓦人の日常が例えそうであっても、その他大多数の人々にとっては、まずこの「瓦」という言葉を発するのは稀でしょう。まさしく「瓦」を身近に感じていただけています。さり気なく脇を飾る‘土×煤染めストール’も誇らしげに・・・。
b0168041_19574152.jpg
昨夜、試しディスプレイした-コンセプト雪洞瓦-も雰囲気を盛り立てます。
b0168041_1959243.jpg
b0168041_19591787.jpg
アートな感覚での瓦ディスプレイ・・・なかなか新鮮でした。またこんなイベントに来られるお客さん達は当然感性豊かな人が多く・・・見る目も肥え、またそれゆえ感じるものもあったはずです。急がば回れ・・・、特効薬なき今の瓦業界の窮状を救うには、こんなまわり道も必要です。目先の顧客より将来の‘瓦ファン候補’創り・・・まだまだ30年以上この世界でメシを食っていかないといけない瓦人たちの世代が出す答えは、こんなまわり道でも正解の一つです。実需絶対主義・・・そんな思想は右肩上がりの経済成長下における机上の論理です。数字の世界の物差しで‘情緒の世界’は測れません。これからますます地に足付いたコンセプトのもとでの‘仕事’が必要ですね。
b0168041_20135595.jpg
そんな瓦人・・・今日も飾り坐に煤染めストールにと、瓦(土)に包まれて朝家を出ました☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-27 20:17 | 瓦人

さすらいのトラック野郎   関東初上陸!!

ただいま~!昨日、埼玉県より無事に帰って参りました。
皆さん、ご心配をおかけしてすみませんでした。(え?誰も心配してないって?笑)
本当はもっと早く淡路に帰ってくる予定でしたが、初の関東進出ということで色々勉強を兼ねてゆっくりしてきました。
今回の旅で撮った写真の枚数は・・・何と!?100枚以上!!そのほとんどが屋根の写真です。(瓦バカなもので・・・笑)
ただいま編集作業をしておりますが、とてもじゃないけど一回ではUP出来そうにないので、数回に分けて小出ししていきます(笑)

というわけで今回は、淡路出発から埼玉到着&関東初任務までをお伝えしたいと思います。
先ずは23日・・・埼玉へ向け出発しました~
b0168041_1827031.jpg
おいおい、関東へ行くのに鳴門大橋渡ってどないすんねん!って思うでしょう?でもご安心を!
今回は連休最終日の渋滞を避けるため、徳島から東京までフェリーで行くことにしました。
b0168041_18435960.jpg
こんな感じに!海の上なら渋滞なんか関係ないですからね♪co2も削減できますし!でも18時間かかっちゃいますけど・・・(汗)
ちなみに、僕が乗船したフェリーは~
b0168041_18555872.jpg
こんなビッグフェリーでした!これなら太平洋の荒波でも大丈夫そうでしょ!
で、徳島の津田港を午前11時30分に出航です・・・
b0168041_1912069.jpg
残念ながら誰も見送りには来てくれませんでした・・・(寂)せっかく紙テープ持ってたのに・・・(泣)。
そして、太平洋の荒波にもまれること18時間・・・東京港に到着です~
b0168041_1955485.jpg
僕の関東初上陸を祝ってくれるかのように、こんな綺麗な朝日が僕を迎えてくれました。
このあと首都高に乗ったまでは良かったのですが・・・全然道が分からず、一般道へ降りました。いや勝手に降りてました(笑)
もうこうなってはしょうがないので、一般道で関越自動車道練馬インターを目指すことに・・・
b0168041_11551792.jpg
まさか東京都内の道を大栄号で、しかも瓦を積んで走るとは・・・夢にも思いませんでした(笑)。
ま、このあと半分泣きそうになりながらも何とか関越道の乗り口に辿り着き、目的地に無事到着することが出来ましたよ~(ほっ)
b0168041_126194.jpg
着いたと同時に緊張の糸が解け、足元がフラフラになったことは言うまでもありません(笑)でもそこで、屋根屋さんの娘さんが僕のこんな状況を察してかどうか分かりませんが、僕の大好物の差し入れを用意してくれていました。
その差し入れとは~
b0168041_12192787.jpg
元気ハツラツぅ? なコレです(笑)ご馳走様でした♪
このあと一気に元気になった僕は、関東初任務を開始することに~
で、無事終了です・・・
b0168041_12234959.jpg
何とか無事に、淡路から無傷で瓦を届ける事が出来ました。
ちなみに、ここの親方曰く・・・淡路産56判(面取)で「さざ波の美しさ」を表現した屋根を造りたいそうです。
詳しい仕様瓦はまだ秘密ですが、かなりカッコイイ屋根が出来そうです(ワクワク)
親方、あとは頼みましたよ!ビシッと仕上げてやって下さいね~♪

とまぁこんな感じに、今回は淡路出発から埼玉到着&関東初任務までを書いてみましたが・・・うまく伝わったかな?(笑)
次回は、「これぞ関東の屋根!!」をお送りしたいと思います。ではでは!お楽しみに~♪

おまけ・・・
いつもブログでお世話になっている「お洒落な屋根さん」が、仕事の合間をぬって僕に会いにきてくれました。
カッコイイ♪お洒落な屋根「号」に乗って・・・
b0168041_1335257.jpg
よく見るとフロントガラスの脇に、大栄号と同じ「かわら美人」ステッカーを貼ってくれていました♪ありがとうございま~す☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-27 13:12 | さすらいのトラック野郎

デザイナーズ・フリーマーケット☆

b0168041_18164544.jpg
明日9/27(日)の10:00~17:00(雨天決行)、讃岐のサンポート高松大型テント広場にて香川県デザイン協会主催のイベント「デザイナーズ・フリーマーケット」が催されます。デザイナーや雑貨ショップがこだわりの逸品を持ち寄る、 ひと味もふた味も違ったこのフリマ・・・反響の大きかった昨年に引き続きこのたび2回目の開催となります。今年はお馴染み瓦sistaさんが瓦の新境地を表現すべく出展・・・同じく瓦の新しい可能性をもってその新たな道を切り拓くべく瓦人も応援参加です。ディスプレイされるのはもちろん、きんたろうさんVasara・・・かなりお洒落な人たち(家族たち)が集まるというこのイベントではウケるでしょうね~。あと、土×煤染めの麻ストールもさり気なく飾ってみようと思います。

で、瓦人のなかでのメインディスプレイ・・・依頼を受けてからイメージを繰り返すこと限りなく・・・。ゼロからのコンセプトデザイン創りに、まさしく夜な夜な頭を悩ませましたが、出た答えがこちらです・・・。
b0168041_18314993.jpg
透明のアクリルケースに見え隠れする土と瓦。ゆらめく光をともない浮かび上がるのは・・・
b0168041_18341846.jpg
b0168041_18342999.jpg
b0168041_18344863.jpg
あえて荒々しく瓦人が造形した雪洞瓦が無数に・・・
b0168041_18354063.jpg
大小織り交ぜたクリアのアクリルボックスに瓦の土・・・その土から生まれ出でる新しい可能性達が魅せる躍動を表現しました。まさしく製工ともに、この瓦という大切な文化を次代へと残すため、皆いろんな手段でその可能性を模索しながら伸びていく様をイメージしています。
b0168041_18395189.jpg
b0168041_1840117.jpg
カタチはそれぞれ・・・、皆一所懸命その窓を破り、自分なりの表現法にて瓦の未来を見つけようとしています。
b0168041_1843443.jpg
b0168041_18432624.jpg
瓦人コンセプト by 雪洞瓦-bonborigawara-
 大自然の恵み、土から生まれる瓦・・・
 その新しき可能性たちが、破りこじ開ける
 いくつもの窓をのぞけば、
 小さくとも力強い光が見えます。
 カタチは十色・・・、器用もあれば不器用もあり、
 粗くとも大きく可能性を見出すものあれば、
 小さくとも確実なる一歩を踏み出すものあり。

 伝統に培われしこの瓦・・・、
 その未来を創るのもまたこの普遍の価値であり。
b0168041_18465074.jpg
b0168041_184723.jpg
今の若い瓦師たち、および同じ想いを抱く全国の瓦葺き職人たちのそれぞれの‘一歩’・・・そんなイメージをカタチにしてみました。瓦というものを表現するこんなオブジェもアリかな?明日が楽しみです。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-26 18:59 | 瓦人

「木陰にて 金色に輝く 秋の萌え~」(字余り)

四国三郎にて・・・
b0168041_18523517.jpg
昔から変わらぬ風景にはセピアが似合います。
終日集金で四国を走り回っていた瓦人の目に飛び込んできた木陰の煌めき・・・
b0168041_18574374.jpg
木陰にて、まるでかぐや姫を抱いた竹林のごとき輝きを放つ曼珠沙華の群生に出会いました。
b0168041_1912871.jpg
金色の西日をそのまま映すのはみずみずしい証し・・・その神々しさに天上の世界を見る瓦人です。
b0168041_1984736.jpg
b0168041_1955994.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-25 19:09 | 瓦人

煌めきで溢れる日常・・・☆

→ 夜にはこんな情緒深い煌めきが・・・「as usual-日本色-

b0168041_18173498.jpg
それにしても終日こうして流れてくる瓦を結束していく毎日ですが、ふと気付けば人生ホント瓦だらけかも(笑)寝ても覚めても瓦・瓦・瓦・・・見晴らす淡路島の景色にも瓦・瓦・瓦・・・。
b0168041_18204258.jpg
今日、仕入れのため工場から外へ出た際にも、日常風景としてある瓦・瓦・瓦が目に飛び込みます。この当り前の光景が、外の人にとってはおそらく新鮮に映ることでしょう。
b0168041_18252377.jpg
b0168041_182529100.jpg
b0168041_18254462.jpg
b0168041_18255395.jpg
でも、淡路島の瓦が魅せる煌めきは、まさしく瀬戸のさざ波を思わせるかのように、穏やかで、繊細で、人の心までもを晴れやかにしてくれます。だから・・・古くも新しくも、このいぶし瓦の煌めきに囲まれて暮らすことの意味に改めて想いを馳せる今日この頃です☆

工場の作業を終えた17時過ぎ・・・ちょっとデスクワーク前の気分転換にすぐ近くの海へと。

そこにあったのは、まさしくいぶし瓦のイメージの基となる、こちらも日常としてある煌めきでした☆
b0168041_1830579.jpg
さざ波に洗われた小さな石の浜までもが、西日を浴びて宝石のように煌めきます。
b0168041_18314870.jpg
寄せる波も宝石・・・なんとも奇跡的に美しい島に生まれ育ったことを感謝します。
b0168041_1834541.jpg
b0168041_18342191.jpg
瓦の島は美しく・・・、混沌としたこの時世に荒んだ作り手の心を清めてくれるほど美しく・・・☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-24 18:39 | 瓦人

名のある・・・、名もなき・・・。

こちらでは夜空に羽ばたく大きな翼が☆ →「as usual-日本色-

工場任務の合間をぬい、所用で五色町へと・・・。

道端の草むらで出会った、この季節における名のある季語と名もなき季語たち・・・。

連休最終日ぐらいは、ホッとするような写真で綴りたいと思います。

露出オーバーマックスの白トビ撮影で絵画風に・・・
b0168041_172826100.jpg
まだまだ生い茂る雑草の陰にあった星の世界を、こちらは露出アンダーマックスにて幻想的に・・・
b0168041_17312694.jpg
b0168041_17313757.jpg
これら季語すべてが、その季節を彩る大切な主役たちであり・・・。

欠くことのできない必然性を持って生きています。

瓦はまさしく、‘日本’を詠むために欠かせない‘季語’です。
b0168041_17375842.jpg

生い茂る大きなチカラに屈することなく、まだまだこの小さく白い花のように確かに輝いています。

‘名のある’うちがまだまだ‘華’であるという自信を持って・・・。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-09-23 17:42 | 瓦人