<   2010年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧

さすらいのトラック野郎  リアル踏み台昇降運動???

さて本日は、讃岐の葺き替え現場に参上してきました。

現場はというと~
b0168041_12384820.jpg
こんな感じの、讃岐らしい立派なお宅の屋根でした。

今回は一部分の葺き替えですが、後日残り部分も着工予定となっている予定は今のところありません(笑)

さてと、今日も仕事仕事!今回は屋根揚げ任務だったのですが、ご覧のように~
b0168041_12453151.jpg
階段運び込み任務でした(汗)でもそこは百戦錬磨のトラック野郎、ダッシュで?階段を昇り降りし~
b0168041_12474256.jpg
こんな感じに、段取りよくタワー付近に瓦を積み、親方達が手持ち無沙汰にならないように頑張りました。

で、このあと順調に作業は進み~

ど~ん!!
b0168041_12532418.jpg
無事任務完了です♪

さぁ今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が守られましたね♪ありがとうございました。

ちなみに今日は、久しぶりに汗が噴き出しました(笑)

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-30 12:58 | さすらいのトラック野郎

「地球のディテール」

b0168041_146160.jpg
自然体感展望台 六甲枝垂れ・・・アートと建築の融合が果たしたのは、一つの近未来提言でした。
b0168041_1475121.jpg
設計 三分一博志・・・1968年生まれ 東京理科大学理工学部建築学科卒業
瀬戸内国際芸術祭における犬島アートプロジェクト「精錬所」で、建築×環境の新しいカタチを提案する。
b0168041_1414416.jpg
コンペを勝ち抜いたその深いコンセプトに基づくこの建築を昨日体感してきました。
b0168041_14152938.jpg
b0168041_14154240.jpg
b0168041_14164852.jpg
b0168041_1417155.jpg
四季を通じ、また一日を通して確かに息づく建築・・・自然と渾然一体となったそのシステムは素晴らしいものです。
b0168041_1419381.jpg
ちょうど日の沈む頃に着いたので、つるべ落としを確認してから、ほどなく神戸の夜景と星が煌めきだしました。
b0168041_14204576.jpg
b0168041_14212946.jpg
b0168041_14214414.jpg
b0168041_14215843.jpg
一見、現代の人々による‘居住’とはかけ離れたような存在ですが、リンク先の詳細を確認すると、まさしく古来より自然と密接に関わりながら生命を維持してきた人類の英知が結集した建築の一つのカタチです。大自然を五感に感じながら‘生かされている’ということの自覚を失って久しい今、こうした提案は建築におよばず人類の進むべき一つの道を示すものですね。

とにかく今は「木・土・紙・石の家プロジェクト」の推進が、その近未来へと続く道の道程にあるものと信じたいです。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-30 12:58 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  寒いけど温まります。

さて本日は、以前から行っている讃岐の護摩堂建替え工事現場に参上してきました。

それはそうと今朝は、冷え込みましたね~!現場近くの温度標識は何と!!-1℃ってなってました(寒っ)

というわけで、(どんなわけ?(笑))現場の進行状況はというと~
b0168041_17294282.jpg
こんな感じに~
b0168041_17305646.jpg
割付&桟打ちも終わり、この前の瓦達が屋根へ上げられていました。着々と進んでますね♪

さてと、今日も仕事仕事!今回もこんな感じに~
b0168041_173416.jpg
気合の全バラ積みの瓦を、せっせせっせと手降ろしにて任務遂行中です。

で、このあと順調に作業は進み~無事任務完了です・・・

ど~ん!!
b0168041_1737779.jpg
よ~体が温もったわ♪  あ、この現場は、もう数回参上予定なので、また追ってリポートします。

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-29 17:41 | さすらいのトラック野郎

ロマンチック冬景・・・

GALLERY 土坐 -tsuchiza-に季節らしいmonokawaraが登場しています♪ ⇒ 「GALLERY 土坐 -tsuchiza-

壁紅葉・・・法面を這う蔦の紅葉も、もうまもなく終わろうとしています。
b0168041_111038.jpg
いつも思うんですが、この蔦の成長の姿もすべて自然の摂理なのかもしれません。

まさしく・・・「木」のカタチに伸びていきます。

自然のモノは、こうしてすべてあるべき姿へと成り、それがもっとも理想のカタチであるということを体現しています。
山があり、谷があり・・・瓦もこうあるべきカタチというものがあるなら、やはり和瓦の姿が理想だと信じたいですね。

ちょっと頭をクールダウン・・・昨夜も遅くに仕事を終え、その煮詰まった精神に潤いを与えるべく、ロマンチックな冬の風景と向き合いました☆
b0168041_1181748.jpg
ライトアップされた帆船に想いを乗せ、希望に満ちた未来へと届けと願う冬の夜。
b0168041_1194145.jpg
星々の導きにいざなわれ・・・ロマンチック航海へと出航です。
b0168041_1114288.jpg
少しだけでもココロにぬくもりをもらえたような気がします☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-28 11:16 | 瓦人

長~い一日・・・

b0168041_17221636.jpg
明けの明星・・・今朝は3時半起きの瓦人です(+o+)
夜明け前5時半には、すでにここ阿波は脇町の現場にいたりして(笑)明けの明星を見つめて深呼吸です。
このあと、瓦を積んでまさか想像以上の山奥へと登ることになろうとは・・・((+_+))

途中、道端にあった神社の境内に敷きつめられていた‘秋’・・・それを情け容赦なく蹂躙するかのような黒く冷たく巨大な足。
b0168041_17272956.jpg
b0168041_17274099.jpg
それはまもなく訪れる冬将軍の影だったのかもしれません・・・。

今年の冬はどうやら寒そうです。

この足に踏みつぶされないように気を張っておかないと・・・。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-27 17:31 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  今、巷で話題の・・・

いや~忙しすぎて(ウソ)久しぶりのブログ更新です037.gif

さてそんな本日は、先日行った阿波の葺き替え現場に再び参上してきました。

現場はというと~
b0168041_1725983.jpg
覚えているかな?こんな感じの切妻二階建てのお宅です。

以前葺かれていた~
b0168041_1726183.jpg
この「9寸足で利き幅は8寸5分」の和型スレートも綺麗に取り除かれていました。

あ、そうそう!この前葺き替えられた上屋根部分が綺麗に完成していたのでご覧下さい・・・

ど~ん!!
b0168041_17283811.jpg
オール紐のしに風切丸2列・・・いい感じですね♪

それはそうとこの現場、棟の納め方が~何と!?

じゃ~ん!!
b0168041_17323164.jpg
今、巷で話題の薬師寺納めでした!!キテますね・・・薬師寺納め☆

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-27 17:00 | さすらいのトラック野郎

文化継承プロジェクト・・・

b0168041_1830019.jpg
以前、火入れ式をさせていただき、現在古民家を大リフォーム中の鳴門の物件です。昨日の夕方、工場が終わってから暗くなる直前になんとか最後の瓦を搬入してきました。こちらは母屋より先に着工した納屋の屋根・・・棟の仕様が特殊です。

芝棟(草棟)・・・特に茅葺き屋根の棟に強度を持たせるため、草を生やしその根の張りをもって雨風をしのぐ先人の知恵。
もう少なくなりましたが、その昔、山あいの集落で散見された一つの建築文化です。
奥深い山、すべてが雪に覆われる冬を終える頃、屋根に積もった雪からちょこんと顔を出す緑の新芽・・・
そんな希望の緑は、春を待ちわびる村人のココロにさぞかし喜びとぬくもりを与えたことでしょう。
b0168041_18421253.jpg
想像しただけでも美しい日本の風景ですね。

その昔には阿波にもあったというお話を伺いました。時代は変われど・・・ここに再現です。
b0168041_18434788.jpg
素晴らしい取り組みですね。
この辺りは、風格ある瓦屋根が連なる酒蔵もあり、また大谷焼きの里として陶芸の工房も居並び、古き良き風情漂う昔ながらの町並みが残ります。その風景を構成するに欠くことのできない大切な要素であるこちらの物件・・・その敷地内の納屋にこの芝棟は継承されます。
完成すれば是非また訪れようと思います。
今からですと、ちょうど春の芽吹きの頃が楽しみですね(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-26 18:53 | 瓦人

爪痕・・・

b0168041_18481124.jpg
ジンジンと疼いていた足・・・一昨日のリフトの重みは、一瞬とはいえ半端なかったようです(~o~)
圧迫により足全体が赤黒く変色していましたが、早くも消えてきました。
止まるわけにはいきませんので、今日も工場で頑張りました・・・やれやれ(^^ゞ

皆さんも足元には十分気をつけましょう = 地に足つけて・・・ってことで(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-25 18:53 | 瓦人

共有する価値・・・

b0168041_16434810.jpg
to winter  冬へと・・・
b0168041_16442071.jpg


三州瓦産地(愛知県三河地方)で始まった「満天の星空にだるまの炎が舞ふ・・・三州だるま窯復元プロジェクト
まさしく伝統産業の意地・・・素晴らしい取り組みが各地で興っています。
混沌の世・・・行きつく先は‘帰るべき場所’‘思い出すべき原点’‘信じるべき底力’‘歴史にもとづく揺るぎない自信’です。
原点に立ち返り、同じ価値観を共有し、産地の垣根など越え、製工大同団結して臨むべき時ですね。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-24 17:02 | 瓦人

魔が差す・・・

b0168041_16535687.jpg
工場にて・・・2.5トンのリフトが左足をえぐりました(T_T)
足の上は、どうやらタイヤもスムーズに通過してくれたらしく骨折にはいたらず・・・。
朝から精一杯みなぎってたはずなんですが・・・魔が差したのか、あわや足を潰すところでした(汗)
自覚はありませんが、疲れなのか・・・どこかで思っているより集中力が落ちているのかもしれませんね。
やれやれ・・・(^^ゞ

GALLERY 土坐 -tsuchiza-にて・・・祝日だった今日の午前中、たくさん出てしまった島音坐。
工場が終わった夕方に出来るだけ仕込みます。
b0168041_1725439.jpg
瓦製コースター「瓦坐-kawaraza-」・・・好評です。
グッドデザインひょうご2008の賞を受けたその機能性・実用性とデザイン性は、ますますこれからも活躍しそうです☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-11-23 17:08 | 瓦人