「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「こんなことは、もっと広めるべき・・・」

b0168041_175365.jpg
火入れ式でした。阿波からお越しの施主さまをお迎えして、粛々と儀式は執り行われました^^
b0168041_1754351.jpg
b0168041_17545574.jpg
したためた書は「家内安全」・・・大変感慨深く書かれていたことが印象的でした。
その込める想いとともに瓦を焼かせていただくべく、窯へと置きます。
物語の一部始終に立ち会うと、こうして書に表現された想いをこちらも共有することができ、
そんなココロの姿勢で瓦を焼かせていただくことに改めて責任と喜びを感じます。
b0168041_17554662.jpg
b0168041_1755989.jpg
b0168041_1801062.jpg
終始厳粛に・・・、そして和やかに火入れ式は執り行われました。

原点的な価値、そして文化と伝統の継承をまざまざと体感していただき、
そんな心境のまま向かったのは達磨窯・・・ちょうど今週末の火入れのための窯詰め作業中でした。
b0168041_184958.jpg
b0168041_1842072.jpg
炎の生命力を感じさせる窯内の雰囲気と、木と土で完結する日本建築のあるべき価値に感動されていました。

今回は瓦人もご一緒させていただき、昼はみんなで「かわらや」さん^^
b0168041_188790.jpg
食事中、みんな先程の感動を語り合い・・・、そんななかでの施主さんの言葉が印象的でした。
来る前は、なかば半信半疑でした。
ただ工場を見に行こうなんてだけでは、来るつもりはありませんでした。
火入れ式に臨み、あんたの想いを聞き、瓦屋根を選んで日本人として良かったと感じた。
若い人がこんなにも純粋な想いを表現しているなら、年寄りは何のかけ引きもなく協力したい。
本当に感動した。なにより、自分の家のことだから余計に嬉しかった。
人のご縁は、また人が繋ぐ。絶対にこの取り組みは明日(未来)へと繋がる。

涙が出るほどのありがたいお言葉・・・ただただ本当に励みになります。
これからも自分を信じ、人を信じ、瓦を信じ、日本を信じたいと思います。本日はありがとうございました(*^_^*)

さ~て、夜仕事・・・今夜はオーダーを受けた創作コースター‘島音坐’作りです。頑張ります☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-28 18:28 | 瓦人 | Comments(6)

瓦の存在感・存在価値・存在意義

b0168041_19205080.jpg
先日の夕方~仕事・・・3m四方のパティオ作りです。
イメージを想像しつつ仮並べ、そのまま水糸を張り、アバウトながらレベルを出しながらモルタルで固定。
b0168041_19214587.jpg
b0168041_1923263.jpg
真砂土ベースの土を流し込み、水で固めます。
b0168041_19245997.jpg
b0168041_19251076.jpg
b0168041_20373127.jpg
素人左官工事でしたが、チラッと半完成写真を・・・
昼間の写真は、たった今(20時半)エコリカルの菊川君からメールで届きましたので追加しました(*^_^*)
時間的にも肉体疲労的にもココロが折れそうなサタデーナイトでしたが、円坐の彩りが救ってくれました^^

ホントに存在感があります・・・瓦☆
そこには物語があり、歴史があり、文化があり・・・存在価値も存在意義も含めて小さな円坐が体現してくれています。

空と雲と海の煌めきが散りばめられた、こんな外庭、中庭、箱庭、つぼ庭・・・いかがでしょうか?
きっと生活とココロに潤いをもたらしてくれるはずです^^

同じ敷地内では、久住親方によるプロ左官の仕事も展開されていました(*^_^*)
b0168041_19373770.jpg


円坐といえば・・・先日提案させていただいた淡路島の物件で採用が決まりました☆
b0168041_19384072.jpg
イメージデザインのコンセプト・・・
漁師町である隣の丸山地区は、海がホントに生活と身近で、キレイな五色の砂利浜が印象的です。
そんな浜景を建物の周囲に描いてみました^^
気に入っていただけたようで、施工時にはみんなで一緒に並べたいと思います。こちらも楽しみ~♪

さ~て、明日はまたまた火入れ式・・・阿波からお越しの皆さまをお迎えします。
またそこに素敵な物語が綴られることを期待して(*^_^*)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-27 19:47 | 瓦人 | Comments(2)

猛烈充実の土曜日でした~^^

まずは火入れ式・・・瓦哲さんのご案内のもと、はるばる香川県の西端からお越しのご夫婦です。
b0168041_1002923.jpg
厳粛ななかにも和やかな雰囲気でした^^
b0168041_101273.jpg
瓦のパウダーを墨で溶き、このたびの家造りに込める想いを書にしていただきます。
立派な家には、素晴らしい瓦がよく似合う」・・・改めて身が引き締まります。
一生の買い物・・・かける想い、込める想いには相当なものがあるはずです。
この本気のやりとりが、物語のあるいい建築へと続きます。
b0168041_105437.jpg
粘土状の瓦にも、記念に名入れしていただき、無事火入れとなりました。
ホントにほのぼのとした人間味の滲み出るお人柄に、こちらまでココロ落ち着きました。
やはり人生を達観された人のオーラには、まだまだ学ぶべきことが多く・・・、素晴らしいご縁を導いてくれたすべての人に感謝です。

あとは、その込める想いと共に瓦を焼かせていただき、現場までお届けしたいと思います。
やっぱイイね、火入れ式☆ ありがとうございました~(*^_^*)

そんな土曜日・・・夕方からは夢舞台まで走り、芝生広場に3m四方の瓦パティオの設営に^^
久住親方もまたまた面白い土壁を作っていましたよ。
暗闇になっても投光器のもと左官仕事を頑張り、なんとか23時には戻りました(~o~)
その模様はまた後日ということで・・・。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-25 10:54 | 瓦人 | Comments(2)

今こそ、価値を売る時・・・

b0168041_19405743.jpg
17時過ぎ・・・工場仕事を終えて一呼吸。 まさしく天高く広がる秋です^^

さぁ~明日は「火入れ式」です・・・いつものように準備しましたよ。
b0168041_19425091.jpg
なんと秋の到来とともに火入れ式がこれから3週連続で続きます。
まずは明日24日(土)、続いて来週28日(水)、その次は10月5日(水)・・・なんだかとても励みになります。

今こそ価格ではなく、価値を訴え、伝え、売るべき時です。
そんな想いに共鳴してくれて、提案いただくお得意様たちに感謝です。
すべては、売り手と買い手みんなの満足のために・・・
そんな価値を共有できる人達をこれからも増やし、強いパートナーとなり、瓦というモノとコトを将来に繋げていかないといけませんね^^

さぁ~頑張ります☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-23 19:52 | 瓦人 | Comments(2)

vs nature

b0168041_19443832.jpg
ふぅ~~~~・・・・・・・やっと終わりました。
プレスの具合が悪く、7時から4時間近くもトラブルが続き・・・今日のロットを製造し終えるまでに四苦八苦(^^ゞ

瓦作りは vs 土、vs 自然です・・・。

例えば金型を交換したばかりの初プレスの時、大雨の湿気のなかでの稼働、急に気温が下がった時などにハードルが上がります。

自然は生き物・・・すべて土の質の変化、潤滑油等の機嫌、離型剤のめぐり具合、吸盤の硬化と角度のミスマッチ。
ホントに些細な変化の積み重なりが、すべての歯車を狂わせます(>_<)

ギャラリー土坐のお客さんたちも、工場に見学に入っていましたが、幸いその時は順調に流れだした頃で良かったです^^
弟のトラック野郎(工場長)が額に汗して説明していました(^^ゞ
瓦人はひたすらコンテナに白地を積み込んでいたので、終日身動きできず・・・。
さぁ、明日の自然の機嫌はどうでしょうか~?自然との格闘は続きます(*^_^*)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-22 20:01 | 瓦人 | Comments(0)

円坐-bubble-・・・増殖中^^

台風一過・・・夕方、日が暮れる前に夏場に着工していた現場確認です。
b0168041_1752145.jpg
淡路島らしい風景が継承されていました。
b0168041_17532266.jpg
残すべきは残し、補うべきは最低限に補い、木と土と紙と石をもってエコハウスが完成します。

大工さん・・・これからが勝負ですね^^

今回訪れたのは、外回りスペースに円坐の施工を希望され、その実測でした。
b0168041_17581170.jpg
この左のサツキの木を撤去してアプローチを広げ、建物際まである敷き石も撤去し、円坐をレイアウトします。
b0168041_17595787.jpg
玄関内部まで続くデザインの相談を受けてきましたので、また楽しみながらレイアウトを考えてみたいと思います^^
決め手となったのは、同じく淡路島の家・・・↓ ↓ 瓦人妹邸だったそうです☆
b0168041_1821282.jpg
b0168041_1822218.jpg
今回の物件は面白い古今折衷・・・円坐のチカラでどれだけ住む人のココロを豊かにできるか。
円坐-bubble-・・・泡のように増殖中です^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-21 18:08 | 瓦人 | Comments(2)

波のキラメキと星のキラメキと・・・☆

GALLERY 土坐 -tsuchiza-より大切なお知らせです^^ ⇒ 


天気も景気も最悪・・・ということで晴れやかな画を(^^ゞ
b0168041_17265414.jpg
b0168041_1727488.jpg
晴海ヶ丘の家・・・blue×whiteの円坐施工の続きです。
b0168041_1729643.jpg
ちょうど夕方にお邪魔しました。
この地は淡路島でも極上の夕景を365日楽しむことができます。
西日に照らし出され、淡いオレンジに染まり始めるテラス・・・見晴らしはまずノークレームです^^
b0168041_17314086.jpg
b0168041_17315160.jpg
b0168041_17323100.jpg
トリーニさんのデザインコンセプト・・・
波をイメージした青と白の曲線の二重螺旋を軸に、波のキラメキとも星のキラメキともとれるようランダムに配置。
完成イメージはこちらです。(すいません~、画像お借りしましたm(__)m)
b0168041_1734112.jpg
メチャクチャ楽しみですね☆
皆さんにその存在感をとても喜んでいただけたようで、当初設計にはない予定外が続きます・・・^^
ということで、このテラスへと続く立派な螺旋階段にもこの煌めきが散りばめられるそうです。
b0168041_17371833.jpg
降りそそいだ空と海と雲のカケラ・・・
すべて拾い集めるように、辿りながら階段をのぼるその先に続くテラスに広がる淡路島物語。
ん~歩きたいです(*^_^*)

瓦で・・・人のココロを豊かにできるみたいです。やはり魅力的な素材ですね☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-20 17:45 | 瓦人 | Comments(6)

iroiro×kawara

台風がもたらす大雨・・・そんな土曜日の土坐景です。
b0168041_22212266.jpg
いろんな地域のいろんな体験メニューを巡られて、地元の人より地元の情報通なお客様たち^^
淡路島を本当にお気に入りになられて、またこれからにも期待されているそうです。
期待に応えられるよう、頑張らないといけませんね☆
b0168041_2223518.jpg
ホントに女子たちなお客様たち・・・‘女子語’連発で、本当に楽しかったです(*^_^*)
土に触れられて、ますます‘女子力’がアップされたようでなによりです。

皆さま、ホントに足元の悪いなか、淡路島の瓦工場までお越しいただきありがとうございます。
一所懸命作られた瓦コースターの焼き上がりをお楽しみに~(^.^)/~~~

さてさて、なんとか無事に日が替わるまでに先程帰ってきました今日の夜仕事・・・
10/1~11/13まで夢舞台「奇跡の星の植物館」で開催される「あわじアルチザンフェスティバル-空宙百華園-
その設営にチーム‘iroiro×kawara’で搬入&下準備でした。
b0168041_2231492.jpg
さ~て、どんなテーマの庭が出来るか・・・それは本番までお楽しみに~♪
GALLERY 土坐 -tsuchiza-では、この一大イベントの前売り入場券を取り扱っています。
ご希望のかたは是非ご連絡くださいね~(*^_^*)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-17 22:35 | 瓦人 | Comments(0)

とにかく一歩・・・^^

無事、いぶし銀に焼けました・・・純真無垢で無限大の可能性を秘めた‘はじめの一歩’たち(*^_^*)
b0168041_1722265.jpg
とにかく一歩、また一歩・・・これからの成長が楽しみですね。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-16 17:24 | 瓦人 | Comments(0)

はじめの一歩・・・^^

昨夜23時前の土坐です・・・・・・・ふぅ~、なんとか3人分完成^^
b0168041_18315870.jpg
お盆明けからは工場任務に徹しているため、6時半に工場に来てから日が暮れるまでプラスαなことは何も出来ません(^^ゞ
ラインに入って懸命に瓦作りしてますので、そんなこんなで作業を止めにくいため電話も出れないことが多く・・・。
お得意さんにはご迷惑をおかけしておりますm(__)m
昼休みにでもかけ直しますのでご了承ください。

ということで、こういった手作り仕事はすべて終わってから・・・
肉体的にかなりグロッキーですが、喜んでくれる人の顔がダイレクトに想像できる仕事は何よりも報われます。
b0168041_18373335.jpg
こちらは弟が生まれたばかり・・・ということで、ついでに2歳半の兄ちゃんも一緒に♪
ホント足の大きさを見て分かるように、すくすく大きくなって・・・成長って素晴らしいですね^^
b0168041_1840221.jpg
こちらはまだ一カ月ちょっとの赤ちゃんです。一つ二つと成長するにつれて大きくなっていくんだぞ~(*^_^*)

はじめの一歩・・・人気です。
一生の思い出に、子に対する親の変わら(瓦)ぬ想いをのせて、カタチとして永遠に残るmonokawaraは素敵です^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2011-09-14 18:45 | 瓦人 | Comments(6)