「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

桜と蝶が好きなんです・・・^^

オリジナル瓦表札のご依頼でした。
「桜が好きなので、花びらを散らしてください^^」
「あ、蝶も好きなので、文字部にとまったように出来ますか?」
b0168041_19331681.jpg
家という一生ものの買い物には、施主さんのいろんな想いがあり、いろんな物語があり・・・。
そんな‘いろんな’にフレキシブルに応えられるのは、手工業製品である瓦ならでは。
b0168041_19334078.jpg
世界に一つだけの瓦の表札が出来ました^^
メールでのやりとり・・・
あれを付け足し、あれを省き、またあれを戻し、あれをアレンジし・・・デザインの変遷が懐かしいです^^
b0168041_1936288.jpg
そんな大らかなやりとりが似合う・・・瓦は優しい建築建材ですね^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-31 19:40 | 瓦人 | Comments(0)

甍波悠久 -GENBA-

走行距離 400キロの終日出張・・・四国を走りながら、現場めぐり~な一日でした^^
b0168041_1835991.jpg
b0168041_18352794.jpg
b0168041_18353716.jpg
甍波悠久・・・大工さんや屋根屋さんたちのおかげで、今日も明日も未来永劫、日本景の必需品である瓦の屋根が、あちこちでいぶし銀に煌めこうとしています☆
俯瞰した際のキレイな銀波風景は、瓦ならではであり、また日本ならではであり・・・!!
モノゴトは常に、仕事師たちの素敵な現場-GENBA-にこそ、その魅力の本質が宿ります^^

モノとコトを創る現場からの情報・魅力発信・・・これからはどんな世界においても大切ですね!!
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-25 18:48 | 瓦人 | Comments(0)

return gift ・・・お返しにいただいたタカラモノ☆

b0168041_11223260.jpg
b0168041_11224420.jpg
先日の地元 辰美小学校での講演に対して、昨日届けられたあったかいGIFT・・・
6年生の子供たち全員からの丁寧な丁寧な感想文でした^^
想いは伝わったようです。子供たちの未来が楽しみですね。地域の未来が楽しみですね(*^_^*)

お返しといえば、昨夜の香川県中小企業家同友会での講演の帰りにいただいたお気持ちも!!
b0168041_1130368.jpg
b0168041_11301355.jpg
ご参加の皆さん、そして事務局の方々、そしてこちらのGIFTをいただいた‘だいこくや食品’さん・・・
ホントにあたたかいご縁をありがとうございましたm(__)m また瓦の島 淡路島へとお越しくださいね~!!

return gift ・・・お返しにいただいたタカラモノたち☆ 自身、また頑張るエネルギーとなりそうです^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-19 11:39 | 瓦人 | Comments(0)

re-itonami patchwork

b0168041_1248412.jpg
自然と共にある人々の営みの結果として創りあげられた素敵なパッチワーク。
先日久しぶりにこの高台から景を望みましたが、変わらず逞しい営みの姿が描かれているのが嬉しかったです^^
b0168041_12512412.jpg
以前にも書きましたが、机上にある血の通わない図面ではなく、土質、地形、方位方角、気象条件・・・etc. その複合的な要素をすべて包含したうえで成り立つ自然との共生の姿(図面)は、さらに人の仕事ゆえの不完全さ、不揃いさもあって、人間臭さを感じられるとても美しい風景です。
モノとコト・・・これからはそのすべてに、やはり‘ストーリー’が大切ですね。

季節によってその色彩も模様も変化するツギハギ景・・・この原風景に似合うのはやはり和瓦屋根の建築。
そんなことを改めて-reconfirm- ・・・ 再確認する真冬の淡路島^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-18 13:01 | 瓦人 | Comments(0)

天日干しの美味しそうなmonokawara ^^

b0168041_12233337.jpg
けひの海さんにホテルアナガさんに・・・南あわじの魅力的なホテルからご依頼は続きます!!
天日に干されて美味しそうですけど、チョコレートではないですよ~^^
monokawara箸瓦- ・・・大人気の、お馴染み瓦の箸置きです!!
つくる時間をなかなかとれず、大変お待たせしておりますm(__)m
しっかりといぶし銀に焼き上げてお届けしますね~。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-16 12:32 | 瓦人 | Comments(0)

tsuchi-washbowl -阿波の家-

円坐を遊んだ阿波の家・・・トイレももちろん瓦で遊びます^^
b0168041_13151828.jpg
小ぶりな30cm径仕上げ・・・釉薬を施さない瓦の洗面ボールは、屋根と同じく流水をぴちゃぴちゃと周囲に弾き散らすことなく、しっとり優しくと受け流します。瓦本来のパフォーマンスを発揮する素晴らしいmonokawaraなんです^^
b0168041_13182651.jpg
D.I.Y ・・・ ご家族によるワークショップで仕上げられた自然な仕上げの壁とも相まって、アンティークでお洒落なプライベート空間が完成していました。
b0168041_1320537.jpg
時の経過、住人の暮らしとともに、風合いを増していく土から生まれた瓦。
日本人の生活シーンに、より身近にとけ込んでいくべき土-tsuchi-の魅力・・・瓦は素敵だと思います^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-14 13:24 | 瓦人 | Comments(0)

これが実際に蚊の大群ならゾッとするかも(^^ゞ

b0168041_15395726.jpg
今年も土坐の物語が始まりました^^
午後からの体験風景・・・真剣なご夫婦の姿があります!!
b0168041_15522726.jpg
キレイに施した下絵・・・ここから一気に職人モードでした^^
ご主人がサッと仕上げた銀杏紋に蚊絣紋と、奥さん渾身の算木崩し!!
b0168041_15594137.jpg
蚊絣(かがすり)
絣柄(かすりがら)の一種で、蚊が群がって飛ぶように見える、細かい十字模様のかすり。
算木崩し(さんぎくずし)
「算木」とは和算や易占に計算道具として用いる細長い木の棒。
着物の帯地の織柄や小紋の文様などに用いられる。

規則正しい配列が風流な蚊絣紋様・・・これが実際に蚊の大群ならゾッとするかも!!
って感想がとても印象的でした(^^ゞ
昔の人の感受性は素晴らしいものです・・・自然のモノとコトを美しい紋様に仕上げるセンス!!
これには、モノと情報に溢れ過ぎた現代人では到底敵わないものがあります。
先人の感性・・・今のモノとコト創りに活かさないといけませんね。

午前中のお客様の作品もそう・・・体験はじめの本日も、どれも素敵な仕上がりとなりました。
焼き上がりが楽しみですね。どうぞお楽しみになさってくださいね~(^.^)/~~~
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-12 16:15 | 瓦人 | Comments(0)

土と瓦いっぱいの空間は心地良かったです^^

b0168041_13504298.jpg
阿波の家(←瓦葺き完成後の建物全景)・・・円坐-maruza-の土間左官仕事も完成しました。
b0168041_13552791.jpg
b0168041_1355373.jpg
あたたかい土の感触が、訪れる人を安らぎの空気感で包みこみます。
b0168041_1444112.jpg
吹き抜けが開放的な玄関ホールなんですが、土壁のナチュラルな質感と、円坐のポップなデザイン性がバランス良く調和して、現代感性に見合う和空間を演出しています。
b0168041_14412056.jpg
まだ小さなお子さんが、靴を履かずに走り回る姿がとっても印象的でした^^
ご用意くださったお茶菓子・・・まるでお洒落なカフェにお邪魔しているようでした^^
b0168041_14433041.jpg
素敵な家づくりに、瓦屋根も含めて関わらせていただきホントにありがとうございました。
素材感いっぱいの家・・・これからの暮らしによる経年美化が楽しみですね☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-11 14:47 | 瓦人 | Comments(0)

in a rising way ・・・

b0168041_1930786.jpg
今朝、鳴門の海岸にて・・・引き波がつくる滑らかな砂浜キャンパスにもう一つの空。
b0168041_19321988.jpg
数分の寄り道は、真冬の日の出が持つ確かな温もりを教えてくれ、また振り向く景色にしっかりと残された、これまで自分の歩んできた道と、これから歩むべき道の存在を見事に浮き彫りにしてくれました^^
b0168041_19411585.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-10 19:43 | 瓦人 | Comments(0)

-honorable decision-

b0168041_15592893.jpg
ここ瓦の町において、幾星霜を経て役目を終えた立派な日本建築が今日から解体されます。
海と空を見晴らす風光明媚な高台に建つ家・・・もちろん瓦葺きで現代的な意匠建築で新しく建て替えられます。
b0168041_1631963.jpg
瓦の町にあるかけがえのない景・・・瓦のある建築で新たに継承されるのは大切なことです。
景の継承は風土と文化の継承でもあり、瓦屋根を選ぶということはそれらを守る尊敬すべき決断です。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-01-08 16:17 | 瓦人 | Comments(0)