<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

interchangeability -互換性-

梅雨の晴れ間・・・早朝より香川へ出張でした(^^ゞ
以前香川で見かけた瓦の互換性・・・
b0168041_19372382.jpg
b0168041_19373657.jpg
きれいないぶし銀は新しく差し替えられたものです。
自然の摂理に適い、なるべくしてなった普遍・不変のデザインというものは、こうして数十年、数百年経とうが、今なお続く普遍的カタチとしての和瓦でメンテナンスできる。
これが本当のエコである。
変わるべきモノと、変えぬべきモノ・・・取捨選択には広く深い思考が必要ですね^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-30 19:39 | 瓦人 | Comments(0)

瓦・・・風景に映える仕事

b0168041_1645031.jpg
岸和田市と和泉市の境・・・
泉州らしい豪快な瓦屋根の民家が連なる町並みを見下ろす高台にある本堂の塀工事が進められています。
b0168041_1664510.jpg
全長50m超・・・龍の背のように躍動的にうねります(^^ゞ
鬼瓦の仕様打合せでお邪魔しましたが、両面を万十軒で、棟は厚のしに青海のし数段を挟み6~7段積みの予定です。
瓦葺きの塀・・・風景に映える仕事は、やはり遣り甲斐あります(*^_^*)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-27 16:11 | 瓦人 | Comments(0)

家族みんなの縁*円坐^^

今日、土坐に描かれた微笑ましい家族物語です・・・^^
b0168041_16304895.jpg
b0168041_1631026.jpg
芝生が張られたキレイなお庭に、家族の手形入りの円坐-maruza-が施工されます。
今回は、ご家族の一員でもあるワンちゃんの分も・・・エサに意識を向かせながらの悪戦苦闘です^^
b0168041_16342142.jpg
出来上がった瓦粘土にみんなのイニシャルと日付を刻印し・・・完成です!!
b0168041_16355134.jpg
b0168041_1636070.jpg
円坐(maruza)-bubble-」 ・・・瓦の円形タイル
concept- 瓦の可能性・・・その無限の広がりを象徴する、まるで増殖する泡のような瓦タイル
瓦のま~るい円が、ご家族の末永い変わらぬ縁へと繋がればいいですね(*^_^*)
今回もご提案いただいた津村さん、ありがとうございました~!!
b0168041_16424367.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-25 16:45 | 瓦人 | Comments(2)

変わらぬ風物詩・・・

うどんの国の風物詩・・・まるで秋の収穫期を思わせる、今日も讃岐に煌めく小麦畑でした^^
b0168041_18252365.jpg
その地域にしかない、その地域らしい、変わらぬ風物詩がここにあります。
そんな風景を見晴らす里山に佇む小さな本堂・・・先日打合せにも同席させていただきましたが、
こちらの屋根の葺き替え工事が近いうちに予定されています。
b0168041_1844156.jpg
b0168041_184426100.jpg
70年近くこの原風景を維持してきたのであれば、葺き替え後もまた継承してほしい・・・。
変わらずこの美しく懐かしい風景画を未来に残していきたい・・・。
そんな想いで、着工前の景を写真として記録に残してきました。
こうして、たかが一軒であれど、されど一軒の建築に宿るストーリーに想いを馳せると、瓦作りにも気合いが入ります^^
それがモノ作りに携わる者が本来持つべき醍醐味です^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-24 18:50 | 瓦人 | Comments(0)

価値を売る人、買う人・・・

-明石市大久保の家-
瓦屋根葺き替え工事の現場確認にお邪魔しました。
b0168041_2018128.jpg
こちらの立派な母屋を囲む離れや蔵を含め、一軒の御宅で見事な景観を形成されている物件です!!
b0168041_20184580.jpg
屋根工事のあと内部総リフォーム工事を担当する予定らしい大手ハウスメーカー「〇〇そっくりさん」の営業が、こちらの屋根部分の見積りの際、この敷地内屋根仕様の調和と継承をまったく無視した提案をされたそう・・・^^;
営業→「降り棟も撤去し、海津鬼仕様にして、すっきり安く仕上げましょう。
施主→「和瓦のこと分かっとるんか?話にならん・・・もうお前んとこは屋根工事には関わるな!!
全国で最もたくさんの家を売っている各大手メーカーの方々がこの体たらくでは、
さすが景観も含め、こと建築に関わる日本の文化的価値が損なわれてくるはずです。
素材も含め、本物のモノとコトを伝え残していくことの大切さにもっと気付いてほしいな~(^^ゞ
価値を勧めないのは、うしろめたさの裏返し・・・堂々価値を提供する気概を今!!
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-23 20:27 | 瓦人 | Comments(0)

続 火入れ式・・・^^

焼き上がりました・・・先日の火入れ式にて、家作りに込められた想いの一文字『集』の瓦!!
b0168041_18323835.jpg
b0168041_18324672.jpg
昨日確認にお邪魔した現場の進捗も、屋根部分はもう間もなくゴーサインです^^
b0168041_18345544.jpg
b0168041_1835514.jpg
主要構造部を残してのダイナミックなリフォーム・・・ほぼ新築です^^
素晴らしい建築に瓦を採用していただいて本当にありがとうございました。
木と土の建築による100年の計と景の完成・・・素敵なストーリーです^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-16 18:39 | 瓦人 | Comments(0)

幾星霜・・・

今日、出張ついでに讃岐の山寺へと現場調査に・・・。
b0168041_18382742.jpg
b0168041_18383656.jpg
100年を悠に越す、幾星霜を経て草臥れた本堂の姿がありました。
朽ち落ちた箕甲、垂れさがる向拝・・・もう立っているのが限界の状態です。
b0168041_18444398.jpg
b0168041_18445748.jpg
水板(棟の飾り瓦の一種で、波と鯉の立体細工部分)を再焼成・再使用できるかどうかの調査が訪問の目的。
既存の古瓦は意味深い鎬(しのぎ)の左桟瓦・・・ストーリーがいっぱいです^^
b0168041_1848422.jpg
本堂以外の庫裡へと続く建物も含めて、すべて解体を前提としての新築工事の見積りです。
いろんなことに敬意を込めて、積算に臨みたいと思います^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-15 18:51 | 瓦人 | Comments(0)

detail of a scenery

今朝は久々にトラック野郎に・・・夏空のもと現場へと瓦を運んできました^^
b0168041_1793478.jpg
地元、南あわじ市の漁師町 丸山地区にある、風情ある田舎景を構成するディテールとしての古建築。
海を見晴らし、穏やかな波の煌めきがまるで丘まで連続するかように和瓦の流麗な屋並みが土地を駆けのぼる景。
大小関わりなく、この景を構成するディテールとしての個々の建築は、やはり和瓦でリノベーションされるべきで・・・。
それが秩序となり、アイデンティティーとなり、郷土愛へと繋がり、かけがえのない文化的財産となる。
こちらも先日の淡路島地震により被害を受けての工事です。
復旧するならば、そんなことを思いながら、こうして当たり前のように和瓦で景を未来に繋げてほしいです^^
なんせこの視界の下には、こんなにも美しい海景が広がっていますから^^
b0168041_17113944.jpg
あまりの透明感に惹かれて、帰りに思わずトラックを停めました^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-13 17:14 | 瓦人 | Comments(1)

先人の感性へのリスペクト^^

連休明けの昨日はさすがに電話がよくなりました~。夕方、iPhoneの電池もほぼゼロに(~_~)
そんな中、ギャラリー土坐では夕方遅くまで土と向き合われるシーンが・・・
b0168041_8331799.jpg
高句麗の瓦当紋様をモチーフに、土を彫り彫り!!
b0168041_8335691.jpg
b0168041_8341257.jpg
女子らしく、とっても優しい蓮弁の仕上がりとなりました^^
「昔の人のつくったデザインって素晴らしいですよね!」
そんな紀元前後までにも遡る高句麗時代の人の感受性と美意識の高さに想いを馳せ・・・。
お客さんたちと、歴史や文化やストーリーの大切さなんかを大いに語り合えました^^
「私達、将来家を建てる機会があれば、もう和瓦にするしかないでしょ!!」そんな言葉が嬉しかったです^^
さてさて、頑張って焼かせていただきます。どうぞお楽しみに~^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-08 08:35 | 瓦人 | Comments(0)

tsuchi art work -marimekko×草間彌生-

am6:30・・・今朝もいつものように早朝から弟(元さすらいのトラック野郎 ※現さすらえないトラック野郎(笑))による工場始動に合わせて瓦作りを突っ走りかけたのですが、さすがGW・・・9:00のギャラリーオープンと同時にご予約いただいていた体験瓦坐作りのお客様に始まり、午後からも体験も含めてお客様が続き、結局仕事にならずに、土坐で‘瓦の未来創り’を頑張りました^^
b0168041_1741212.jpg
こちらは、仲良くお二人で同じ‘算木崩し’紋様を、丸と四角で!!
b0168041_1771497.jpg
算木崩し(さんぎくずし)
「算木」とは和算や易占に計算道具として用いる細長い木の棒。
着物の帯地の織柄や小紋の文様などに用いられる。
これがシンプルに見えて、実は難しい・・・でも、板チョコのようで、ホッコリあたたかみのある仕上がりに^^

こちらの仲良し母娘さんは、これがまたとっても素晴らしいオリジナルアートワークを頑張りました!!
b0168041_178345.jpg
ご希望されたのは、marimekkoデザインと、草間彌生のかぼちゃ!!
b0168041_1711588.jpg
これがまたお二人共々ご自身の感性と世界観で取り組まれて、素晴らしい仕上がりに!!
「こんなに上手く出来るなんて思ってなかったです!!」 「次は、なに作りに来よっかな~^^」
そんなご感想がとっても嬉しかったです^^
それにしても焼くのがプレッシャーですね~(汗)
プロセスにすべて立ち会っているので、こちらまで思い入れをシェアしてしまってますから・・・(^^ゞ
皆さん、焼き上がりをどうぞ楽しみになさってくださいね~。
限られたオープン状況にも関わらず、お越しいただき本当にありがとうございます。
明日も体験のご予約が・・・工場しながら頑張ります!!
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-05-01 17:19 | 瓦人 | Comments(0)