<   2013年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ガチンコ女子会~土との格闘~(^^ゞ

8月最後の日・・・今日はホントに『ガチンコ女子会』な一日でした(^^ゞ
こんなに真摯に土と向き合い、また楽しんでいただければ瓦師として本望です!!
b0168041_18262666.jpg
b0168041_18263512.jpg
b0168041_18264577.jpg
b0168041_18265461.jpg
b0168041_1827256.jpg
たまたますべてレギュラーの瓦坐と同じデザインへのチャレンジでしたが、皆さんどのグループもホントに力作揃い・・・(^^ゞ
ご指導させていただくこちらまで、息が詰まりそうになるほどの真剣モード(笑)
真剣ゆえ、ハラハラあり~の、ため息あり~の・・・ホントに楽しい時間を皆さんと共有出来ました^^
どれも焼き上がりが楽しみですね~。
皆さん大変お疲れ様でした・・・お届けできる日まで、どうぞ楽しみにお待ちくださいね~^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-31 18:32 | 瓦人 | Comments(0)

お客様の声^^

今日の瓦作りは暑かった~(~o~)
今年の夏場の猛暑時よりも、なぜか温度が高かった工場です!!何キロ痩せたかな~(^^ゞ
さぁ~、そんな悲壮感を吹き飛ばすようなお客様からのメールが!!
以前、体験コースター作りにお越しいただいた方からのメールですが、とってもあたたかい内容で・・・またちょっと面白いアイデアも教えて頂いたのでご紹介しますね~。
b0168041_15311314.jpg
その節はとても楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。
瓦のコースターは驚く程使い心地が快適で、テーブルの上に出していてもカッコイイのでず~っと出しっぱです(^▽^)

で、その時ギャラリーで古代紋様のマグネットもお求めいただいたのですが、こちらはとっても洒落た使い方を^^
イタリア料理に木型で作るコルツェッティという型押しパスタがあるそうですが、木型は恐ろしく高価なので作れずにいたところ、ギャラリーでマグネットを見つけられた時に、これはイケルかも!!ってことでお求めになられました。
で、実際にパスタを作られたときの写真をいただきました^^
b0168041_15364068.jpg
b0168041_15365170.jpg
生地を捏ねてパスタマシンで伸ばし、型で抜いたあと瓦マグネットで挟んで型押し!!
しっかり模様が付きました!!も~劇的にカワイイです♪ 日本の伝統模様がイタリア柄に(^−^)
b0168041_1540276.jpg
明石海峡繋がりで・・・「タコのラグー」に仕上げられました!!
茹でても模様が消えないので、ソースがよく絡んだそうですよ~^^
普段のごはんにも、旅の思い出や時間が蘇り会話も弾みます。ギャラリー土坐さんを訪ねて良かったです!
またぜひ伺わせていただきたいと思います。ありがとうございました~。

ホントに涙が出るほど嬉しいお言葉をいただきました・・・Fさんホントにありがとうございます。
あれ?今日の疲れもすっかりと忘れました・・・(^^ゞ なんだか明日も頑張れそうです!!
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-30 15:47 | 瓦人 | Comments(0)

古鬼瓦再焼成・・・絶対普遍の土のチカラ

屋根葺き替え工事にともない降ろされた古鬼瓦(装飾瓦)が、再焼成して再び屋根へと施工されます。
b0168041_1237140.jpg
慎重に窯詰めされた古瓦も、本日窯出しにて無事に焼き上がりました。
いぶし瓦は、その字のごとく窯の中にて焼成後に燻されます。
そのため瓦表面は薄っすらと煤に覆われ、そのいぶし銀に煌めく美肌を謙虚に隠します。
b0168041_1240253.jpg
刷毛で煤を払うと・・・経年変化で黒く褪色した古瓦の肌も、見違えるように綺麗に燻されています。
b0168041_1242594.jpg
b0168041_12421519.jpg
活き活きと蘇ったように、命・・・吹きこまれました^^
b0168041_1243977.jpg
b0168041_12431833.jpg
b0168041_12433046.jpg
四大元素である土のチカラ・・・焼こうが、煮ようが、砕こうが、絶対普遍の存在として生き続けます。
何十年、何百年と屋根を守り、またこうして新たに息吹きを取り戻し、再び末永く暮らしを守り、景観を守り、文化を守り続けます。
瓦の魅力は尽きることなく・・・そんな素材で、いま一度住まいを包んでみませんか^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-29 12:52 | 瓦人 | Comments(0)

Vorsprung durch Technik -Audi-

先日焼き上がったばかりのお客様の作例から・・・お好きなんでしょうね、アウディー^^
b0168041_16112261.jpg
5枚の粘土を用意し、それをお預けして、ご自分なりに彫られました!!
とても丁寧に取り組まれたことが感じられる、素晴らしい力作ですね^^
皆さんも、自分だけの‘宝物’・・・作ってみませんか?
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-28 16:15 | 瓦人 | Comments(0)

親子でワンピース~^^

今日は平日ですが、まだまだ夏休み・・・ご予約いただいてた皆さんが土と向き合われます^^
b0168041_1453484.jpg
b0168041_14531452.jpg
b0168041_14532236.jpg
親子で、またはじーちゃんばーちゃんも!!和気あいあいでの体験です^^
やっぱりワンピースは人気なんですね~☆
けっきょく最後は大人の方が真剣になられて・・・(^^ゞ どれも力作に仕上がりました!!
b0168041_14542199.jpg
夏休み最後の思い出になったならば幸いです。
記憶にも記録にも残る焼き上がった瓦コースターを、どうぞお楽しみに~^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-27 16:41 | 瓦人 | Comments(0)

Happy Wedding!!瓦で幸せのお手伝い^^

b0168041_16552910.jpg
9月に予定されている幸せな舞台で、「kawaraぬ愛」を誓っていただきます^^
またご依頼いただきました・・・ウェディングの引き出物の一つとしての瓦の箸置きです。
b0168041_16582100.jpg
ということで、瓦と台紙印刷とフィルムの用意も整い、さてさて〆のリボンです(^^ゞ
こんな2種類のリボン材を用意して、くるっと巻き付け針金を切ると・・・
b0168041_1722680.jpg
b0168041_1723398.jpg
b0168041_1724380.jpg
コラボレーションすることで、体裁よく仕上がりました~☆
この度のご依頼は、このラッピングを88セット!! あ、とても末広がりでイイ数字ですね~^^
終日瓦作りをしたカラダにとっては、手先を震わせながらの内職ですが・・・(笑)
最近の瓦師は、こんなことも出来ないといけません(^^ゞ
渡すお二人、そして貰う人々・・・幸せの場にてきっと描かれるであろう、ほのぼのとした皆さんの笑顔を想像しながら、1セットずつラッピングしていきます。
これがなかなか数日かかりそうですが・・・ここにまた一つ、瓦で幸せのお手伝いが出来そうです^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-26 17:12 | 瓦人 | Comments(0)

monokawara-箸瓦-

ご依頼から大変お待ちいただいておりましたが、ようやく時間を見つけて仕込んでます・・・(^^ゞ
monokawara-箸瓦- 手びねりのみでカタチは不揃いに^^
b0168041_8253044.jpg
側面はあえて土の風貌を残してオーガニックな仕上げで・・・美味しそうです^^
b0168041_8291462.jpg
b0168041_8292496.jpg
瓦の窯の隙間に入れて一緒に焼き上げます!!
ホテルでのテーブルシーンに、さり気なく土の存在感を示す朴訥なコイツ等に気付いてやってくださいね~^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-24 08:33 | 瓦人 | Comments(0)

土との格闘開始です(^^ゞ

b0168041_11202696.jpg
盆明け一発目は、地割り調整瓦からプレススタート!!
猛暑で出荷もスローペースのこの時期に、在庫がひっ迫していたこの判をやっと製造です^^
葺き替え工事が主体となりつつある昨今・・・古い屋根は今の規格判の瓦寸法だけでは合わない場合が多く、こんな五分(約15mm)や一寸(約30mm)利き幅の狭い瓦が重宝されます^^
幅が狭いだけあって、雨の流れが多くなると、和瓦性能のキャパも限界になるので、縁取りの水返しや釘孔の台座はシャッキリ・クッキリと高く設けてあります。
b0168041_11212132.jpg
b0168041_11284068.jpg
それにしてもまだまだ暑いですね~(~o~)
そうも言ってられず、さ~て後半戦も土との格闘がまた始まりました!!
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-23 11:32 | 瓦人 | Comments(0)

続 火入れ式・・・香川県 大行寺 様

b0168041_9485685.jpg
皆さんで想いを込めた7月の火入れ式・・・讃岐のお寺屋根葺き替え工事が猛暑に負けず進んでいます。
b0168041_949848.jpg
元屋根にできるだけ近い仕様に、プラスアルファなアレンジを加え、立つのも精一杯な急勾配の屋根にまるで這いつくばるように、酷暑のもと職人さんたちが瓦と向き合っています。
b0168041_95483.jpg
昨日最終の打ち合わせにお邪魔し、鬼瓦等に込められる紋には、このたび住職様が書でしたためられた『大』『行』『寺』の三文字をそのままの筆跡で表現する予定です。
当たり前のように、とても穏やかに、そしてあるべき自然なカタチで、里山景が継承されつつあります。
まつわるストーリーすべて含めて、瓦というものの魅力の醍醐味であります^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-22 10:11 | 瓦人 | Comments(0)

徳島城址 徳島中央公園 -鷲の門-

徳島市の中心部に、悠に20万㎡を誇る敷地を残す徳島城址・・・徳島中央公園。
敷地内をうねるように延々とのびる塀の部分改修にともなう瓦を、もう10年以上前からその一部改修の都度納品させていただいています。
b0168041_17133340.jpg
b0168041_1713438.jpg
b0168041_17135243.jpg
b0168041_171424.jpg
その古今・新旧が織り交ざる様もどこか微笑ましく、少しずつ朽ちた棟部がいぶし銀に生まれ変わっています。
歴史ある素材は、こうして時の変遷に関わらず、普遍のカタチをもって、文化的価値のある建築を未来へと維持・継承できます。
これこそ瓦の本質的な価値の一つです。
今日お邪魔したのは徳島城の城門であった『鷲の門』
・・・昭和20年の徳島大空襲によって焼失したが、平成元年徳島市制100周年を記念して復元されました。
b0168041_17222872.jpg
b0168041_17224323.jpg
重厚であれど流麗・・・まるで鷲が羽を広げたように見事な姿です。
旧 鷲の門・・・月見櫓が健在なことから徳島城解体 (1875) 前とわかる。
b0168041_17271210.jpg
都市化が進もうが、こうして歴史の証人として威風堂々建ち続ける姿は見事です。
今回、工事関係車両がこの門のケラバの角を一部破損させてしまったための修繕依頼による瓦の確認にお邪魔しました。
b0168041_17292591.jpg
b0168041_17293534.jpg
いつまでも徳島のシンボルとして続かしめるため、尽力させていただきます^^
歴史や文化、そしてその証人である価値ある建築がある限り、瓦は力強く存在し続けます。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2013-08-19 17:33 | 瓦人 | Comments(0)