<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ふんぬ~!!(~o~)

腕相撲チャンピオンの施主様が近々家を新築されます。
もちろん、チャンピオンが暮らす予定の家はいぶし銀の瓦屋根。
新築祝いの贈り物にと完成したのは、腕相撲子鬼!!
こんな粋なプレゼント・・・いかがですか^^
b0168041_1652778.jpg
b0168041_1654375.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-23 16:06 | 瓦人 | Comments(0)

icon×kawara

岸和田市内の小学校体育館新築工事・・・岸和田城を囲むこの風致地区周辺では、やはり瓦屋根が必須となります。
その地のアイコン的建築は、文化やストーリー性において説得力のある造りであることが大事だと思います。
なによりも時代を跨いで永く残る建物ですから・・・悠々と時代を跨ぐ素材であるべきですね。
b0168041_1913946.jpg
b0168041_1914950.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-21 19:02 | 瓦人 | Comments(0)

tsuchi-washbowl -岐阜の家-

w:350mm×h:140mm ・・・瓦の手洗いボールが焼けました^^
底部外径も310mmと、ほぼ円柱型に近いデザイン・・・すべて設計指定通りの手作りです。
土から生まれたmonokawaraは、木の家とともに時の経過で風合いを増していきます。
暮らしにささやかな豊かさとかけがえのない物語を・・・瓦は素敵です^^
b0168041_1547237.jpg
b0168041_1547342.jpg
b0168041_15474229.jpg
b0168041_15475211.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-16 15:48 | 瓦人 | Comments(0)

先人の知恵・・・

阿波の家・・・
屋根面積90坪を超える大きな物件・・・軒の出寸法も1メートルあります!!
軒と破風の出寸法が深い物件は、シルエットと陰影がとてもかっこいいです。
これが先人の知恵・・・日射と通気をノンエネルギーでコントロールして室内環境を快適に保ちます。
電気もガスもない時代に培われた技術こそ、その土地の気候や風土にマッチする最上のものだと思います。
青い空と緑豊かな風景、そこに必然としてあり続ける日本建築・・・かけがえのない価値ですね^^
b0168041_181778.jpg
b0168041_1811963.jpg
b0168041_1812788.jpg
b0168041_18137100.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-13 18:02 | 瓦人 | Comments(0)

男前女子会!!(^^ゞ

土曜日の土坐では、外の暑さを上回るほどの熱い戦いが展開しています(~o~)
皆さんホントにお綺麗な方ばかりですが、ホントに心意気は男前なんです!!
女性らしくみんな花紋様で・・・オリジナルの向日葵も例えばこんな風に下絵づくりから始まります。
そ~れ、スタート!と始まった土遊びも、やっぱり結局3時間超のガチンコ手仕事・・・。
おかげでみんな素晴らしい仕上がりとなりました☆
ホントにお疲れ様でした!
長時間頑張った時間とともに、手仕事に込めた皆さんの想いも完全に共有してしまってますんで、あとは歪まないように、割れないように、しっかりと焼きあげたいと思います^^
出来上がりをどうぞお楽しみに~!!
b0168041_18161992.jpg
b0168041_18162938.jpg
b0168041_18163777.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-11 18:18 | 瓦人 | Comments(0)

霊験あらたかなる場に必然としてある瓦屋根・・・

雨の現場確認・・・天然記念物指定 樹齢800年の大クスに包まれた由緒ある神社。
時代を越えて風雪に耐えてきた瓦のもつ風合いも相まって、厳かさと大らかさを併せ持つ清廉な空気感が心地良く感じます。
拝殿の軒は石持淀屋万十、掛瓦も同じく石持淀屋、紋入りの経ノ巻から続く棟は、青海波×井筒の組棟。
本殿へと続く門は、石持巴の八十判本葺き仕様。
周囲を厳格に囲む塀には、八十判の一文字仕様。
すべての素材が必然としてそこにあり、成るべくして霊験あらたかなる世界観をつくります。
自然と背筋が伸び、ココロ洗われる感覚をおぼえる日本人の精神性が美しいですね。
b0168041_1874587.jpg
b0168041_1875855.jpg
b0168041_188878.jpg
b0168041_1881846.jpg
b0168041_1882864.jpg
b0168041_188398.jpg
b0168041_18103529.jpg
b0168041_18104553.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-10 18:13 | 瓦人 | Comments(0)

円坐-maruza-で描く物語・・・

香川県観音寺市「Gallery Komachi-An (仮称)」新築工事
壁の掻き落としとともに、土間の一部「円坐-maruza-」の施工も完成しました。
b0168041_18405810.jpg
sea glass・・・偶然見つけた、子供たちにとっては小さくとも宝物のような存在。
価値なきものに価値を見出し、砂浜を夢中になって探しては大切に集めていた、誰しもに残る幼少の頃の記憶。
いぶし銀×テラコッタのバリエーションの中に、シーグラスのように煌めくブルーの円坐が、まるでそんな奥底の記憶を呼び覚ますかのように微笑ましく点在します。
ストーリーの込められた仕事には魅力がほとばしります。
残りのスペースにも、瓦土ベースの土間が続き完成となります。
有機的でいて繊細で、物語がいっぱい詰まった土と瓦の空間づくり・・・いよいよ大詰めです^^
b0168041_18411376.jpg
b0168041_18412486.jpg
b0168041_18413445.jpg
b0168041_18414086.jpg
b0168041_1841471.jpg
b0168041_18415776.jpg
b0168041_1842221.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-09 18:42 | 瓦人 | Comments(0)

モノを大切にするということ・・・

和歌山の社寺葺き替え工事・・・粋な紋様があしらわれた九寸唐草の再焼成です。
地域性とその土地の歴史やストーリーの込められた瓦・・・まだ使えるものは焼き直して再使用したいんです。
改めてしっかり火を入れ、強くキレイないぶし銀となって、また幾時代を越えて建物と風景を守ります。
『Reduce、Reuse、Recycle』土は絶対普遍・・・建築における究極のエコがそこにあります。
目先の予算を減らすためなどといった次元の仕事ではありません。
モノを大切にする・・・本来、日本人の精神性に適うごく自然な真理です^^
b0168041_15335918.jpg
b0168041_15354977.jpg
b0168041_15355842.jpg
b0168041_1536938.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-08 15:38 | 瓦人 | Comments(0)

大人女子会!!

それにしても大雨ですね~~~(~o~)
観光立島 淡路島では、マリンスポーツやアウトドアレジャーが無理な日は、瓦工場での体験瓦コースター作りがトレンドです^^
今日も工場での瓦作りを終えてからの~、午後からお迎えしました「大人女子会」の皆様!!
あまりのガチンコ“無言ぶり”に、フォローでいっぱい話しかけて場を和ませる瓦師がいました(^^ゞ
そんな大人の真剣土遊びは、やっぱり大人の本気手仕事!!
二種の桜に紅葉に銀杏・・・どれも素晴らしい仕上がりとなりました^^
焼き上がりが楽しみですね。アメニモマケズ・・・ありがとうございました~!!
b0168041_16543478.jpg
b0168041_16544345.jpg


そらみどうさんから夏の恒例イベントのご案内です!!
オープン9周年を迎える今年のテーマは『 ひまわり 』
b0168041_16541214.jpg
『 ひまわり 』
暑さにくじけそうな夏の日の昼下がり
窓の外に目を移せば 風にゆれる青々とした緑
水しぶきに浮かぶちいさな虹
見上げれば真っ青な空に入道雲
その下に広がるのは
イキイキと太陽を追いかける向日葵たち


厳しい太陽の暑さにも負けず、太陽を追いかける鮮やかな黄色い向日葵。
日々を楽しく、そして少しでも涼しく心地よく共に過ごす、
自分だけのお気に入りのてづくりのモノ。
暑い夏の日々に寄り添う『 ひまわり 』をイメージして作られた作品がそらみどうに集合いたします!!

日程*7月18日(土)~8月16日(日)まで23日間(月・火曜日はお休みです)
  ※7月20日(月)の海の日は営業いたします
そらみどう1階にて open 10:00~19:00
暑い夏の日に、ひまわり風味の作品たちから元気をもらいに行ってみてください^^
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-07 16:55 | 瓦人 | Comments(0)

職人の美意識・・・

屋根工事が完成した神社新築工事・・・6寸葺き足の連続で魅せる流麗美は見事でした。
地域の伝統・意匠・機能美・文化・物語…etc. 職人の美意識がそれらを未来に繋ぎます。
価値を捨て、失うことはたやすくとも、守り繋ぐためには大変な努力が必要です。
日本人の精神性とともに・・・取り戻すべきことって多いですよね^^
※山田さ~ん、秘密兵器の写真お借りしました~!!すみません(笑)
b0168041_1854492.jpg
b0168041_18541228.jpg
b0168041_18542040.jpg
b0168041_18542873.jpg
b0168041_18543672.jpg
b0168041_18544249.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-07-06 18:55 | 瓦人 | Comments(2)