「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

SUNTORY × 瓦坐-kawaraza-

-SUNTORY Goods Bar × 瓦坐-
グラスの結露をスーッと吸収、機能と意匠にすぐれたコースターの誕生です。
耐久性や意匠性に優れることから、社寺や住居などの屋根に葺かれ、日本建築を象徴してきた「いぶし瓦」。
大地の恵み「土」から生まれた瓦には、厳かなまでの風格と自在に形を変える柔軟さが備わっています。
瓦の産地として有名な歴史をもつ兵庫県淡路島で、伝統技術に次代の感性を吹き込み、新しいスタイルを追求してきた『大栄窯業』が開発した「いぶし瓦」コースター「瓦坐」。
グラスが置かれる部分を、古瓦の風合いで焼くことで、高い吸水性を実現しています。
繊細な彫刻を施したGoods Bar × 瓦坐 コースターは、ゆったりと過ごす家飲み時間に最適。
個性的な贈りものとしてもおすすめの逸品です。

サントリーGoods Bar → 
Goods Bar × 瓦坐 オリジナル瓦コースター → 
*デザイナーの TAKEO KIKUCHI やバカラとの、ハイクラスなコラボレーショングッズと肩を並べる瓦の台頭です。
伝統ある瓦づくり・・・その素材と技術が持つ揺るぎないポテンシャルがあればこその素晴らしいプロジェクトだと自負します。
ぜひ国内外を問わず、多くの人々に瓦というモノとコトに触れていただければ幸いです。
瓦の未来創りは次のステージへと昇ります^^
b0168041_14143319.jpg
b0168041_14144764.jpg
b0168041_14145989.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-11-28 14:16 | 瓦人 | Comments(0)

アメニモマケズ・・・景観考

川端康成に「京都らしさが失われてしまわないうちに、是非京都を描いて欲しい」と勧められて、東山魁夷画伯が描いた「年暮る」。
昔とはいえ、ほんの50年ほど前の風景。
同じ場所から見晴らす今現在の街並みの変わりようたるや、この半世紀の間にここ日本で一体何が起こったのかと思うほど残念なものです。
異国の文化も積極的に吸収し、消化し、真似び(学び)、応用し、変化・進化・深化させ、見事な文明・経済発展を遂げてきた日本。
しかしその道程で、とても大切なモノとコトを忘れ、失ってきたようだ。
数値的価値で管理できるもののみを是とし、画一的で一元的なマニュアル化を推進してきたつけが例えばこの風景の荒廃だ。
あらゆる面における民度の高さは、まぎれもなく世界に誇れるものだと自負しますが、こと建築や景観文化に関しては、例えば秩序ある美しい街並みの多いヨーロッパと比して、まったくもって未成熟で劣っている。
50年、いやもっとかかってでも、また取り戻さないといけない価値。
その時、必然として屋根に瓦が並んでいれば…そう思いつつ、明日も一枚一枚の瓦づくりに汗を流そう。そしてそれらが織りなす美しい風景を創っていこう。
b0168041_17443996.jpg
b0168041_17444569.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-11-23 17:45 | 瓦人 | Comments(0)

monokawara ~はじめの一歩~

寒い冬のはじまりにココロぬくもる手仕事を・・・人気の誕生記念足型瓦~はじめの一歩~
‘ぎゅっ’とするおかげで出来る足裏いっぱいの皺は、将来の‘元気’を秘めてて微笑ましい^^
7cmちょっとの小さな小さな足は、これから未来へと続く道を力強く踏みしめていきます。
一生の思い出に、子に対する親の変わら(瓦)ぬ想いをのせて、カタチとして永遠に残る素敵なmonokawara。
はじめの一歩・・・焼き上がりをどうぞお楽しみに^^
b0168041_1428329.jpg
b0168041_14281696.jpg
b0168041_14282244.jpg
b0168041_1428333.jpg
b0168041_14284783.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-11-21 14:29 | 瓦人 | Comments(0)

The story of ‘machino-engawa’ workshop !!

大阪の小さな路地に面した「まちのえんがわ」で開催した~瓦コースター製作ワークショップ~。
ココロの込もった作品も無事にすべて焼き上がり、えんがわに披露・ディスプレーされました。
今週11月22日の日曜日13時~、お披露目を兼ねた「えんがわcafe&bar」がオープンです^^
ワークショップ参加者の皆さんにとっては、ご自分で作ったコースターでいただく飲み物は最高だと思います☆
いろんな人のチカラで創られるきっと素敵な時間です・・・楽しみですね~乾杯!!^^
b0168041_17381177.jpg
b0168041_17382837.jpg
b0168041_17383313.jpg
b0168041_17383948.jpg
b0168041_17384493.jpg
b0168041_17385349.jpg
b0168041_17385826.jpg
b0168041_173955.jpg
b0168041_17391856.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-11-19 17:40 | 瓦人 | Comments(0)

kawara-nameplate

瓦表札・・・シンプルに「林 -hayashi-」
土から生まれた素材感のある素敵な表札です。
建築の意匠を問わず、末永く住む人の暮らしと共に物語を紡ぎます。
b0168041_16335875.jpg
b0168041_1634990.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-11-10 16:34 | 瓦人 | Comments(0)

暮らしを彩るmonokawara…瓦坐

ある大きな式典における表彰者への記念品としての瓦坐-kawaraza-。
めでたい朱の化粧箱をのこぎり底にして、四季折々の紋様5枚を並べました。
またどこかの町の、どこかの家庭の食卓で瓦の華が咲きます。
芸術と文化の秋…暮らしを彩るのが、たとえばこんな小さな瓦であっても面白い…^^
b0168041_12251560.jpg
b0168041_12252558.jpg
b0168041_12253576.jpg
b0168041_12254185.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-11-07 12:26 | 瓦人 | Comments(0)

-和柄 collaboration-

ストイックな4時間にも及ぶ大人のガチンコ土遊び!!
息をのむほど緊張感ある空気が漂う金曜日の瓦工場でした(^^ゞ
旬を彩る銀杏紋様は秀逸な仕上がり・・・このまま型取りして量産したいぐらいですね(笑)
かたや感度ビンビンで取り組んだのは、和柄の創作コラボレーション!
算木崩し×鮫小紋×小菊紋が創りあげたのは風流でキレイなパッチワークコースター。
どの柄も根気のいる彫りだっただけに、お昼を挟んで目一杯の時間を使って仕上げられました!
途中ココロ折れかけたとか、折れなかったとか・・・(笑)
でもホントに頑張りましたね・・・大変お疲れ様でした。
あとは焼き上がりをどうぞお楽しみに~^^
b0168041_17292930.jpg
b0168041_17294296.jpg
b0168041_17295352.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-11-06 17:30 | 瓦人 | Comments(0)

-日本料理 海山-

月曜日の夜手仕事・・・ヘラ一本のみで、追加オーダーのシンプルな別注瓦坐と箸置きを作っています。
料理人ご本人による手書きの屋号を刻み、磨いて仕上げ・・・。
島の恵まれた素材を活かした、達観したかのようなシンプルで美しい料理を楽しむひと時を、同じく島の大地の恵みから出来た瓦がさり気なく支えます。

日本料理店 海山(かいざん)
洲本市本町4丁目2-35
0799-26-1212
営業17:30~21:00頃
※定休日:火曜日
b0168041_18174568.jpg
b0168041_18175587.jpg
b0168041_1818362.jpg
b0168041_1818826.jpg
b0168041_18181444.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2015-11-02 18:20 | 瓦人 | Comments(0)