2010年 01月 22日 ( 2 )

歴史を辿れば・・・

b0168041_19395081.jpg
大地の旋律・・・冬晴れの日には、やはりこの地上の海のごとく輝く風景に目が及びます。
b0168041_19412411.jpg
今日は午後から仕事そっちのけ・・・先日の400年祭委員会で最終決定された、マップへ登録する瓦スポットの撮影回りです(汗)なにしろ時間がありません・・・ということで、晴れ間が広がりだした昼から町中をウォッチングです☆瓦の町らしき、瓦のある風景・・・そんなこの町ならではのシーンはいたるところに。100枚以上撮りましたが、ちょっとだけ特別にチラ見せいたします。
b0168041_19473221.jpg
b0168041_19474385.jpg
こちらは達磨窯跡・・・
b0168041_1948334.jpg
b0168041_19484549.jpg
朽ち果てたその姿から聞こえる過去からのメッセージは・・・?
b0168041_19501188.jpg
b0168041_19503156.jpg
時が止まってもう久しいはずのこの工場跡からでさえ、こうして迫力ある魅力を感じるのはどうしてでしょう・・・。
そこには、まぎれもなく未だ力強い先人のメッセージが残されていて・・・。

夕方、最後にカメラで追ったのは慶野松原海岸にある瓦の遊歩道・・・瓦をあしらわれたこのベンチのなんとも味わい深い存在感に気付く人は、果たしてどれだけいることでしょう?そんな瓦島のディテールに改めて気付いてもらうのもまた、この400年祭の目的であり・・・。
b0168041_19592070.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-22 20:02 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  祝 今年初の新築現場♪

さて本日は、讃岐の新築現場♪に参上してきました。

何気に、今年初めての新築現場です♪(嬉)

で、現場の方はというと~
b0168041_16423535.jpg
こんな感じの~切妻平屋の屋根でした。この写真で分かりにくいですが、棟違いになってます。

桟打ち&割付も終わり、あとはいつでも瓦を揚げれまっせ~状態ですね!

では今回、この現場で使用される瓦をチラッとご紹介します。

桟瓦は56判面取り・軒瓦は今巷で大流行の~
b0168041_16475854.jpg
ベタ万十です。スッキリとしてカッコイイでしょう?普通万十に少し飽きた方は、是非お試し下さい。

で、鬼瓦は~
b0168041_16515055.jpg
こちらも最近大人気の京カエズ鬼となっております。普通のカエズに飽きた方、是非お試し下さい。

さてと、今日も仕事仕事っ!!今日は屋根揚げ任務だったので、先に棟関係の瓦を降ろし、地葺き分の瓦を~
b0168041_1657490.jpg
じゃんじゃん屋根へ揚げていきました。(今日は屋根の上が親方1人のため、少し軽めの4束積みです)

このあと順調に作業は進み、無事任務完了で~す。

ど~ん!!
b0168041_1713648.jpg
今日もこれで一軒、いぶし瓦の新築屋根が増えましたね♪ありがとうございました。

親方、あとはビシッと仕上げてやって下さいね!

あ!そうそう!この現場の前にあった古民家の屋根なんですが、何か凄く惹きつけられるものがあったので写真を撮ってみました。

それでは、その屋根をご覧下さい・・・
b0168041_17125542.jpg
どうです?この味わい深い古瓦の魅力!やっぱ瓦屋根って・・・凄いですわ!あらためてそう感じました。

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-22 17:24 | さすらいのトラック野郎