2010年 08月 17日 ( 2 )

A feeling of material

失いがたき価値たち・・・夜の雄姿 → 「as usual ~日本色~

b0168041_1883554.jpg
夏の朝・・・淡路島の‘余白’は今すべて恵みのグリーンで塗られています。
b0168041_1892974.jpg
もうひと月もすれば金色に染まります。自然はホントに優れたアーティストですね☆

猛暑の中、以前お伝えした讃岐の神社葺き替え工事現場に行ってきました。
b0168041_18115488.jpg
棟から降ろされた矢羽のような形状の棟込飾り瓦をすべて預かるためです。これだけでトランクいっぱい!!同じく焼き直し予定の古鬼瓦等はまた後日の回収です。職人さんたちの奮闘ぶり・・・ぜひズームで撮りたかったんですが、あたり一帯が猛烈な土埃に包まれてカメラを出せず・・・(苦笑)瓦人もこのとき一瞬で土まみれです。瓦と屋根の仕事は大変なんですよ(~o~)

さてさてそんな快晴の今日、以前瓦ジスタさんのご提案で納品したオリジナルVASARAの表札確認にお邪魔しました。
b0168041_18204364.jpg
家主の方も快く迎えて下さりました。その素材感を気に入られて採用されたことが理解できるお洒落な建物外観・・・施主さまのこだわりが随所にちりばめられているそうです。
b0168041_18254536.jpg
ファサードはすべて素材感むき出しのコラボレーション・・・コンクリートの打放しに古い枕木、そして土からできた瓦の表札です。
b0168041_18275288.jpg
色合いも質感もすべて見事に調和して違和感なく、また陽光を受け清潔感溢れる雰囲気が漂っていました。
b0168041_18293921.jpg
家主の子供さんも撮影に参戦です(^.^)/~~~ おかげでいい写真が撮れましたよ♪
b0168041_18304588.jpg
こうしたワンポイントでも、その素材感というものに理解をいただき、瓦を採用していただけるのはありがたいことですね。こうした提案の繰り返しが、やがては屋根材としての瓦の素材感への理解に繋がれば幸いです。さまざまな人工建材の朽ち方の汚らしさから比べれば、自然素材のそれは見事なものです。
A feeling of material ・・・ 素材感、これからは大切なキーワードです☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-08-17 18:37 | 瓦人

さすらいのトラック野郎   初の試みです。

短い盆休みも明け、本日から本格始動のトラック野郎です。

さてそんなお盆明け一発目の本日は、以前から行っている阿波の葺き替え現場に参上してきました。

この現場は、昭和窯業さんの本葺き一体瓦「源八いらか」が使用されています。

現場の進行状況はというと~
b0168041_13253463.jpg
こんな感じに~
b0168041_1326175.jpg
上屋根が綺麗に完成していました。やっぱ本葺瓦は、重厚感があってイイですね♪

さてと、今日も仕事仕事!っとその前に・・・今回の現場の入り口には~
b0168041_13393447.jpg
ご覧のように、施主様が大事に育てた立派な松の木があるんです。

こういうのは何気に一番気を使います(汗)もし折ったりしたら・・・弁償出来ませんからね(汗)

とはいっても、事前にこの現場の状況を把握していたので、今回は~

じゃ~ん!!
b0168041_13465198.jpg
このように、あらかじめシート台を倒して瓦を積むという裏技に挑戦してみました。

今まで、こんな積み方をした人いるかな?自分以外は、いないと思うのですが・・・(笑)

ま、このあと何とかこの裏技で松の木を傷つけることなく現場へ侵入し、一気に任務完了です・・・

ど~ん!!
b0168041_13564131.jpg
綺麗に降ろせてるかな?ま、こんなもんでしょう(笑)

いや~今回は、盆明け一発目の任務にしては少しハードだったかも(苦笑)

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-08-17 14:27 | さすらいのトラック野郎