<   2009年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

真夏-Midsummer-

見上げれば降りそそぐ夏の光☆
b0168041_17372029.jpg
外に出れば、こんな見事なblueに包まれる環境に感謝です。
b0168041_17401672.jpg
b0168041_174029100.jpg
見慣れているがこそ見失う価値・・・見慣れていない者にとってはすべてがエモーショナルに映ることを知る。
b0168041_17533218.jpg
b0168041_17534685.jpg
b0168041_1754419.jpg
淡路瓦400年祭は、もう一度その瓦作りの溢れる魅力を再発見・再認識・再発信しようとするイベントです。どこの窯元にもその確かな存在意義があり、それがゆえに今なおあり続けるのです。この海と空と同じく、当り前としてある価値・・・伝えていくのはその魅力を一番知っているであろう窯元自身です。表現する力・・・あらゆる業種においてこれからはさらに必要ですね。

今日も合間をぬってのmonokawara作りです。
b0168041_17581564.jpg
ご依頼を受けた大きなソーサーに、背の低い雪洞瓦-bonborigawara-です。
b0168041_17594473.jpg
ここにも吹かせてみました、瓦人風・・・(笑)
b0168041_1802143.jpg
息抜きにはちょうどいい粘土遊びです♪ 何かに繋がるならばなお幸せです。

そうそう、ご縁とは面白いもので・・・いつもブログでもお世話になっている埼玉県の深谷地区屋根工事組合の方々総勢約20数名が、今年の研修旅行に淡路島を選んで下さったみたいです。なんでも淡路の若い瓦師たちと話がしたい!!とのことです(笑)関東・関西の瓦文化談義にはじまり、日本の瓦の未来について等、腰を据えて色々とお話ができるいい機会です。もう9月13日(日)~14日(月)にて予約済みの宿泊先は「うめ丸」さん・・・、宴会場にて「はじめまして会」を開催する予定なので400年祭のメンバーはもちろん、瓦業界で興味ある方はぜひご参加ください。もちろん近県の施工業者さんたちも超有名なお洒落な屋根さんたちの貴重なお話を聞けるチャンスです。泊まる意気込みで是非お越しください(笑)

400年祭もこうして徐々にカタチになってきました。こんな瓦師自身達による原点回帰的な草の根活動こそ、これから本当の意味での瓦の未来を作っていく理想の姿だと思う瓦人です。人が集まり、さらに人を呼び、人に影響し、人の心を動かし、人を変え、世界を変える・・・一つの文化を繋ぐこの日本の瓦は、小さくともまた新たに地に足付いた歩みを進め出したような気がします。
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-08-04 18:31 | 瓦人

さすらいのトラック野郎    モスキート集団に勝った?負けた?

さて本日は、讃岐の葺き替え現場へ参上してきました。って・・・何気に8月に入ってから初めての更新かも(笑)
サボらないように努力はしているのですが・・・。
ま、僕がブログをサボっている間に近畿地方もやっと梅雨明けしましたね♪
これから出荷が忙しくなるぞ~!と思いきや・・・今年は梅雨明けが遅かったのであと少しでまた盆休み突入ですね(汗)

話しを戻しまして、今日の現場は~
b0168041_17281213.jpg
こんな感じの~
b0168041_17284197.jpg
切妻平屋のけっこう大きな現場でした。屋根坪50はあるかな~?
この現場、昨日からメクリを開始し、何と!?大工さんナシで野地まで直したそうです。いや~ご苦労様です♪
さてと、今日も仕事仕事!!今回の現場は~
b0168041_17354086.jpg
ご覧のように、大栄号がイッパイ×2の道を下った所にあったので~
b0168041_1741934.jpg
ケツ降ろしでした(泣)
しかも!!この現場の横に流れている用水路から発生したとみられる大量のモスキート軍団による集中攻撃をくらいました(泣)
が・・・そこは百戦錬磨のトラック野郎、モスキートが肌を刺せないぐらい大量の汗を流しながら無事任務を終了させましたよ~
ど~ん!
b0168041_17552678.jpg
今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えそうですね♪ありがとうございました。
残りの瓦はいつ搬入かな~?明日かな~?それともしばらく先かな?
ま、次この現場へ来る時は、大量の蚊取り線香を持って来ようっと!って、やっぱり刺されとんのかよ!(笑)
つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-08-04 18:14 | さすらいのトラック野郎

淡路瓦、その煌めき・・・☆

b0168041_19431671.jpg
阿波で見上げた空にあった‘ありのままの自然’です。この大空に思い切って巣を張った蜘蛛の挑戦と、まさかのこの大空でその短い命を絶つことになるであろう無念・・・どちらも精一杯の今を生きる生物たちが繰り広げるダイナミックなドラマを垣間見ました。

明けない梅雨空に一喜一憂しながらも季節は巡ります。景気の‘気’の字は、どうもまだまだ浮かない顔色のようで、せめて束の間の晴れ間が覗くと煌めきだす‘かわら美人’に自身と勇気をもらう瓦人です。
b0168041_2024799.jpg
以前完工した物件の前を通ると、やはり自然と屋根へと目をやります。左奥のガレージ屋根が弊社かわら美人、右は他社瓦の新築屋根です。日照条件、勾配、建ち位置等がこうしてほぼ等しく、また同じいぶし瓦同士であっても、こうしてそのいぶし銀の冴えには差があります。かわら美人はその白冴えが自慢・・・。日本の町並みを晴れやかにするのはもちろん、道行く人々の目にも、また瓦を葺く人にさえ、その透明感のある銀冴えには定評があります。もちろん好き嫌いはあるでしょう。でも、淡路島の瓦にはこの煌めく瀬戸のさざ波のような美しく繊細な光沢が似合います。淡路瓦が連なる土地は穏やかな気象・自然に包まれている裏返し・・・、そういった面をその土地の人自身にも知ってほしいですね。
b0168041_20455389.jpg
そんな些細なことに嬉しさを感じながら今日も瓦人は走ります。
b0168041_2049225.jpg
夕方・・・相変わらずの雲模様です。
混沌を象徴するかのようなこの渦巻く雲間から、まさしく煌めく光が射すのはいつのことやら・・・。
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-08-03 20:59 | 瓦人

瓦人のサンデーブログ☆

b0168041_1252973.jpg
お気に入りになりました・・・お馴染み淡路島のイタリアン「La Casina」さんでのパスタランチの日曜日です☆自然と求めてしまう自然な味・・・その優しい店の雰囲気と料理に惹かれて思わずリピーターの瓦人です(笑)
b0168041_1291886.jpg
b0168041_1293162.jpg
b0168041_1294152.jpg
b0168041_1295519.jpg
b0168041_130576.jpg
人を笑顔にさせる仕事って素晴らしい・・・☆キレイな料理は、体はもちろんココロまでも豊かにしてくれます。それがまた豊かな人の縁、仕事の縁へと繋がります。食とは人間形成の根源的な部分です。食への投資・・・してますか?

今日は淡路島祭り・・・夕方、島内最大規模の花火を目指して出発しましたが・・・・・・・・・・なんと、たかだか30キロ足らずの距離に、想定外の大渋滞にて3時間もかかってしまいスタートに間に合わず(泣)海上から打ち上げられている花火を陸地の遠くから・・・さすがに人の多さに降参です(笑)
b0168041_138499.jpg
この活気に満ちた人々の躍動が好きです☆老若関わらず、日本人ならではの血が騒ぎます。祭りって・・・イイですね。
負け惜しみの花火アングルはこちらをどうぞ → 「~as usual~ 日本色
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-08-02 23:59 | 瓦人

グレーに映える夏色、色々・・・

↓↓ リンクに、いつもお世話になっている淡路島の花屋さん「小さな島の花やさん」追加しました。

b0168041_18221454.jpg
なかなか明けない梅雨空のもと、道端に散る凌霄花(ノウゼンカズラ)の逞しい夏色もひと際鮮やかに・・・。グレーは多くの色をひき立ててくれます。

以前ご紹介した瓦の大器・・・今日無事にエクシブ淡路島さんへと納品してきました。
b0168041_1829394.jpg
実は・・・、こちらをメインカウンターにて鯛やその他食材をディスプレイするのですが、この瓦器に氷を敷きつめてその上に鯛を飾るらしいとのこと・・・。いぶし瓦では融けた水分が素漏りする可能性がありますので、内面に透明の釉薬をかけて焼成することになりました。響き渡る豊かな潮の音色を表現した櫛目模様も、そのおかげで存在感が薄くなってしまいましたが、土の風合いだけは何とか残せたかな・・・。
b0168041_18372532.jpg
さり気なくサイドに「瓦人」の風を吹かせてみました(笑)
b0168041_1838519.jpg
薄い生地に仕上げたので、何よりもその意外なほどの軽さも含めスタッフの皆さんにも気に入っていただけたみたいで、さっそく今日のディナーからディスプレイされるそうです♪ 嬉しいですね~・・・って、この目で見るにはやはり食事に是非ともお邪魔したいと思います。
こちらでもいぶし銀という伝統的でありながらモダンな和色が、とりどりの食材の色をひき立ててくれることでしょう。いぶし瓦ってそんな存在です。どことなく日本人らしくていいですね。屋根の瓦はその国色を象徴します・・・。できれば、日本らしい国色が連なればいいですね。
↓ カチッと・・・
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-08-01 18:54 | 瓦人