<   2009年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

さすらいのトラック野郎   関東で見た【粋】な棟!!

久しぶりの更新になってしまいましたが、今回も「これぞ関東の屋根!!」シリーズをお伝えします。
さっそくですが、先ずはこちらの屋根からご覧下さい・・・
b0168041_10115817.jpg
b0168041_10213420.jpg
築100年というこの長屋門・・・イイ感じに古美てるでしょう♪特に棟なんか凄いでしょう?
【青海のし】に【上甍(ベタ万十)】・・・その当時の職人さんの【粋】な仕事っぷりに感動しました☆
あ、そうそう!こちらのお宅には、少し前に葺き替えられたという裏門があるのですが、この裏門の屋根が~
b0168041_10433823.jpg
先程の長屋門の棟を、現代の職人さんが忠実に再現していました。これにもまた感動っす☆
でもこうやって、先人達の技を後世に残していくことが凄く大事ですよね!

さてさて続いては、こちらの棟をご覧下さい・・・
ど~ん!!
b0168041_11371648.jpg
これが関東名物「関東大青海 」です。どうですかこの迫力?凄いでしょう!
ちなみにこの棟・・・
b0168041_17112944.jpg
めっちゃ短いです(笑)でもその迫力は、遠く離れた場所からでもパッと目を引くほど凄いものでしたよ♪

今日はドンドンいきます!続いては、こちらの蔵の屋根をご覧下さい・・・
b0168041_1720504.jpg
この棟も凄いでしょう!これは江戸棟といって、紐のしを目地積みにするという技です☆
この江戸棟の陰影・・・何ともいえない美しさがあるでしょ♪
そして、この屋根でもやっぱり~
b0168041_17462194.jpg
ご覧のように、鬼瓦が主張されていました。いや~ほんと、【粋】な仕事してますよね♪

最後に、こちらの隅棟をよ~くご覧下さい・・・
b0168041_18435298.jpg
段数は同じなのに、鬼際の方が棟を高く積んでいるように見えるでしょう?何でこのように見えるのか?分かった人はプロです!
でも不思議でしょ?

さて続きまして・・・(ぐ~♪ぐ~♪)お~っと、突然ですが、お腹の虫が鳴いてきたので今日はこれまで!(笑)
では次回をお楽しみに~♪
つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-10 19:00 | さすらいのトラック野郎

一歩一歩・・・

b0168041_2212830.jpg
早朝より名古屋へ・・・今日は業界関連団体共同による瓦小冊子制作について、いつも何かとお世話になっている山平さんのご紹介による広告代理店と出版社の方々と打ち合わせのため、山平さん本社事務所へとお邪魔しました。
b0168041_22122041.jpg
そこにも瓦-エモーショナル-菌が増殖していました(笑)エントランスには、自ら手作りした色々なmonokawaraディスプレイが・・・。これがまた‘あったかい’・・・♪
b0168041_2214345.jpg
b0168041_22141769.jpg
b0168041_22142731.jpg
b0168041_22143740.jpg
お昼・・・山平さんのご案内で、やはりこちらでは名物の‘ミソカツ’ですよね。地元の人がこよなく愛する昔ながらの‘ここが一番’ってお店へと・・・☆
b0168041_22144953.jpg
b0168041_22162644.jpg
最高です☆やはり愛知県にいてもグルメランチな瓦人です(笑)山平さん、ご馳走さまでした~。
午後からの打ち合わせまでの時間、こちらも日本を代表する瓦の町です・・・ということで、会社までの帰り道にいろいろな瓦の演出を見せてくれました。ポストに遊歩道にJAにと、いたるところに瓦が溢れています。こんな演出に一人でも多く気付いてほしいですよね。
b0168041_22211524.jpg
b0168041_22212719.jpg
b0168041_22213863.jpg
さてさて、本題の打ち合わせですが・・・詳細はまだお伝えできませんが、なんとも建設的な議論が繰り広げられ、まさしく時間を忘れての瓦論議と相成りました。って、瓦人と山平さんとで、まさしく朝まで続けるんかい?ってほど、日頃抱いている想いの丈を吐き続けただけのような・・・(笑)でも、そんな気持ちは伝わったはず・・・。これがいいカタチとして実を結べばいいですね。次代を担うこの業界に関連するすべての人々の想いを代弁するには、まだまだ力不足ではありますが、そんな点在するチカラを線で結ぶための何かしらの求心力となることを期待します。まだまだイメージ構想の段階ですが、この全団体で生み出す小冊子・・・できれば理想を追求した形でのアウトプットを期待して・・・☆こんな時間にやっと帰りつきましたが、何よりも充実した一日の内容に満足です。山平さん、お忙しいなか今日はホントにお世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-09 22:33 | 瓦人

wanted blue☆

台風一過の朝の田んぼ・・・見え隠れする水色の空を映すラインが印象的で・・・。
b0168041_1651527.jpg
周到な養生を片付けに工場へと・・・吹き込んだ雨による水たまりが、逆さ工場を演出していました。
b0168041_16534098.jpg
点々と続く水たまり・・・さほど被害がなくて良かったです。
b0168041_1655357.jpg
安堵の気持ちで見つめる工場内の水たまりには、心待ちにしていたキレイなskyblueが映し出されていきます。風雨がよどみを全て洗い流してくれた、そんな台風一過の今日の日射しは、遮るものなく肌が痛いほどダイレクトに降りそそいでいました。
b0168041_171142.jpg
景気のよどみも洗い流してくれればいいのですが・・・。
早くこんなキレイな空色を・・・そう思って止まない瓦人です。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-08 17:04 | 瓦人

備えあれば憂いなし・・・

b0168041_16251183.jpg
さてさて、このうねりが連れてくるのは天災か人災か、はたまたそれら複雑に絡み合う最凶コラボレーションか?
b0168041_16265374.jpg
今晩から明日にかけての淡路島は外出不能です・・・。皆さんもお気をつけて。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-07 16:28 | 瓦人

monokawara・・・全国津々浦々へと☆

先日お伝えした瓦人の手びねりによるナイフ&フォークレスト・・・焼きあがりました。
b0168041_1753859.jpg
土のダイナミズムがむき出しです。伝わるといいですね、瓦という素材の温かさ・・・。こちらと瓦坐たちは名古屋の高級レストランへと旅立ちます。本日配達も済ませ、あとはその活躍ぶりに期待します。
b0168041_17554691.jpg
さてさて、お次にこちらの瓦坐たちは・・・
b0168041_175626100.jpg
こちらは全国の主に大学建築学科の学生たちによる第5回「新・木造の家」設計コンペの副賞としてのご依頼です。日本の素晴らしい木造建築の技術をさらに進化させながら後世に伝えていくため、木のことを正確に理解した木造建築者を育成するための木造の家の設計コンペです。そんな舞台の表彰副賞としてはやはり-瓦-ですよね。選んでいただいて光栄です。これからの建築の未来を背負って立つ若者たちに、少しでも瓦といものの素材感を知っていただけば・・・。

さてさて今日はまだmonokawaraの紹介が・・・。
b0168041_18123884.jpg
弊社事務所にある瓦×アクリルのオブジェ・・・こちらがなんと、沖縄県まで飛んでいきます☆沖縄県で瓦工事業を営むオクハラ瓦技術さんからのご依頼で、オリジナルオーダーの瓦×アクリル表札を作ることになりました。京都にて瓦葺きを学び、赤瓦文化で有名な沖縄の地にて、自身が心酔されたいぶし瓦の素晴らしさを広めるため日々努力されています。オリジナルな提案力がまずその一歩・・・ということで、こうしたmonokawaraにご理解頂けたようです。リンク先の記事にもあるように、瓦に対する熱い想いがヒシヒシと伝わり、距離こそ遠くとも同世代として本当に嬉しく思います。また奥原さんは、施工させていただいた施主さんに沖縄の慣習でもあった漆喰シーサーを手作りし感謝の気持ちを込めて贈られるそうです。
b0168041_18244579.jpg
この出来映えがまた素晴らしい!!まさしく鬼瓦と同様に暮らしの安心を守ってくれそうですね。まさしく津々浦々にて、こうした瓦というものの付加価値づくりにみんな頑張っています。何かのきっかけが起こす小さな波紋は、やがては大きな渦となり、まわりに影響し、巻き込み、大きな流れとなり世の中を力強く流れだします。どこかおかしい・・・そんな誰もが大なり小なり感じるこの国を、瓦をもって少しでも軌道修正できるなら・・・。瓦とは、そんなメジャーな素材なんです☆自信を持ってこれからも・・・。

おまけ・・・そんな美しい日本をどうぞ♪
月暈-tsukigasa-
b0168041_18585858.jpg
中秋の名月を覆う薄雲・・・雨を予期してか月も傘の準備です。
ほどなく降る星の小雨・・・。
b0168041_18592692.jpg
星々もこの情緒あるシーンへ配慮してか、控えめに降りそそぎます・・・☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-06 18:37 | 瓦人

-priceless- お金では買えない価値こそ

月曜日・・・台風を見越してか現場片付けのための急な配達と、数件の集金とで四国へと慌てて走りました。とりあえず・・・落ち着きましょうよ、瓦人さんってことで、ランチは配達先のすぐ目の前にあった久しぶりのクイーンアンヒルさんです。
b0168041_1847811.jpg
窓の外のテラスでモコモコと煙が上がっていたのは、自家製生ハムを燻製にしているワンシーンでした。ほのぼのとしたスローな時-toki-を感じることができて心地良いです♪パスタランチで頂いたのは・・・
b0168041_1850250.jpg
またまた、シェフのはからいでレギュラーではない秋の特別アレンジにて・・・(驚)煮込んだ豚足とソースが絡まりなんともまろやかな旨味が口中にひろがります。ポルチーニに栗にと秋を感じさせる一品に一人至福の時間を過ごします☆しかも今日のサプライズはこれだけでは済みませんでした。なんと・・・この季節の季語的存在であるこちらの魚をどうぞ・・・と!!
b0168041_1856382.jpg
まるまるとした新鮮なサンマをトマト&スダチで・・・♪こちら、超長時間かけて低温で煮込み続け、仕上げにグリルで表面を香ばしく・・・という超新鮮な状態でしかできない調理法にて、頭の先から尾まで、中骨も含めてすべてパックンちょです☆ナイフ&フォークでステーキのように切り、すべて頂きました~(笑)いつも気さくに話しかけてくださる奥さん・・・心地よいコミュニケーションが生む空間にあるのは、サービスの提供側と受ける側といった垣根はなく、ただただ互いに‘食’という文化を楽しむ素晴らしい時間です。そんな大してお邪魔出来ているわけではないのに、コミュニケーションが生みだすこうしたシェフのお心遣いがあればこその一人のリピーターです。まさしくプライスレスな価値が、お客さんとの信頼関係を維持するんですね。やはり他業種を見渡せば勉強になります。瓦という商売もその根底は同じかな・・・と。そんなことを改めて感じた月曜日のランチタイム・・・シェフ、奥さん、ご馳走さまでした~。またお邪魔しますね。

さぁさぁ、ココロの充電を済ませた瓦人はまた走ります・・・。

讃岐にて・・・壁際の飾りのし積みをアートに感じた今日の一枚です☆
b0168041_19154141.jpg
b0168041_19155558.jpg
こちらも写真依頼を受けてお邪魔した豪快な一軒・・・以前(←瓦の芸術観賞会の模様)と変わりなく威風堂々と佇んでいました。
瓦はやはりアートでした・・・・・素晴らしい(笑)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-05 19:23 | 瓦人

瓦人のサンデーブログ☆

b0168041_21433083.jpg
ひっさしぶりの休みのような・・・♪ということで、昨晩家族で鳴門にある「スタミナ軒」にて思いっきり食べちゃいました(笑)この分厚い塩タン~♪ロースにカルビにハラミにミノに若鳥に・・・と、すべて肉質も上等!!

はぁ~、たまには必要ですね・・・肉!!

中秋の名月を拝んで、お休みなさ~い・・・・・・・・ゴーン~~~♪
b0168041_21494199.jpg
てな感じの土曜日の夜は明けて、本日日曜日も最高の快晴でしたね☆
夕方、子供たちと海の展望広場へと・・・。
b0168041_21513990.jpg
釣り人に、恋人に、散歩人に、写真家に・・・、いろんな人がこの空と海と太陽を求めてこの公園に集まります。そしてそこにあるそれぞれいろんなドラマを盛り上げてくれるように、その背景では今日も力強く日が沈みます☆
b0168041_21562047.jpg
たった一日の充電・・・完璧です☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-04 22:00 | 瓦人

秋桜-Cosmos-

b0168041_16102721.jpg
セクシーな‘くびれ’は隠してみたり・・・(笑)
久しぶりの太陽の恵みに花々もお喜び♪
b0168041_16115029.jpg
誰にとっても、いい季節ですね~☆
b0168041_16122343.jpg
b0168041_16123480.jpg
道端に咲くコスモスがキレイです。
そんな土曜日・・・来週の天気予報のせいか、恐ろしいほど電話が鳴らず・・・(悲)
朝からの工場任務もむなしく、まさしく開店休業で~す(笑)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-03 16:18 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  リフト教官になる!

昨夜、一本の電話が鳴りました・・・。
その電話の相手は、某大手電機メーカーに勤める友人Yからでした。
その内容とは・・・「リフトの免許を取るさかい、一回練習させてくれや~!」でした。

というわけで、今日のトラック野郎はリフト教官に大変身です!
先ずは、仕事も一段落した午後3時過ぎ・・・事務所にて学科講習から始めることに~
b0168041_1781969.jpg
そして次に、第2サティアンに移動し、実技講習です・・・
b0168041_17121229.jpg
トラック野郎の厳しい講習を受けること数時間・・・Yは、初めてリフトに乗ったとは思えない程に成長しました。
Yよ!再来週の試験、頑張れよ~!
ま、オレが教えたったから絶対合格することでしょう♪

あれ・・・・・・・・・・ちょっと待てよ・・・・・・・・・・あっ!今頃気付いた!!
すまんY!オレ・・・リフトの免許持ってなかったわ(汗)
偉そうに言ってゴメンね(笑)
つづく・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-03 16:00 | さすらいのトラック野郎

色づく季節・・・瓦も紅葉せり

b0168041_16545213.jpg
秋雨に濡れその風合いを一段と増す古瓦・・・美しく感じますか?
雨に映えるのはやはり瓦屋根ではないでしょうか・・・。
b0168041_165794.jpg
幾星霜を生き抜いてきたがゆえのその表情は、雨に濡れて艶を帯び、余計に迫りくるような迫力をもって何かを訴えてきます。
b0168041_1701261.jpg
本物の素材だからこその経年変化の美しさ・・・、新建材ではこうはいきません。スクラップ&ビルドからの脱却は、建築におけるこうした本物の素材たちの占める割合を徐々に徐々に増やしていくことからこそ成し得るものではないでしょうか?
色づく秋の山々・・・そんな日本らしい風景に違和感なくとけ込むのは、やはり大いなる自然とともに同じように古美るこんな瓦屋根ではないでしょうか?
b0168041_1761046.jpg
しっとりと雨を受けとめ・・・。瓦屋根にも秋らしき紅葉の彩りを見出してみませんか?

さて、今日も朝から瓦と格闘。そんな雨の金曜日・・・午後からの電話にてテンションアップです☆以前ご依頼いただいて手びねりにて作った瓦のナイフ&フォークレスト・・・納めさせていただいた「エクシブ淡路島」様にても好評のようで、最近本社の役員様が視察に訪れた際にいたく気に入られたご様子とのこと・・・。ということで名古屋にある直営高級レストランにて瓦坐とこのレストを使用したいとのお電話でした(驚)しかも、まだ続きがあります。来年春のオープンに向け、グループの中でも最上級の位置づけとなる新施設をとあるリゾート地に準備中とのこと・・・、ナントそちらでも使用の可能性があるとのことです~(汗)完全に瓦人の‘分’を越えております(笑)でも、怯んでばかりはおれません・・・。急過ぎますが、来週には届けないといけないということで、とりあえず夕方までレストと格闘でした(笑)
b0168041_17283458.jpg
二度目の手作りということで、ちょっとばかし色気が出てきてプチ演出を施してみました☆以前よりもさらにダイナミックに‘土’の風貌を露わに・・・。
b0168041_17302673.jpg
まさしく・・・大自然の恵み‘土’に坐すナイフ&フォークをイメージします。瓦といものの素材感を感じてもらいたい瓦人の想いは、こんなカタチで・・・。またしても一つ一つが違った表情のあるように・・・とのご依頼でしたので、思いっきり遊んでみました。ま、このような素晴らしい場へと瓦を上げてくれるのですから・・・感謝ですね☆

それにしてもよく降る雨・・・、ただ‘地、固まる’のは間違いなく・・・(笑)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-10-02 17:42 | 瓦人