<   2009年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧

名残の晩秋色を追って・・・

悲しいかな目覚ましナシでも夜明け前に起きてしまう日曜日・・・朝から久しぶりに嫁の実家へと。
皆を残しフラッと出掛けるその先には・・・、今年はどうもその序曲(プレリュード)からの演奏時間が短かったと感じられる、まもなく終曲(フィナーレ)を迎えつつある名残の秋色がありました。

滝の流れる岩肌で、最後の華やぎを魅せてくれた秋の主役たち・・・。
天の川のそばで光り輝く星たちにも見える瓦人です☆
b0168041_21475474.jpg

似つかわしくないほどの雨、そしてその後の強い季節風・・・と、冬へと続く階段を急くかのように、季節の足音はリズミカルです。

名残の秋色・・・渓流にて奏でる、そのまだ鮮やかな彩りたちの最後の旋律に聞き耳をたててみました♪
b0168041_221542.jpg
b0168041_222897.jpg
b0168041_2222514.jpg
こうして時間を流すと、なおさら豊かなメロディーのように映ります。

もうすぐ冬・・・ですね☆
※今日は音楽ベースで綴ってみました☆(ホントは全然分かりませんが(笑))
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-15 22:08 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  サンデーブログ☆

さて本日は、先日「火入れ式」に参加して下さった施主様が待つ讃岐の新築現場♪へ参上してきました。

今回の現場は、何でも超ビッグ!ということだったので大栄’S Jに応援を頼みました。

で、某待ち合わせ場所にてJと合流することに~
b0168041_16212988.jpg
ここで爆睡中のJを叩き起こし、現場へ向かうことしました。

で、走ること数十分・・・現場到着~
b0168041_16292892.jpg
ご覧のように、入母屋造りの立派な現場でした。こんな立派な新築現場、久しぶりです♪

では、こちらからもご覧下さい~

ど~ん!!
b0168041_16351738.jpg
じゃ~ん!!
b0168041_16354589.jpg
凄いでしょ!何か凄くバランスのイイ造りだと思ったのは僕だけではないはず!

これに瓦が葺かれたら・・・もう最高にカッコイイだろうな~♪な~んて、1人で笑みを浮かべるトラック野郎です(気持ち悪っ!笑)

さてさて、今回はご覧のように桟打ち&割付が終了し、いつでも瓦揚げが出来る状態だったので屋根揚げ任務となりました。

先に大栄号の瓦を全て揚げ(写真はありませんが)、続いてJ号が屋根揚げポジションにスタンバイです・・・ピー♪ピー♪ピー♪
b0168041_16504023.jpg
先日から降り続いた雨のせいで、地面が少し怪しかったので必要以上に「木」を敷き詰め進入しましたよ!

とはいっても、だいぶ沈んじゃいましたが(汗)でも決して積みすぎではありませんよ!ただ地面が柔らかかっただけですので(笑)

ま、このあと順調に屋根揚げ任務が続き、無事任務完了です~

ど~ん!!
b0168041_172986.jpg
2台して頑張って積んで来たつもりでしたが、まだ少し瓦が足りませんでした(汗)残りは明日ということで!ご勘弁を!

ま、今日もこれで一軒、いぶし瓦の新築屋根が増えましたね♪ありがとうございました。

あ、最後の写真なんですが・・・この写真の中に人物は何人写っているでしょうか~?よ~く見てね!

※心霊写真は含みませんので(笑)

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-15 17:24 | さすらいのトラック野郎

瓦×アクリル=和の未来系

かずら橋の紅葉シーンをアップしましたよ☆ → 「as usual -日本色-

b0168041_12203889.jpg
以前、ご紹介した沖縄県のオクハラ瓦技術さんからのご依頼による瓦×アクリル表札が出来ました☆
b0168041_12221494.jpg
ご指定のポップ体文字がカワイイです。厚みもダイナミックなので、よりあったかい感じがしますよね。
遠く沖縄県にて、その四季の移ろいを映し続けるであろうこのアクリルの表札・・・瓦の可能性・魅力に一人でも多くの人が気付いてくれたなら嬉しいですね。
b0168041_1230556.jpg
monokawaraのプロデュースって、まだまだいろんなジャンルへとその可能性の幅を広げそうです。ここ最近でも、いろんなデザイン依頼を伺っております。瓦人なんかの手に負えないレベルでも、きちんとカタチに出来る手技による技術がこの淡路の瓦師たちにはあります。みんなで背負う瓦の未来・・・400年祭を起点にした若手の結集は、まだまだ無限の力を発揮しそうです☆
b0168041_1230292.jpg
そんな土曜日・・・夜までスケジュールでいっぱいです。ということで昼休みのアップでした~☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-14 12:33 | 瓦人

瓦の存在意義・・・

ススキが秋の空気に潤んでいます・・・☆
b0168041_192368.jpg
b0168041_1924312.jpg
秋の道は見どころ満載・・・日本っていいですね。

樂久登窯さんの屋根も佳境に入りました。そして、手作りの鬼瓦が据えられたのでご紹介します。
b0168041_195345.jpg
一見、ノーマルの海津鬼に見えるこの端正な顔立ち・・・実は、設計担当の平松組さんとも一緒に、このたびのリフォームコンセプト等を深く相談し合った結果、建物の主要構造部はすべて西村さんの作品を引き立てるための脇役に徹すること・・・この大前提をもとに検討した結果たどり着いた鬼瓦の顔なんです。鎌軒やケラバの袖瓦の選択も、すべて主張を押し殺し、無駄を省いた究極のシンプルイズムの実現がその目的としてあります。

ベースは、達磨窯プロジェクトの初施工物件に据えられた鬼瓦にあり、それをもう少しシンプルにしたデザインでの製作となりました。外枠部分を内側へ向けて勾配をつけ、また顔の部分には丸みを持たせてあります。
b0168041_19183390.jpg
従来の海津鬼は、その面が平たんであるため陰影の豊かさに欠ける面がありましたが、これだと朝、昼、夕と太陽光の入射角の変化により、光と影の織りなす陰影の妙で遊ぶことが出来ます。今日は生憎の曇り空・・・また晴れた日に朝昼夕すべてにおいてその表情と向き合ってみたいですね。無の境地を体現する樂久登窯さんのいぶし瓦屋根・・・鬼瓦の陰影がワンポイントのお洒落になりそうです☆訪れた際には、是非そんな遊び心にも触れてみてください。

瓦の存在意義・・・それは、なければ物足りず、控えめな主張を持ち、まわりのすべてを繋ぎ引き立てる。
まさしく‘和を以って貴しと為す’ための実質的求心力・・・そんな言葉が思い浮かぶ瓦人です。

秋晴れはいつ・・・?

冬になる前に、まだまだ秋らしさを感じるシーンに出会えそうですね。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-13 19:42 | 瓦人

紅葉・・・☆

大雨の後・・・今日、四国で出会ったその色艶を増す秋の彩りをご覧ください。
ちょっと一息・・・日本の四季に目を細め笑みを浮かべるのもまた一興。
b0168041_1940387.jpg
↓↓ 紅葉の滝・・・彩りが山肌を流れ落ちているようです。
b0168041_19405219.jpg
b0168041_19422298.jpg
b0168041_19423549.jpg
b0168041_1943463.jpg
b0168041_19431799.jpg
b0168041_19432751.jpg
b0168041_19433930.jpg
b0168041_19434911.jpg
b0168041_1944341.jpg
b0168041_19441891.jpg
b0168041_19442712.jpg
b0168041_19463991.jpg
b0168041_19445663.jpg
b0168041_19471272.jpg
多くを語らずとも、日本人なら響くものがあるはず・・・。
※今日は語る余裕のない瓦人でした(笑)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-12 19:51 | 瓦人

さすらいのトラック野郎   ご協力お願いします。

さて本日は、阿波の新築現場♪へ参上してきました。

さっそくですが、現場はこんな感じの~
b0168041_16461897.jpg
寄棟2階建ての屋根でした。

ここのお宅は、母屋・納屋・離れ・倉庫×2とすべて「いぶし瓦」で葺かれていました。何か嬉しいですよね♪

というわけで今回の新築屋根も、当然のことながら「いぶし瓦」で葺かれます。ここに他の屋根材を葺くのはタブーでしょ!

さてと今日も仕事仕事!今回は降ろし場が最高状態ということで~
b0168041_1722584.jpg
まさしく秒殺降ろしとなりました。でも今回は、これで終わりではありません!?何で?

実は、これだけでは足りないんです・・・瓦が。そうなんです!一回では全部積んでこれなかったんです。(情けない)

というわけで、このあと淡路へいったん帰り、残りの瓦を積んで再びこの現場へ参上することになりました。

数時間後・・・また現場に戻ってきましたよ~
b0168041_17242348.jpg
おっ!なんということでしょう!さっきの瓦達が葺かれてるではありませんか!!(早っ)

このペースだと、さっきの瓦だけじゃ夕方までに葺く瓦がなくなってしまうでしょ?しかも明日も雨の予報だし・・・。

それで今日は二航海になったわけです。はい。

で二航海目の任務は真心降ろしではなく、真心屋根上げ任務でした。そして順調に真心屋根上げ任務は進み~
b0168041_17365493.jpg
無事試合終了です。今日もこれで一軒、いぶし瓦の新築屋根が増えましたね♪ありがとうございました。

このあと、屋根の上で作業中の親方達のもとへ瓦の具合を聞きに上がることに~
b0168041_174589.jpg
ご覧のように、明日が雨ということで急ピッチで作業されていました。(邪魔してすみませ~ん)

でもこの屋根の上で瓦の具合を聞くことが、正しく現場の生の声であって、イイ瓦造りに役立つと思っておりますのでお許しを!

あとは親方、任せましたよ!ビシッと仕上げてやってくださいね~♪


ブログランキングなんかに参加していませんが、ポチッとご協力お願いします。
                          ↓
                          ↓
                          ↓
                          ↓
                          ↓ 
b0168041_1805297.jpg
                                  ポチ? (笑)
つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-12 18:07 | さすらいのトラック野郎

提案力が創る瓦の未来☆

b0168041_1634876.jpg
今日、出荷のため梱包されていくのは・・・・・・?
b0168041_1635384.jpg
見慣れた和瓦のあのフォルムとは一線を隔するシャープな陰影・・・。
鎬桟(しのぎざん)瓦です。
b0168041_16364410.jpg
山の部分が三角状になる、古来より多く日本の屋根に見られた和瓦の復刻判なんです。鎬とは・・・日本刀のシノギ(刃と峰の間に走る稜線)のように、桟山が三角形にとがっていることをいいます。なんともエモーショナルなストーリーを持つ瓦です。こちら、いつもお世話になっている足袋人さんの熱心なご提案により、讃岐の新築屋根へとのぼります☆この‘提案’力が、これからはキーワードです。魅力溢れる瓦屋根が、その個性を競い合うような土地が増えれば、自ずと瓦屋根への関心が高まります。面白みもない屋根の連続だと、価格以外の付加価値を見出せないですからね。
軒瓦は地域性に配慮して雀口付の万十軒瓦を製造するために、この度わざわざ金型を雀口用に改良してもらいました。
b0168041_16482775.jpg
もう、この三角山が作る陰影だけでもカッコイイでしょ。
b0168041_16491479.jpg
日差しの角度により従来の和瓦より、その光と影の強いコントラストをもって、屋根にまた違った雰囲気の印象を与えてくれることでしょう。レトロであり、またシャープさが魅せるモダンな印象もあり・・・ん~、想像するだけで楽しみです♪あとは、親方たちの屋根でのパフォーマンスに期待します。頑張ってくださ~い(笑)

提案力・・・・・瓦の未来の一役を担うはず☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-11 17:00 | 瓦人

紅一点・・・秋の彩りを支える小さな立役者たち

雨の一日、まして季節に似つかわしくないほど・・・。そして今も降っています。
終日、四国を走り回った火曜日・・・余裕はなけれど、道行く先でふと目に入った‘紅’が印象的でした。

b0168041_19442663.jpg
とってつけたような・・・そんな言葉が似合うほど、まるで人の仕業であるかのように秋の彩りは見事です。
b0168041_1945957.jpg
b0168041_19453119.jpg
山々を彩る紅葉・・・そんな晴れ舞台にて颯爽と主役を演じる見事に色づく木々たちとはうらはらに、こんな小さな紅や黄たちは、誰に気付かれることなくもの静かに季節を演出します。
でも、こんな小さな脇役たちがあればこその全体としての山々の美しさとなります。
それを忘れてはいけませんね。
b0168041_19511218.jpg
b0168041_19512356.jpg
b0168041_19513239.jpg
b0168041_19514867.jpg
b0168041_19515766.jpg
b0168041_19521363.jpg
その葉、一枚一枚に宿る美・・・見逃していませんか?
b0168041_1953522.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-10 19:55 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  着々と!!

さて本日は、先日から行っている阿波の葺き替え現場に参上してきました。

この前来た時は、上屋根の反面が葺かれていましたが今日はどうかな~?

ではご覧下さい~

ど~ん!!
b0168041_1614244.jpg
お!着々と進んでますね~♪

下屋根のメクリ状況は、裏側はほぼ終わり残すは手前の面だけでした。

何でも下地に使われている茅を取り除くのが一苦労だそうで、予定より遅れているそうです。(頑張ってくださいね♪)



この現場は築100年ということで、あちこちにお宝瓦がありますので少しずつ紹介していきたいと思います。

今回は、この門の屋根をご覧下さい~
b0168041_1627325.jpg
この水板、カッコイイでしょう?ではUPでどうぞ~
じゃ~ん!!
b0168041_16293663.jpg
この龍の表情なんか、何ともいえないでしょ!まるで、本物の龍を見て作ったかのようです。

あ、龍は架空の生き物でしたね(汗)

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-10 16:42 | さすらいのトラック野郎

猫の手、子猫の手も・・・

今日はヤバかったです・・・(汗)
週明けの月曜日が忙しいのは当たり前ですが、さすがに余裕のなかった瓦人です。
工場、トラック、営業、集金、見積り、メール対応、業界団体ワークス、400年祭ワークス、創造的提案、創造的ワークス、etc.・・・。
特にこの創造的提案に対する顧客のポジティブなリアクション・・・これに対する創造的ワークスが一番大変です。
内容的には、未来志向で建設的で・・・逆に一番遣り甲斐があるのですが、なんせ一日のうちの時間配分を調整できません。
工場やトラック配達など、否応なしにこなさないといけないルーティーンな仕事を優先せざるをえず、どうしてもクリエイティブな仕事の優先順位は低くなります。
毎朝5時半に起きては突っ走ってるのですが、全然時間が足りません。
まさしく猫の手も、出来れば子猫の手までも借りたいような・・・(笑)

そんな瓦人が、空想の世界に心を解放できる唯一の日曜日・・・
b0168041_2027729.jpg
夜中、海風に抱かれて見つめていたのは、まさしくファンタジーの世界でした☆

いつも本当にたくさんの人に読んでいただいているにも関わらず、こんな日もありますのであしからず・・・。
明日も頑張ります☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-09 20:33 | 瓦人