<   2009年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧

さすらいのトラック野郎  崖の上の○○○!?

さて本日は、讃岐の新築現場♪に参上してきました。

何気に久しぶりの新築現場♪♪♪何かメッチャ嬉しいです☆

で、今回の新築現場は~
b0168041_17194851.jpg
こんな感じの切妻二階建てのお宅でした。

この現場の下屋根、イイですね~♪←何で?それは・・・瓦屋根が良く見えるから!(笑)

ここに玄関を持ってきた所がポイント高めです♪せっかく「日本瓦いぶし」で屋根を葺くんだから、よく見える方がイイでしょ♪

さてと、今日も仕事仕事!この現場・・・坂道が多い住宅地に建っていたので~
b0168041_17343734.jpg
こんな感じに降ろしていくことに・・・。

けっこう坂道が急で、瓦が倒れてくるのでこの向きでしか降ろせませんでした(汗)分かる人は分かるよね!

このあと何故か「ポ~ニョ♪ポ~ニョ♪ポニョ♪」っと唄を歌いながらの任務は続き、無事任務が終了しましたよ~

ポ~ニョ!!
b0168041_17462347.jpg
何でポニョなのか?分かったかな?(笑)

ま、今日もこれで一軒、いぶし瓦の新築屋根が増えそうですね♪ありがとうございました。ポ~ニョ♪

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-09 17:58 | さすらいのトラック野郎

autumn color costumes for rent☆(秋色の貸し衣装)

淡路島では、ドラマティックなまでの紅葉には出会えそうもなく・・・。
b0168041_2044569.jpg
自然もそれを自覚してか、せめて季節らしき装いを心がけ、思いついたのはこんな姿でした・・・。

秋色の貸し衣装・・・
b0168041_2052920.jpg
紅葉を求めてふらっと出かけた日曜日・・・、そんな健気な姿が一番印象的でした。
奥ゆかしさのなかに秘める、ちょっとした見栄っ張りなココロ・・・人にも自然にも息づく日本色-nihoniro-☆

たまにはこんなブログもいいかな~♪
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-08 20:07 | 瓦人

瓦遊び・・・☆

神秘の光・・・海蛍と遊べる日常に感謝です → 「as usual ~日本色~」

土×瓦×空・・・今日も樂久登窯さんへの瓦の配達です♪
b0168041_17543781.jpg
これでほぼすべての瓦の搬入が終わりました。あとは施工もラストスパート・・・完成が楽しみですね~♪
なにやら大がかりな工事を目の前に、西村さんの作品たちも静かにその様子を見つめています。
b0168041_1758750.jpg
素晴らしいギャラリーになることを期待して・・・☆

先日、いつもお世話になっている㈱福岡造園緑化さんから「市役所で飾ってあるディスプレイの撤去の際に、それをあげるから是非取りに来て~」と声をかけていただき、遠慮なく飾らせていただいております・・・木と瓦のコラボレーション‘移動庭園’で~す☆
b0168041_182050.jpg
行動派の社長さん・・・思い立ったらすぐ行動に移すそのバイタリティーは尊敬しています。元気な企業が生み出すアウトプットは、すべて元気が宿っています。こうした地場産業のPRもかねた演出作りは、民間主導で積極的に展開していくのが理想だと思う瓦人です。
b0168041_1863349.jpg
b0168041_1864419.jpg
b0168041_1865525.jpg
季節ごとに植え替える楽しさもありますね。皆さんもどうですか~?人の情熱が込められたこんなガーデニング・・・瓦の存在感を発揮できる場は、こんなところからであってもありがたいですね♪

そんな今日土曜日の夕景に、淡路島の情熱を見出す瓦人です☆
b0168041_18125520.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-07 18:14 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  今までお疲れ様でした。

さて本日は、以前から行っている阿波の超ビッグ葺き替え現場に参上してきました。

現場の進行状況は~
b0168041_17354836.jpg
ご覧のように、上屋根は綺麗に古瓦も撤去されルーフィングが貼られてました。今は下屋根の古瓦撤去中ですね!

ちなみに反対側から見ると~
b0168041_17441959.jpg
この前僕が運んで来た瓦達が葺かれていました。早っ!

聞くと、総勢8人が「瓦を葺く人」・「メクル人」にそれぞれ分かれて作業しているそうです。どうりで早いわけだ♪

で、昨日親方から・・・「もう葺く瓦なくなったから、積めるだけ積んできて~」と言われていたので~

頑張って積めるだけ積んできましたよ~

ど~ん!!
b0168041_17553515.jpg
これでしばらくはイケるでしょう。今日もありがとうございました。


おまけ・・・

この現場の上屋根に据えられていた鬼瓦なんですが、これまた凄い鬼瓦だったのでご覧下さい・・・

じゃ~ん!!
b0168041_17595056.jpg
b0168041_180277.jpg
どうです?凄いでしょ!

残念ながらこの鬼瓦は、もう屋根に上がることはありません。でも僕的には、焼き直してもう一度屋根へ上げて欲しかったです・・・。

でも鬼瓦君!100年間お疲れ様でした♪あとは、庭からこのお宅を見守ってあげてね!

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-07 18:10 | さすらいのトラック野郎

ラストスパートです☆

b0168041_18341260.jpg
下屋根の地葺きも佳境です。今日も樂久登窯さんへとトラック任務です。地瓦の他に積んできたのは、いよいよ棟瓦たちです。
b0168041_18354067.jpg
こちら、鬼瓦など諸々のデザインとの兼ね合いを考慮して、オール薄のし積みで仕上げます。通常ののし瓦と比べて、一枚の厚みが7~8mm薄いのです。これでよりシンプルで軽快な印象を与えてくれます。そんなパートナーの鬼瓦・・・オリジナルオーダーにてすべて手作りの逸品たちです。その雄姿・・・屋根にのぼるまでのお楽しみ~ってことで、チラ見せです。
b0168041_18391290.jpg
お~、なんだこの曲面は!?海津タイプには間違いないのですが、レギュラーの海津鬼は平面に仕上げられているため、その陰影の妙に物足りなさがありますが、この鬼瓦は日の出から日の入りまで、その光の入射角によって様々な陰影を魅せる工夫が施されています。あくまでもシンプルイズムに基づいていますが、さり気ないこだわりによりグッと洗練されます。おっと、これ以上言うと面白くない。来週には屋根に据えられるかな~?乞う御期待ですね☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-06 18:47 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  唐破風!!

さて本日は、讃岐の神社葺き替え現場に参上してきました。

現場は~
b0168041_178185.jpg
こんな感じの~
b0168041_1781977.jpg
唐破風造りの屋根でした。カッコイイですね~♪

この龍鼻だって~
b0168041_17271464.jpg
凄いっしょ!でもずっと見ていると、微妙に動いていたような・・・いなかったような・・・(汗)

少し怖くなったので、とっとと任務を遂行することに~

先ずは、先日預かって焼き直した鬼瓦と隅蓋を超慎重に降ろすことに~

そ~っとそ~っと・・・
b0168041_17412367.jpg
綺麗に焼き上がってるでしょ!これでまた100年は大丈夫!(たぶん)

続いて残りの本葺瓦達を~
b0168041_17451135.jpg
いつもながらの真心降ろしです。

あとは職人さん、ビシッと仕上げてやってくださいね♪お願いしま~す。

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-06 17:56 | さすらいのトラック野郎

刻印を打てる自信を・・・

コスモス地球☆
b0168041_20245986.jpg
讃岐で出会った一面のコスモス畑でした。
b0168041_20261442.jpg
営業で走り回る瓦人の目には、道端にある瓦がやはり気になります。
こちらも讃岐・・・道沿いに突然現れた、とある古墳跡に積まれた古瓦たちです。
b0168041_20291349.jpg
b0168041_20292635.jpg
車を停めて瓦としばし対話してみました。
昔の瓦は手作りゆえの温かみもあり、またそれゆえ一枚一枚の表情が違います。工業製品化された今の工程ではなかなか難しいのですが、どこか一部にでも、そのモノ自体のそうあるべきストーリーとかを感じさせる細工があれば、たちまちエモーショナルな建材となります。たとえばこちら万十軒瓦・・・
b0168041_20344279.jpg
裏側を見るとある、葺き土との馴染みをよくするための模様(凹凸)です。これがあるかないかで施工性および耐久性等が違ってきます。今で言う‘機械’のない時代に工夫して出来上がる瓦、その結果としてあるこのようなデザイン(正確には機能性を追求した結果としての模様)が、現代においても感性豊かでお洒落に見えます。
こちらは紐付きの台面のしです・・・
b0168041_20405399.jpg
b0168041_20411087.jpg
どちらも同じ瓦でしたが、このカキヤブリという土馴染みの模様が一枚一枚違うんです。手作りの面白さですね。またすべての瓦にこうした刻印も押されています。
b0168041_2059487.jpg
b0168041_2059177.jpg
現在の桟瓦製造工程では、なかなか手を挟む余地がなく、こうした演出はしにくいですが、この刻印があると「一枚一枚仕上げたぞ!!」という意気込みのようなものを感じますよね。できれば役瓦からでも瓦業界としてこうした演出を取り戻していきたいと思う瓦人です。だって大量生産の時代は正直終わるでしょ。
物作りに込める想い・・・そんな心の通った製品が今後残っていくと信じています。

刻印を打てる自信・・・瓦作りだけでなく、これからいろんな面で養っていきたいですね☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-05 21:08 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  何もかもが凄いです。

さて本日は、阿波の修理現場&葺き替え現場二ヶ所の旅でした。

先ずは一ヶ所目、修理現場に到着~
b0168041_1726452.jpg
肝心の現場写真はありませんが、ここで平瓦約300枚を降ろしました。

で、少し軽くなった大栄号で次なる現場に向けて出発~!

走ること数十分・・・現場に到着~!が、しかし・・・
b0168041_17293240.jpg
ご覧のように、現場進入口に立派な門がありました。

高さが微妙です(汗)でも、この高さなら裏技を使わなくても入るかな~?っと、一回チャレンジしてみることに~
b0168041_17332745.jpg
ラッキー☆けっこう余裕で進入できました♪では、お邪魔しま~す♪

おっと!危ない危ない・・・。こちら側の下屋根が意外に低く、もう少しでブツけるところでした(汗)
b0168041_17361219.jpg
というわけで、裏技を使って進入することに~。

で、現場の方はというと~
ど~ん!!
b0168041_17462795.jpg
ご覧のように、大栄号が小さく見えるほど大きなお宅でした!あまりにも大きくて、しばらく見入ってしまいました(凄ぇ)

聞くと、何と!?築100年!!しかも!瓦もその当時の物だそうです。やっぱ凄いな~日本建築って!

さてと、今日も仕事仕事!って、まだ少し瓦搬入は早いのでは?と思うかもしれませんが~
b0168041_1811963.jpg
いつものように、真心降ろしです!

何で瓦搬入が早いのか?それには理由があったんです!それはというと~
b0168041_1834863.jpg
b0168041_1895710.jpg
この立派な100年前の鬼瓦を、引き取るためだったのです。

この鬼瓦は淡路へいったん持ち帰り、焼き直してまたこの現場へ搬入します。見違えるほど綺麗になるよ~♪

というわけで、無事淡路へ持ち帰り本日の任務は無事終了しました。あ~でも、割らずに持ち帰ることが出来て良かった~(ほっ)

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-05 18:38 | さすらいのトラック野郎

職人集団で作る一つの物語・・・

今朝早く、工場前に広がる景色・・・月と朝焼け雲の同居が綺麗でした☆
b0168041_17323877.jpg
今日は朝からまたまたトラックにて向かった先は・・・?
どーん!!大リフォーム中の樂久登窯さんです☆
b0168041_17333871.jpg
母屋の内部は、新しい感性が注ぎ込まれるために、もうその空間のほとんどが露わになっていました。
b0168041_17371771.jpg
さてさて屋根のほうですが、今回綿密な打ち合わせの末に選ばれた軒瓦はこちらでした・・・。
b0168041_17381694.jpg
合端にて付された番号に‘職人仕事’を感じることが出来てエモーショナルです。
こちら・・・鎌軒瓦で~す☆一切の無駄をそぎ落とした、情緒と風格漂うその風貌です。
b0168041_17395092.jpg
何気にこの鎌軒・・・なかなか現実の現場へは届かなくなりました。製造・施工技術の高さ、瓦屋根への理解等、複合的な要素が絡み合いますが、もっと知ってほしく、またもっと採用してほしい瓦です。個人的には最高にカッコイイと思います。瓦葺き職人さんもその技量を発揮できる遣り甲斐のある瓦ですよね。和型軒瓦の原点的な存在なんですが、現代感性から見ても、軽快な印象を与えるレトロモダンな仕上がりになりお洒落だと思う瓦人です。
b0168041_17464532.jpg
b0168041_17465931.jpg
しびれるラインですね~。日本建築のこの流麗な美・・・いぶし瓦でこそその表現を飛躍演出できますよね。
今日はホントにいろんな業種の職人さんたちが汗を流してました。皆、それぞれの持ち場持ち場を一所懸命に・・・これが日本の昔ながらの建築風景だと思います。
b0168041_17541172.jpg
その道のプロたちの凌ぎあい・・・見ててカッコイイと思うのは当然です。この姿にあこがれて子供たちは‘職人’を尊敬し、また将来の夢として希望を抱くのです。今のプラモデルを組んでるだけのような建築シーンで、一体誰を感動させることが出来るでしょう?また、‘職人’への憧憬を誰が抱くでしょう?

こうした職人さんの技量が試される(競う)建築が増えれば、こんなに日本の景観は崩されることはなかったはず・・・。そこには過当で下等な価格競争など無縁の、純粋にイイものをイイとして認める世界があったはず・・・。戻したいですね、そういった本来の土壌を。改めてそんな当たり前の価値を共に追求できる現場に立ち会うことができて幸せです。

樂久登窯さんからの坂を下ってくると魅せてくれた淡路島西浦のブルーです☆
b0168041_1891480.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-04 18:13 | 瓦人

さすらいのトラック野郎   寒っ!!

さて本日は、阿波の超山奥にある葺き替え現場に参上してきました。

それにしても今朝は、めちゃ寒かったですね~。現場へ向かう途中にある温度標識が~
b0168041_17152863.jpg
何と!!3℃を表示してました(寒っ)あまりの寒さに、写真に写っている看板の温泉に行きたくなりました(笑)

ま、そんなわけにもいかず、もっと気温が低いであろう山奥の現場へ向かうことに~
b0168041_172177.jpg
一歩踏み外せば完全にアウト的な怪しい山道を登っていきます・・・
b0168041_17224851.jpg
で、こんな怪しい山道を登ること数十分・・・何とか現場に到着~
b0168041_1725163.jpg
現場は、こんな感じの寄棟屋根でした。集会所かな?って・・・まだメクってないやん!!

それもそのはず、今日から着工の現場だから(笑)

この現場、パッと見では綺麗に見えますが、近くで見るとかなり傷んでました。

さてと、今日も仕事仕事!!今日から着工ということで、親方達が来るまでにとっとと降ろすことに~

ど~ん!!
b0168041_17392513.jpg
今日もこれで一軒、粘土瓦の屋根が出来そうですね♪ありがとうございました。

最近は朝晩の気温がグッと低くなりました。皆さん、体調にはくれぐれもご注意を!!(ハックション!)

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2009-11-04 17:56 | さすらいのトラック野郎