<   2010年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

さすらいのトラック野郎  祝 今年初の新築現場♪

さて本日は、讃岐の新築現場♪に参上してきました。

何気に、今年初めての新築現場です♪(嬉)

で、現場の方はというと~
b0168041_16423535.jpg
こんな感じの~切妻平屋の屋根でした。この写真で分かりにくいですが、棟違いになってます。

桟打ち&割付も終わり、あとはいつでも瓦を揚げれまっせ~状態ですね!

では今回、この現場で使用される瓦をチラッとご紹介します。

桟瓦は56判面取り・軒瓦は今巷で大流行の~
b0168041_16475854.jpg
ベタ万十です。スッキリとしてカッコイイでしょう?普通万十に少し飽きた方は、是非お試し下さい。

で、鬼瓦は~
b0168041_16515055.jpg
こちらも最近大人気の京カエズ鬼となっております。普通のカエズに飽きた方、是非お試し下さい。

さてと、今日も仕事仕事っ!!今日は屋根揚げ任務だったので、先に棟関係の瓦を降ろし、地葺き分の瓦を~
b0168041_1657490.jpg
じゃんじゃん屋根へ揚げていきました。(今日は屋根の上が親方1人のため、少し軽めの4束積みです)

このあと順調に作業は進み、無事任務完了で~す。

ど~ん!!
b0168041_1713648.jpg
今日もこれで一軒、いぶし瓦の新築屋根が増えましたね♪ありがとうございました。

親方、あとはビシッと仕上げてやって下さいね!

あ!そうそう!この現場の前にあった古民家の屋根なんですが、何か凄く惹きつけられるものがあったので写真を撮ってみました。

それでは、その屋根をご覧下さい・・・
b0168041_17125542.jpg
どうです?この味わい深い古瓦の魅力!やっぱ瓦屋根って・・・凄いですわ!あらためてそう感じました。

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-22 17:24 | さすらいのトラック野郎

雨にかすむ窓辺の風景・・・

b0168041_2042182.jpg
阿波の葺き替え現場です。こちらは大きな二階建て寄棟屋根なんですが、トラック野郎は二度とも運べてません(笑)悔しかっただろうな~。今日は雨により工事も中断してますが、追加の瓦を配達に寄りました。今日は集金含め幾日ぶりかの阿波への旅でした。

雨にかすむ風景・・・濡れたガラスに写りこむワインのあるシーンです☆(な~んてのはウソで、店内の柄入りガラスです♪)
b0168041_2094998.jpg
先日の南海荘さんブログによる、強烈な京都イタリアングルメツアーなんかを見てしまったら、もうイタリアン向けのヨダレが洪水状態・・・(笑)ちょうど午後一に向かう集金先のすぐ近くが、偶然か必然か「クッチーナ・タケダ」さん♪こちらこそまさしく久しぶり・・・ちょっと頂いてきました~。
b0168041_20134627.jpg
先ほどの写真は、カウンター席に置かれた赤ワインが、店内のモザイク調柄入りガラスに写りこんでる姿でした。昼から降りだした外の雨模様に例えて、ブログ用にワンフレーズ出来そうで撮ってました(笑)この後、イイダコのトマト煮込みソースのパスタに、若鳥のオーブン焼き トマトとバジルのソース・・・と、溢れていたヨダレも大活躍のイタリアンランチを堪能♪
b0168041_20194164.jpg
b0168041_20201929.jpg
ワインのあるくつろぎシーン・・・もちろん昼から飲んだ訳ではありませんが、ココロもカラダも満足でした。大変おいしゅうございました~。
b0168041_20231455.jpg
これで瓦がバンバン売れてれば最高なんですが(苦笑)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-21 20:27 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  やっぱ申し訳ない・・・。

さて本日は、以前行った紀州の葺き替え現場に再び参上してきました。

今日は朝から雨と思っていましたが、現場の神が僕に微笑んだのが?現場に着く頃には雨も止んでくれました♪

で、今日も250キロの道のりをチョットだけ積み過ぎた大栄号を巧みに操り現場到着です・・・(実際には現場手前ですが)
b0168041_1774488.jpg
まだ真っ暗・・・街灯の明かりだけではチョット怖いぐらいです(汗)

しばらく仮眠していると、夜も明けてきたので現場確認に行くことに・・・
b0168041_17144483.jpg
天気が悪かったのでブルーシートで養生してありますね。

天気のせいもありますが、たぶん瓦をあそこまで運ぶのが大変で葺くまで行かなかったと思います。

さてと、今日も仕事仕事!今回も前回同様、手前の広い場所へ申し訳ない気持ちいっぱいで降ろすことに・・・。

ど~ん!!(控えめに)
b0168041_17324380.jpg
この現場はオール降り棟も付くので、厚のし瓦1400枚というビッグスケールとなっております。

そして、僕が任務終了した頃に職人さんが参上し、降ろしてある瓦を~
b0168041_17464931.jpg
遠く離れた現場まで、一輪車で運んでいました。やっぱ軽トラも入らなかったんですね(汗)

職人さん、頑張って下さいね!とまぁこんな感じに今日も、申し訳ない気持ちいっぱいで現場を後にしたのでした~。

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-21 18:02 | さすらいのトラック野郎

絵になる瓦・・・絵瓦-kaiga-

花小径-hanakomichi-   西日に照らされ浮かび上がった獣道は、花の撒かれた美しい小径でした。
b0168041_206241.jpg


景気は悪くとも、何に追われるのかなんとも慌ただしい日々・・・。
いよいよ佳境に入った淡路瓦400年祭の事務的ワークも、そんな毎日に追い討ちをかけます(汗)
b0168041_20125069.jpg
昨夜も遅くまで続いた実行委員会(←その模様・詳細はリンク先をどうぞ)・・・タイムスケジュールもいよいよタイトに。準備不十分なところも多々ありますが、とにかく与えられた仕事を粛々とこなすのみです。一人でも多くの人に、瓦が本来的に持つ魅力である感性価値を・・・その想いだけをエネルギーに変える今日この頃です☆

お昼に所用でサンセットビューホテル「けひの海」へと・・・
b0168041_2019061.jpg
※テーブルの瓦坐を立てて、輝く空海をバックにワンショット☆
レストランのテーブルクロスの上にあるのは、冬の斜光を受けて絵画のように浮かび上がる瓦坐でした☆
b0168041_2022159.jpg
絵になりますよね♪これも瓦です。次代の感性に響く瓦なんです。
b0168041_20235042.jpg
つかの間のブレークタイムは、まさしく感性価値ほとばしる絵になる瓦と触れ合いながら・・・。

この瓦坐・・・もう数年前から、地元南あわじ市の施策による、住宅の新築および葺き替え工事に際して淡路瓦を使用した物件に対する奨励金交付にともない、その記念品として干支瓦か瓦坐のどちらかを選んでもらい進呈しています。なかなか人気のようで、またこうして依頼をお受けしました。
b0168041_20372076.jpg
二枚セットの瓦コースター・・・喜んでいただければ嬉しいですね。
そこにはまた、瓦をもって絵になる生活シーンが描かれていくことでしょう・・・☆
b0168041_20391656.jpg
響け、瓦の感性価値!! 瓦島=宝島・・・五感いっぱいに瓦の魅力を堪能できる島この「淡路島」へと、今年の400年祭をきっかけに是非たくさんの人々に訪れてほしいものです☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-20 20:50 | 瓦人

明けない夜はなく・・・

↓↓ この大池では、昨夜流星のある素敵なシーンと出会えました☆ → 「as usual -日本色-

b0168041_12494893.jpg
夜明け前、出勤途中にある大池が幻想的でした。
暗く重い夜色を、希望の光が押し上げていきます・・・。
b0168041_12513222.jpg
降る霜のベールに包まれた景色が、よりいっそう神秘的な雰囲気を醸し出します。
まもなく希望の夜明けです・・・。
b0168041_12532482.jpg


b0168041_12541352.jpg
この小さな瓦の町で起こる奇跡を信じて・・・。
今晩は400年祭実行委員会です。ということで、夕方新聞社の取材もあるので昼休みの更新です。
いよいよプロモーションDVDも完成し、マップコンテンツも揃いました。
このパンフレットマップは、早急に仕上げないともう時間がありません。
あとは、瓦関係業界全組織、行政、商工会、観光業界含め、皆の力でこのイベントを広めていきたいです。
派手なことは出来ませんが、伝統産業のこんな取り組みを一人でも多くの人に知ってもらいたい・・・そんな想いです。

明けない夜はなく・・・、止まない雨もなく・・・。
みんなで迎える素晴らしい夜明けのシーンは、もうすぐそこですね☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-19 12:47 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  申し訳ないです。

さて本日は、紀州の葺き替え現場に参上してきました。

今回の現場は片道約250㌔ぐらいあるので、いつもより早めに出勤です・・・
b0168041_1745649.jpg
倉庫で爆睡していた大栄号を叩き起こし、いざ!現場へ向けて出発進行~!!

で、走ること約4時間(休憩も含め)・・・現場に到着~
b0168041_174938.jpg
現場は、こんな感じの紀州独特の入母屋造りの屋根でした。これぞ紀州の屋根!!って感じのカッコイイお宅でしょ!

屋根地も全て新しくされ、野地修正もバッチリですね♪

それはそうとこの現場、漁師町の狭い道路をメチャメチャ奥に入った所に建っていました。

ではその進入路をご覧下さい・・・
b0168041_1881156.jpg
道幅は軽トラがギリギリ通れるほど、しかもこの道が200メートル以上続いてます(汗)どうしよう・・・・。

さてと、今日も仕事仕事!百戦錬磨のトラック野郎は、この道のりを軽トラでコツコツと小運搬することに~・・・

というのはウソで、今回は親方から「瓦は手前の広い所でいいよ♪」って言われていたので~
b0168041_1822447.jpg
お言葉に甘えて、手前の広い所に真心降ろしです。

何か申し訳ない気分でいっぱいですが今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えましたね♪ありがとうございました。

あとは親方、大変だと思いますが頑張って下さいね♪

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-19 11:36 | さすらいのトラック野郎

それでも空はキレイで・・・☆

自宅の部屋窓の真下には、瓦人が生まれる前から小さな瓦工場がありました。
もう廃業されておそらく20年以上になりますが、無人の時を刻みつつも最近ようやく解体されました。
b0168041_19151013.jpg
無残に残る瓦礫と、もう今では無意味となるそれなりに広い敷地・・・。
往年の活気も感じることが出来ず、まさしく寒風吹きすさぶという言葉の似合う、ただただ寂しい姿をさらします。
栄枯盛衰、諸行無常・・・この世のすべての事象の永久不変性を否定する哲学ですが、この煌めく星空のように淡路島にある大自然だけは、小事に微動だにせずまるで何事もないかのようにいつまでも美しく・・・。
b0168041_19254217.jpg
この哀れなる儚さと、皮肉なまでの綺麗な星空が同居する風景が印象的でした。
瓦人ら瓦師にとっては、こうした瓦礫のある風景が広がっていくのは決して小事でなく・・・。小事は大事という諺ではありませんが、この大事にリアルに至らぬようするためには、もう人のチカラの及ばない世界に頼らなければならないのでしょうか?人の叡智とは、もうその底を尽きたのでしょうか?
b0168041_19362734.jpg
瓦礫と星空と・・・・・その絶望と希望の混在するシーンに、複雑な想いで望む夜でした。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-18 19:40 | 瓦人

さすらいのトラック野郎   たまにはね!

さて本日は、讃岐の葺き替え現場に参上してきました。

現場は~
b0168041_1756630.jpg
こんな感じの~
b0168041_17562217.jpg
切妻二階建ての納屋でした。

今朝も気温が低く、猛烈な霜がルーフィングに降り注いでいるでしょ?これでは、しばらく屋根には怖くて上がれませんね(汗)

って、僕は下での仕事なので関係はないのですが(笑)

さてと、今日も仕事仕事!!今回は降ろし場も広く、久しぶりに楽々任務となりました♪

が、しかし!!せっかくの真心降ろし写真を撮り忘れてしまうというミスを犯してしまいました(汗)

ということで~
b0168041_1863961.jpg
今日は、このポチ写真でご勘弁を!(笑)

ま、写真はありませんが今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えましたね♪ありがとうございました。

さぁ明日は、写真を撮り忘れないように気を付けよう~っと!

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-18 18:11 | さすらいのトラック野郎

sora×umi×hikari・・・egao☆

b0168041_1556983.jpg
昨日は幼稚園の父親参観・・・
燦々と降りそそぐ冬の陽光のもと、その光よりも輝いていたのはみんなの笑顔でした☆
b0168041_1558281.jpg
凧揚げっていつ以来でしょう・・・こんなにも笑顔になれる昔ながらの遊びに夢中です。
-光へと続く糸-  その先へとのぼってみたいな♪
b0168041_163771.jpg


そして最高の空が広がる日曜日・・・みんなでレッツ・ゴー黒岩水仙峡です☆
b0168041_1642663.jpg
・・・・・・・・・・・(汗)そこにあったのは、この絶景に見合わない大渋滞&大行列。
意地での入場でしたが、遊歩道は数珠繋ぎの人・人・人による止まれない団体行進状態・・・。
よって以下の写真はすべて‘ノーファインダー&ノーモーション’・・・でも意外にもキレイでした(笑)
b0168041_1610422.jpg
b0168041_16105611.jpg
b0168041_1611845.jpg
b0168041_16112197.jpg
ここでもやはり・・・空×海×光がもたらすアウトプットは‘笑顔’でした☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-17 16:14 | 瓦人

雪化粧が魅せる和の町並み

b0168041_16353498.jpg
先日、雪に覆われた阿波の町並み・・・お昼にちょうど通り掛かった脇町は‘うだつの町並み’を歩いてみました。こんな風景を見られるのもそうそうありません。雪化粧が魅せたその家並みは、余計なものを包み隠し、より当時の面影を感じさせる素晴らしい雰囲気をもって迎えてくれました。
b0168041_16383888.jpg
b0168041_1638569.jpg
懐かしい雰囲気漂うなかにも、そのレトロさが逆に思いっきりモダンにも映るファサードも・・・。
b0168041_16403050.jpg
b0168041_16404322.jpg
公立の図書館なんですが、レトロモダンな雰囲気抜群で、その色使いも含めてディテールがなんせお洒落・・・現代に生きる我々にも大いに参考になるデザインでした。

b0168041_1646823.jpg
居並ぶ歴史あるお店のなかには、こんなふとした違和感にも気付かされます。このガラス・・・なんと昔ながらの手作りによるものだそうで、映り込む景色も柔らかく歪んでいます。工業製品のように真っ平らでないからこその味わいです。それが逆にスリガラスのように、結果として中のプライバシーを保護していたり・・・。

そんな感性を刺激されるシーンに連続して出会うと、自然とアンテナも敏感になります・・・。
ということで出会った、これもまた稀にみる冬景色の風物詩・・・ツララです。
b0168041_16523219.jpg
b0168041_16524490.jpg
b0168041_16543232.jpg
瓦×氷柱・・・淡路島も含め、この辺りの地域ではなかなかお目にかかれない素晴らしい日本景ですね☆
b0168041_16555262.jpg
青空にキラキラと輝く氷柱からしたたる雫が印象的でした。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-16 17:02 | 瓦人