<   2010年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

さすらいのトラック野郎  久しぶり放浪記!!(苦笑)

さて本日は、阿波の葺き替え現場に参上してきました。

先ずは現場付近で~
b0168041_12382681.jpg
来る途中コンビニで買った週刊ジャンプを読みながら夜が明けるのを待ちました。(漫画ワンピース・・・いよいよ大詰めです・・・笑)

そうこうしているとイイ時間になってきたので現場へ向かうことに~。で、到着・・・
b0168041_12403676.jpg
現場はこんな感じの切妻平屋建てのお宅で、母屋と離れの二棟ありました。ありがたや~♪ありがたや~♪

さっそくですが、今回の降ろし場は~
b0168041_12475491.jpg
ご覧のように、機械(タワー)が2つセットされていました。しかも、けっこう場所が狭目となっております。

さぁ~て、どう降ろそうかな~?考え中・・・しばらくお待ちくださいm(__)m

【玄関があるので施主さんが出入りしやすいようにっと・・・】
【スーパーカブはナンバーが付いていないので埋めてよしっと・・・】
【役瓦は両方から取りやすいようにっと・・・】
【あとは企業秘密なので書けません・・・笑】

っとまぁこんな感じに頭の中でイメージし、降ろすことにしました。

さぁ、イメージ通りに降ろせたかな~?ではその結果をご覧下さい・・・

ど~ん!!
b0168041_137517.jpg
完璧!!(パチパチ♪)

今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えそうですね♪ありがとうございました。

残りの瓦はまた近い内に搬入予定となっております。またその時はヨロシクお願いしま~す♪

それはそうと、来週から気温がグッと上がって小春日和になるそうです♪出荷の方もグッと上がってくれるかな~?(期待)

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-16 17:00 | さすらいのトラック野郎

静寂つづり・・・

b0168041_17115025.jpg
紅一点・・・真っ赤な日の出が印象的でした。
今日も夜明け前から四国へと・・・、この時期の早起きはキツイですね~(って、年中早起きなんですが(笑))
昇る朝日で金色に染まりだす、まだ静寂に包まれた讃岐の町並み・・・。
b0168041_17142185.jpg
昨日の雪景色と同じく、ここでは霜で染められた‘白’の屋並みがキレイでした。

午前中で用事を済ませて淡路島へととんぼ返り・・・。
瓦坐の大事な商談のため、相手方の皆さんとの待ち合わせ場所へと・・・。
b0168041_17175164.jpg
ここにもあった静寂・・・それはこの寒い冬の海に見る「夏の面影」・・・。(モノクロ ハイキー仕上げです☆)
b0168041_17192585.jpg
今日は朝からテンヤワンヤ・・・、そんな日は出会った印象的な‘静寂’を綴って終わります。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-15 17:22 | 瓦人

白銀一色・・・

b0168041_19422100.jpg
夜明け前の徳島・・・不気味なほどの赤が印象的でした。そんな意味深な雰囲気に導かれた先の世界は、眩しいほどの白銀の輝きで覆われていました。
b0168041_1984334.jpg
b0168041_1985471.jpg
雪と氷の世界・・・四国では一年にあるかないかの風景が、今日まさに広がっていました。
b0168041_1995387.jpg
↓↓ 白と黒・・・天然のモノクロシーンとはこのことです☆
b0168041_19105046.jpg
↓↓ 雪の川・・・温暖なこの地域では非現実的な空想世界が現実に!!
b0168041_19133790.jpg
景色を一変させた昨日の雪は、一夜にしてこの日本画を描いた優れた風景画家(アーティスト)でした☆
b0168041_19175761.jpg
脇町はうだつの町並みにて・・・瓦屋根もその情緒を高めます。
b0168041_19191698.jpg
この珍しい白銀の景色のなか、走っていてふと感じたことがあります。何の変哲もない、また美観に優れているわけでもない、むしろ普段は景観的に秩序のない町並みの屋根が、この白一色で覆われた途端にたちまち統一感をもって風景としての落ち着きを取り戻します。
b0168041_1925590.jpg
もっと被写体としていい町並みもたくさん目にしましたが、車を停めることができず撮れませんでした。それでもこうして「白銀」で統一されたその姿は、なんとも美しい景観を形成していました。

この秩序、統一感というものが大事なんですよね。昔の日本景がフラッシュバックし、やはり風景や町並みにおける屋根の役割・存在感は重要なものだと確信しました。瓦人が昔から言うように、秩序あるしっかとしたアイデンティティーに基づく、さらに文化的にも価値ある町並みの広がりは、こうして人に精神的安心感を与え、この国やその地域への思慕の念や帰属意識も高め、それがまたコミュニティーの成熟にも繋がります・・・。

ここはnippon・・・みんな日本瓦でいいじゃないですか。そう思いませんか?
稀に見る雪景色に、そんなことを感じた瓦人です。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-14 19:42 | 瓦人

氷雪模様・・・

b0168041_1733212.jpg
氷が描くアート・・・早朝、事務所前の小さな水たまりも、この冬初めて完全凍結していました。
b0168041_17353185.jpg
これなんかアニエスのロゴみたいですよね♪
その様まるで、空気も水もその性質変化の過程を瞬間的に止めてしまったように不思議なアートを描きます。
b0168041_1747384.jpg
自然が魅せるダイナミックかつ繊細なアートは、そのままフォトフレームに入れて飾れるほど美しく・・・。リアルに感じる冷たさからも、余計に研ぎ澄まされた感性を感じますね。

そんな今日はまた、淡路島ではホント珍しく、終日雪も降り続きました。
b0168041_17481050.jpg
喜んで外に飛び出すのは、いくつになっても変わらず・・・(笑)
カメラを手持ちですが、ちょっとシャッタースピードを遅くして白の軌跡を描いてみました。
それはまるで冬の蛍のように・・・、風に舞い飛ぶ雪の奔放さが瓦人のココロ模様を表してくれているようで♪
b0168041_20195293.jpg
b0168041_2020425.jpg
夕方には光も射してきました。明日も寒い一日となりそうです☆
b0168041_20205138.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-13 20:23 | 瓦人

i’m lovin’ it ☆

さ~て、明日から世界的に猛威を振るっている強烈な寒波の襲来ですよ~。
そんな嵐の前の静けさなのか、今朝の生温かさは気持ち悪かったです(*_*)

新年初の阿波のお得意さんめぐりへと・・・ただ、行く先々では暗い話ばかり(-_-;)
とにかく進むしかないですね♪
ということで、時間が取れずタイミングを逸したランチはまたまた車内で‘i’m lovin’ it’です☆
b0168041_18102939.jpg
日本語訳 → 私はそれがとても好きです。
そんなことはないのですが、便利さを享受させていただきました(^^ゞ

そうと思えば、鴨島町のお得意さんちでは初荷のオーダーもいただきました☆
古瓦を撤去中の現場がすぐ近くなので確認に・・・古いスレート屋根のお宅ですが、母屋と離れの二棟同時に葺き替えです。
b0168041_1835458.jpg

両方で約45坪・・・いぶし瓦で蘇りましょうね~☆
さ~て、明日は雪のマークもチラホラ・・・工事は進むかな~?
でも、各地でこうしていぶし瓦の屋根が出来ているんですよ。
悲観からは何も生まれません・・・ただただ、この一軒一軒の積み重ねを頑張っていくしかないですね。

話は変わりますが、先日淡路島にある洲本城へと・・・。
そこには、たくましい歴史の証人が、ただ静かにこの世の中を見つめる姿がありました。
静寂の星空に包まれたこの姿から、皆さんにはどんな声が聞こえますか?

-歴史の道しるべ-
三熊山・・・紀淡海峡を臨む要衝の地であるこの山に築城されたのが洲本城。
b0168041_18261717.jpg
洲本の町を見下ろす高台にて、ただ静かに時代の趨勢を見守り続けてきました。
星空を仰ぐとき、かつての激動を微塵も感じさせず、ただ静寂に包まれたまさしく悠久不変の時の流れを感じます。
b0168041_18274434.jpg
夜空に浮かび上がるその雄姿に臨むと、おそらく当時とそう変わらないであろうこのシーンに意識だけでもタイムスリップし、
かつての活き活きとした時代の躍動を感じることが出来るようで・・・。
b0168041_18283261.jpg
星が描く軌跡は、まさしく歴史の道しるべ。
過去と未来を繋ぐこの光の流れは、この国をどう導こうとしているのでしょうか・・・。
瓦・・・同じく歴史の証人たるその素材にも、本音を一度聞いてみたいものです。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-12 18:38 | 瓦人

冬の彩り・・・

b0168041_1649734.jpg
瓦坐-・・・親戚のうずしお温泉旅館「うめ丸」(←リニューアルオープンしたばかりのニューHPは必見!!)さんから、在庫補充の要請で配達です。年末年始の繁忙期で売れ行きも好調だったようで・・・。ちなみにこちらでは‘ちんまり瓦’が大繁盛なんです☆
b0168041_16532365.jpg
いつも数kg単位で配達するのですが、すぐになくなります。今日も3kgを・・・。お洒落なラッピングで小分けされたその姿に惹かれるお客さんは多いそうですよ~。何事も演出って大事ですね♪

帰り・・・よく通る道沿いの塀で、真冬では珍しく未だ力強く艶やかに残る蔦の‘赤’に惹かれました。

-冬の彩り-  色彩を失う季節だからこそ、求めてやまない日本色
b0168041_176033.jpg
地元の名士のお宅なのですが、毎年この季節になっても残るキレイな赤が印象的です。
b0168041_1773089.jpg
まさしく数珠生りのフルーツのごとく瑞々しく・・・。
数多の事物が生気を失ったようにも感じられる冬・・・こんな小さな‘強さ’にココロ救われた月曜日です☆
b0168041_1791842.jpg
b0168041_1794371.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-11 17:15 | 瓦人

瓦人のサンデーブログ☆

今日は地元消防団の出初式・・・今年も地域の安全を祈って!!
午後からは久しぶりに同級生でプチ新年会~って言ってもみんな都合で来られず、amachan含め三人のみ(笑)
b0168041_20101459.jpg
環境も境遇も似通った団塊Jr.・・・いい事も悪い事も話は尽きません。
b0168041_20121321.jpg
とにかく「今を精一杯生き抜くしかない!!」こんなことを確認しあってオヒラキです(笑)

瓦人の夜は、やはり星空を見上げ更けていきます・・・。
想いをめぐらせる・・・そんな時間が最近増えてきたように思います。
b0168041_2016456.jpg
洲本の三熊山展望台から見晴らす空・・・印象に残る折れた松の上に輝く冬の星座たち☆
神戸からこの夜景を見に来られたカップルさんとも、自然と会話が生まれました。
こんなキレイな星空を前にしたら、初対面だろうが誰しもがロマンティックに語れるものです。
高い松の左下・・・感度を上げて二人のシルエットを浮かび上がらせてみました。
b0168041_20215037.jpg
こぼれるほどの星たちが、二人だけの時間を盛り上げていました☆
暗いニュースばかりに覆い尽くされるこの世の中・・・皆さんも空を見上げてみてください。
自然と笑みがこぼれ、目に輝きが取り戻されるはずです・・・。
それだけまだ日本は、ただただ日常としてある姿は美しいのです。
瓦人は、いつもそんな想いで星空と向き合っています・・・今までもこれからも☆
b0168041_20263416.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-10 20:28 | 瓦人

風景・・・

以前に書いた屋並み-yanami-の写真・・・新旧織り交ざる瓦屋根の情緒深さを綴りました。
b0168041_16541274.jpg
夕方、仕入れ先から戻る途中、高台からこの瓦の町の一部を見下ろせる道路からの夕景が印象的で立ち止まりました。上の写真もここから撮ったものですが、西日を反射して輝いていたのは電線だけだったのに寂しさを感じました。
b0168041_16591072.jpg
この小さな町・・・一つしかない小学校も一学年一クラスだけのアットホームな町には、ほんの数十年前までは約200軒の窯元がありました。どこもかしこも黒煙がのぼり、さぞかし活気づいていたことのように想像できます。今では約50軒・・・往時を知る人から見れば町並みも様変わりしたことでしょう。そして住む人のココロも・・・。何が正解かは誰にも分かりませんが、下の写真のように、‘旧’に勝る勢いで冴えわたる‘新’の瓦屋根が連なる讃岐にある現在進行形の町並みからは、住む人のココロの充足のようなものを感じてなりません。
b0168041_1715118.jpg
屋根をもって形作られる景観(風景)って大切ですね。それほどその町のイメージを決定づけますから・・・。

再び黒煙を・・・とは極端ですが、ただこの煙に例えられる狼煙(のろし)がどんどん立ちのぼるような活気ある町並みにはどうしたら戻るのでしょうか・・・?複合的な要素があり過ぎて、解決の糸口はなかなか見つからないものですね。
b0168041_17223344.jpg
そんなことをふと・・・ではなく、ほぼ毎日思って止まない瓦人です。
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-09 17:26 | 瓦人

瓦人の助手席珍道中☆

さ~て、まだ工場も始動していませんので、今日はトラック野郎の助手で阿波の葺き替え現場へ行ってきました~。ということで・・・瓦人の助手席珍道中をお伝えします(笑)とりあえず気持ちいいほどの天気・・・鳴門大橋をルンルンで渡る瓦人は、助手席から爽快な景色を眺めます☆
b0168041_14233245.jpg
そんな浮かれた気分にまたもや恐ろしい洗礼が!!  パキューン・・・・・・・・
b0168041_14244589.jpg
最近よく狙われるみたいです。防弾ガラスでよかった~(笑)

そんなこんなで橋を渡ってすぐ近くの鳴門の現場へと到着・・・って、そこはこのT字路を左に曲がった突き当たりにあるのですが、この前の道路が下水道の工事で、今まさにアスファルトを敷こうとしてるとこでした。
b0168041_14285026.jpg
b0168041_14431582.jpg
もうすぐで脱出できない事態に・・・。しかも現場は住宅密集地、ぜんぜん瓦置き場は無く、親方・職人さんたちみんなで一気に瓦揚げです(兄弟船で来てよかった~)
b0168041_14454032.jpg
この辺では大きな現場住宅です。まずは比較的大きな大屋根からですね。この後は時間との戦い・・・丸々一車あった瓦達がどんどんとあげられてゆき~~~勝負ありです!!さてさて脱出という頃にはもうすぐそこまで・・・(汗)
b0168041_14492188.jpg
ま、↓↓ 下でトラック野郎も決め台詞にすると思いますが、とにかく今日も一軒いぶし瓦の屋根が出来そうです。ありがとうございます~☆

そうそう、こちらの親方・・・この度タウンページのイメチェンに際し「火入れ式」を大々的に宣伝してくれてます。
b0168041_145159100.jpg
電話番号の羅列欄の左とかにある大きな宣伝枠で目立ちます☆ありがたい限りですが、やはりこれからは何かしらの付加価値を屋根工事店として発信していきたいとのことで、他社との差別化の一環だそうです。こうした工事店さんとメーカーの前向きな取り組みを、一人でも多くの人に知ってもらいたいですね。屋根屋さんも頑張ってます!!この業界、まだまだこれからです☆

※ ↓↓ それに見合うように市場も成熟してきているようです。
山平さんからメールでいただいたアンケートニュース・・・その内容にも明るい兆しが見え隠れ・・・♪
本物志向は瓦にとって追い風です。またまた頑張る意欲が湧いてきます☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-08 15:10 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  俺と兄貴のよ~♪♪

さて本日は、阿波の葺き替え現場に参上してきました。

今日は都合で朝から瓦を積み込み、現場へ向かうことになりました。

それから・・・今日は新年特別大サービスということで、事務所で引きこもっていた瓦人も連れて行ってあげることに(笑)

で、案の定助手席で写真を撮りまくる瓦人を気にしながらも現場到着です・・・
b0168041_14322283.jpg
現場はこんな感じの寄棟二階建てのお宅でした。

こちらのお宅も、スレート屋根から「いぶし瓦」への葺き替えです。ありがとうございま~す♪

さてと今日も仕事仕事!今日は屋根揚げ任務だったので、先に棟瓦を塀の中へ降ろすことに~
b0168041_14431343.jpg
トゲトゲのアロエが体に刺さって痛かったですが、患部にアロエを塗っておいたので大丈夫だと思います(笑)

ま、冗談は置いときまして、残りの地伏せ分の瓦は~
b0168041_14461043.jpg
こんな感じにドンドン揚げていくことに~。お!瓦人の下半身が丸出しですね(笑)

このあと助手の瓦人を巧みに操り、何とか無事任務が終了しました。

今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が増えましたね♪ありがとうございました。

次は下屋根の葺き替えかな?楽しみ楽しみ♪

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-01-08 15:04 | さすらいのトラック野郎