<   2010年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

工場を‘魅せる’☆

工場二階にある「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」へと続く階段を、瓦のシルエットの手すりにいざなわれてのぼると・・・
b0168041_17433631.jpg
そこは大きなガラス張りの壁・・・工場内部をまるでギャラリーのように見ることが出来ます。
b0168041_17444493.jpg
一般の人にとっては、この稼働している工場風景が、なにやら遊園地かテーマパークのように感じるようで・・・。そこで思い切ってそれを見せることによって、瓦工場らしさをリアルに体感してもらいます。
b0168041_17462460.jpg
今日も、アポなしでしたが突然20名の団体さんが見学に来られました。淡路島へと旅行に来られていた皆さんでした。当然ギャラリーは人で飽和状態に(汗)そのまま自然の成り行きで工場見学へと移動です。
b0168041_17484179.jpg
ご年配の方が多かったのですが、皆さん熱心に&興味津々に瓦の出来る工程を見学されました。観光立島‘淡路島’・・・やはり平日だろうがこうして人はたくさんいらっしゃってます。それをこうして瓦の町へと積極的にご案内する仕組みを作れば、より瓦のPRになりますよね。また一つ宿題を見つけました。まだまだこれからすべきことは多そうですね。こりゃ~寝る間もないぞ~((+_+))
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-12 17:55 | 瓦人

大人の女性に人気です☆

b0168041_18424073.jpg
「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」にて光る普遍のデザイン‘和瓦のシルエット’・・・今日は瓦コースター&箸置き作りが楽しめる‘体感坐’カウンターにある、ダイナミックな瓦の手水鉢のご紹介です。こちら・・・瓦人の手作り(子供の粘土遊びレベル(^^ゞ)ですが、40cm四方のゆとりあるカタチが皆さん洗いやすいと好評です。
b0168041_18452412.jpg
内側にはもちろん瓦のシルエットを古色風に浮かび上がらせています。一見単なるウェーブ・・・ただ、まぎれもなく和瓦のラインです。さり気なさがお洒落で人気です☆
瓦の土を大胆に塗りあげた荒壁とのマッチング・・・どちらも土だからこそゆえの絶妙の調和です。
b0168041_18484037.jpg
そんな今日の土坐では、雨の残る平日にも関わらず‘体感坐’にて瓦の魅力に触れる大人達のシーンがありました。
b0168041_185144.jpg
b0168041_18555272.jpg
カップルにご夫婦もそうですが、上品な女性たちの‘体感’が続きます。感性豊かにさらりと自由なデザインを施し「ハイ、出来ました♪」って感じです(^.^)そこには、瓦ってお洒落・・・そんな会話が生まれます。男性は住宅外観、つまり屋根などへの意識が比較的強く、その意味で瓦への理解もあります。だからこそこうして大人な女性たちの好奇心を刺激することが出来るのは嬉しいです。もちろん先入観のない子供たちにも瓦への興味を持ってもらえる空間でありたいです。とにかく・・・一人でも多くの人に瓦の感性価値を感じてもらうための空間「土坐」・・・まだまだ物語は始まったばかりです☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-11 19:05 | 瓦人

火入れ式のその後・・・

さてさて、今日は雨のなか超過密スケジュールの集金任務でした~((+_+))
もう21時前・・・腹ペコです(笑)
そんな今日、阿波の親方が先日執り行った火入れ式の物件の進捗状況を確認に連れて行ってくれました。
で・・・・・・・どーん!!なんともドでかい物件じゃないですか~!(^^)!
b0168041_20392125.jpg
この極太の地松を見て下さい!!そりゃ~文句なく200年住宅でしょう~♪
b0168041_20442683.jpg
雨の中、大工さんたちも頑張って金槌を打っていました。
このまま親方と昼飯へ・・・どうやらお任せらしい瓦仕様を相談し合いましたよ~。
「ケラバはこうする?」「棟はどうする?」・・・・・・・etc. なんとも楽しみですね~。
またその後の模様はトラック野郎がお伝えするでしょう~。乞うご期待ですね☆

こちらは午後からまた違う親方と確認に来た新築現場・・・
b0168041_2044558.jpg
こちらも見積り&図面もなしの大きな現場です。ということで、こちらもお任せコース・・・ですね~♪
で、どうしてこの状態で確認に来たかというと~?こちら・・・矢印の部分に注目です。
b0168041_20461853.jpg
そうなんです、進入口がこの田んぼの中の細い道しかないんです~((+_+))測ると幅約170cm・・・しかも端が田んぼに向かって崩れかけ!?休耕田ならまだしも、田植えを終えたばかりの水一杯の状態です~。
b0168041_20484829.jpg
その距離100メートル・・・さてトラック野郎はどんな裏技を使ってくれるのでしょうか~?その模様もまた後日のお楽しみですね~。

そんなこんなで阿波を巡りつづけ、会社に帰りついた頃には車いっぱいの集金の成果が!!
b0168041_20505648.jpg
b0168041_2051666.jpg
掘りたて超ビッグタケノコたちに、焼きたてホヤホヤの鳴門金時~♪ 雨の一日・・・でもそんな日の成果は大漁でした~☆みなさんありがとうございます。ありがたくいただきます。それにしてもありがたいお得意さんばかりです。またお返ししないと・・・m(__)m
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-10 20:56 | 瓦人

花咲く季節の土坐物語・・・

日曜日の「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」・・・観光で淡路島を訪れた人達に立ち寄っていただいてます。
b0168041_18255082.jpg
monokawaraもこうして買っていただき・・・、「坐」ブランドがヨチヨチ独り歩きしていきます♪ この袋の中身、鬼忠さん小鬼ちゃんもお嫁にいきましたよ~。
今日は早くも西宮からお越しのリピーターさんも!!知り合いの方を連れての最速リピートでした(笑)ありがとうございます~。またクチコミで来られた淡路島の人々もチラホラ・・・こりゃ~早くパンフレットや看板を作らないと。
また午後からはケータローさんたち親子も時間を作って‘体感坐’へとオリジナル瓦坐作りに・・・♪
b0168041_18324555.jpg
ホントに好奇心旺盛な子供たち・・・このあと工場にて瓦作りの全工程の説明を求められました(笑)真剣に聞くそのまっすぐな眼差しに、逆に新鮮な気持ちを取り戻せた瓦人です。お~きに~です☆また来てね~。

花咲く季節に、人の花咲く土坐・・・今日もまたそれぞれの物語がありました。
みんないい思い出になることを期待して・・・♪

昨日も仕事の仕舞いをするのが遅くなり21時に・・・、晩メシもまだでしたが、帰りにちょっと深呼吸しに近くの藤棚へと夜空を見上げに行ってきました☆もう色褪せかけた季節の彩り・・・でも、一年を通じてその時期だけにしか出会えないの‘旬’と向き合う時間って、日本人にとっては大切だと思います。ただ瓦人は夜が多いですが・・・(笑)淡路島にて変わりなく煌めき続ける星空と藤棚・・・おかげで今日も頑張れました(^.^)
b0168041_1848632.jpg
b0168041_18482298.jpg

[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-09 18:50 | 瓦人

-concept- 淡路島の空と海

b0168041_19265360.jpg
「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」のコンセプトカラーであるブルー・・・それは淡路島の空と海☆
空と海を見晴らせる窓際には、そんなキレイなブルーで仕上げた土のカウンターがあります。
b0168041_1928532.jpg
- カルチェラサータ -(blue)
髭剃り跡のように砂がポツポツと浮き出るイタリア式漆喰仕上げ。
高級感があるので、エントランスなどの場所に使用する。
模様もある程度変化をつけることが可能。

そんな洒落た仕上げのカウンターにて土の風合いを体感してみませんか?
b0168041_19304447.jpg
そこには大自然の恩恵である癒しの‘青’があります。
精神をリラックスさせる青・・・限りのない土色の魅力に包まれるひと時。
夕陽を見つめながらの語らい・・・今日もそんな‘青’でくつろぐお二人がいらっしゃいました♪
b0168041_19342238.jpg
「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」・・・いい空間を提供出来ていることが嬉しいです☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-08 19:36 | 瓦人

土色模様・・・

土坐にある星空 → 「as usual -日本色-

「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」で魅せる土の魅力紹介が続きます。
b0168041_19542053.jpg
今回はこのキレイな土色が交互に織りなすパネルですが・・・一体何でしょう?
ポップな印象を与えながらも、でも本質が土であるだけに滲み出る迫力・・・その正体は木と土の衝立です♪
b0168041_19563051.jpg
こちらも瓦人がデザインして、久住さんに無理言って土の仕上げ見本パネルを用意してもらいました。とことん土で囲まれる空間は、とりあえず衝立も土で仕上げます。
b0168041_19595911.jpg
なかなかお洒落な存在ですよ~♪土の魅力って素晴らしいですね。瓦の根源である‘土’・・・その感性に響く価値を伝えるためのアイデアは、まだまだ溢れてとどまるところを知りません。これからももっと想像をカタチにしていきたいと思います。遊び心・・・忘れないうちに♪
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-07 20:04 | 瓦人

普遍のデザイン・・・和瓦のシルエット☆

「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」にて光る普遍のデザイン‘和瓦のシルエット’はここにも・・・。
b0168041_18535753.jpg
以前紹介したカウンター用のスツールは、結局来られる人の反響№1です☆でもでも、この日本人にとっての普遍の価値・・・これ以上も以下もない究極デザインの和瓦シルエットは、まだまだギャラリー内にはあります。瓦モザイクタイルをレイアウトした土間にて、こちらもキラリと光る存在です。
b0168041_18583582.jpg
‘体感坐’・・・オリジナル瓦坐作りの作業カウンター用にと低く作ったこちらは、同じく脚も和瓦ラインをクロスさせたお洒落なデザインです☆
b0168041_191015.jpg
なんか・・・みんな並んでダンスステップを踏んでいるように見えませんか?(笑)もしくはムーンウォークの‘キメ’って感じのポージング・・・。キュートななかにもモダンなデザインがウケてます♪
b0168041_1932860.jpg
瓦の感性価値創造空間である「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」では、こういうディテールにも注目してくださいね。瓦をきっとお洒落と感じるはず・・・。和瓦の屋根をお洒落と感じてもらうための工夫には、こんな遊び心も必要ですね。こちらも「売ってくれません?or 作ってくれません?」の連発です(笑)また落ち着いて余裕が出たら考えますね~。

とにかく・・・お越しください。瓦にこだわった遊び心満点でお待ちしていま~す☆
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-06 19:10 | 瓦人

灯し火をいつまでも・・・

今日の「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」にも輝く瞳たちがありました☆
b0168041_16541895.jpg
子供たちはやはり好奇心旺盛にmonoと向かいます。こんな姿勢を忘れないでいたい・・・と、いつもこの輝く瞳を見ては思い出します。ぜひぜひ大人たちもスマートにクールにmy瓦坐を創りに来てくださいね~。そのまま自然とそんな瞳を取り戻せている自分に気付くはずです☆
b0168041_1704514.jpg
ギャラリーのシンボルドームであるこの「土坐 ~a-ha-chi egg~」の内部に並べてある雪洞瓦-bonborigawara-も、一つまた一つと減っていきます(笑)今日もいくつかお嫁に・・・その先でまた、瓦から洩れる灯し火が人と人の会話を作り出していることでしょう~。
b0168041_1744588.jpg
その灯し火をいつまでも・・・瓦が照らす未来はまだまだ消えることなく(^◇^)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-05 17:07 | 瓦人

たくさんの思い出づくり・・・

「GALLERY 土坐 -tsuchiza-」・・・今日もたくさんの思い出づくりに貢献できました。
b0168041_1901214.jpg
b0168041_1902333.jpg
b0168041_1903194.jpg
b0168041_1904175.jpg
大人のかたに本気を出されると、こんなアートな作品も誕生します☆
b0168041_1913364.jpg
結局、昼ご飯を食べるタイミングも失い・・・サービス業って大変ですね(笑)今日は若い人にたくさんお越しいただきました。またブログをご覧下さっている方もけっこういらっしゃいました。そして、皆さんに瓦への興味を十分に抱いていただき帰っていただきました。GWで本業は休み・・・でも、仕事には関係なくともこうしてお越しいただく多くの人々に、瓦の素晴らしさを思いっきり語れる場面の連続で、何気に瞳が輝いている瓦人です(笑)喉はかれても、想いはかれず・・・。土坐・・・いい土俵が出来ました☆また明日も頑張りま~す(^◇^)
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-04 19:11 | 瓦人

さすらいのトラック野郎  GW放浪記!!

世間はGW真っ只中ですが、僕は瓦屋根のために今日も仕事してきましたよ!

で、そんな本日は、讃岐の葺き替え現場への旅でした。

現場の方はというと~
b0168041_14311145.jpg
こんな感じの、中二階の立派なお宅でした。

実はこのお宅、以前に裏の離れの屋根を葺き替えた時にも一度訪れたことがあったのです!

その時の離れの屋根も、綺麗に完成していましたよ!ではご覧下さい・・・
b0168041_14352962.jpg
綺麗になってるでしょ♪

たぶん施主さんも、この綺麗になった屋根を見て母屋の葺き替えを決心したのだと思います。

さてと、今日も仕事仕事!今回は屋根揚げ任務だったので~
b0168041_1439624.jpg
こんな感じにジャンジャン屋根へ瓦を上げていきました。    (いつも良く似た写真ばかりですみません・・・笑)

ま、このあと順調に作業は進み~
b0168041_1441461.jpg
一気に試合終了です。今回は屋根形状の都合で下屋根から瓦を葺くそうです。

親方、夏のような暑さですが頑張って葺いて下さいね!

さぁ今日もこれで一軒、いぶし瓦の屋根が出来そうです♪ありがとうございました。

あ、それから・・・この現場の上屋根の破風部分には~
b0168041_1447048.jpg
この「中付き袖」が使われます♪どんな仕上がりになるのか?完成が楽しみですね☆

つづく・・・
[PR]
by miraikoubou-gajin | 2010-05-03 14:52 | さすらいのトラック野郎